【イケブクログ】アニメイト30周年記念オープニングセレモニーが池袋本店で開催

2016.07.01 <PASH! PLUS>

ツキクラメンバー11名をゲストに迎えアニメイト30周年企画がスタート

(左前から)荒 一陽、市川太一、井上雄貴、大島尚起、大海将一郎。(左後から)小松準弥、徳武竜也、西野太盛、筆村栄心、古畑恵介、松岡一平

 今日、2016年7月1日(金)から始まったイケブクログ。アニメやキャラクターいっぱいの街・池袋から、グッズやイベント、ちょっとした情報など気になるニュースをお届けします。

 記念すべき第1回目は、アニメイト30周年記念オープニングセレモニーのレポートです。

 アニメ・コミック・ゲーム・キャラクターグッズの専門店「アニメイト」を展開する株式会社アニメイトは、2016年7月に設立30期を迎えました。

 そこで7月からアニメイト30周年プロジェクトを本格始動するにあたり、オープニングセレモニーを7月1日に開催。

 ゲストにツキクラのメンバー11名を迎え、トークやくす玉割りのセレモニーなどで楽しい時間を過ごしました。

 ツキクラメンバーのトークテーマは「自分にとってのアニメイトとは?」。果たして11人はなんと答えたのか?

荒 一陽
 僕は普段、コスプレ衣装などを見に行ったりするんですけど、衣装を見ながら心のなかでニヤニヤしてしまう、そんなところです(笑)。

市川太一
 2.5次元のもうひとつの形だと思います。

井上雄貴
 夢と目標が詰まった宝箱です。

大島尚起
 毎日、誰でも通える学校のようなところです。

大海将一郎
 初めてアニメのDVDを購入した思い出の場所です。

小松準弥
 素敵な出会いの場です。

徳武竜也
 いろんな作品を扱っているので、世界が入り乱れる場所です。

西野太盛
 新しい刺激をたくさんもらえる場所です。

筆村栄心
 青春の1ページでございます。

古畑恵介
 僕が声優を志すきっかけを与えてくれた、人生を変えてくれた場所です。

松岡一平
 夢と思い出のたくさん詰まった場所です。

 そのあとのくす玉割りのセレモニーは、みんなで紐を持ち写真撮影用にポーズしている間にくす玉が割れるというハプニングがありながらも、楽しく印象的なものとなりました。

animeto20160701_01

 30周年でイベント満載なアニメイトとツキクラメンバーたちの活躍を、これからもお見逃しなく!