anime

アニメ『呪術廻戦』釘崎の生きざまと「悪くなかった!」の一言に視聴者も涙。第43話は回想のかわいい野薔薇ちゃんにも注目

2023.12.01 <PASH! PLUS>


PASH! PLUS

 TVアニメ『呪術廻戦』第43話(第2期第19話)「理非-弐-」が11月30日23:56より放送。アニメ公式Twitterでは場面カットや次回予告動画が公開されています。

juju-(1)

※本記事はアニメ『呪術廻戦』第43話(第2期第19話)「理非-弐-」のネタバレ要素を含みます。

【PICK UP!】アニメ『呪術廻戦』関連記事

 ナナミンこと七海建人の最期に阿鼻叫喚となった第42話に続く今回の幕開けは、釘崎野薔薇が救護される新田明と別れるシーンから。悠仁達が戦っている中で自分だけ逃げることを良しせず、再突入する姿に“野薔薇ちゃん…”、“アニオリの「あいつらが戦ってるのに一人だけ帰るなんて私にはできない」って野薔薇ちゃんの台詞があまりにも解釈一致すぎて….”と心配と称賛の声が上がります。

 OPが終わると、虎杖悠仁と釘崎がそれぞれ真人と戦闘。分身ながら変幻自在の真人が釘崎を翻弄しますが、釘崎も“簪(かんざし)”で抵抗。“共鳴り(ともなり)”でダメージを与えると本体にもダメージが! 思わぬ戦況の好転に虎杖も奮い立ちます。

 しかし、真人は分身と合流してまんまと釘崎に接触。“あ……うわ…触られた”、“野薔薇ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙”とSNSが阿鼻叫喚となる中、釘崎の回想が始まります。

 描かれるのは2009年、彼女と仲が良かった女の子・ふみの視点を通した、釘崎が小学1年の時のエピソード。当時からわんぱくな彼女は、いじめられていた彼女と友達に。その中で、彼女が住んでいた田舎が嫌いだった理由が明らかになっていきます。

 村にやって来た女性・沙織ちゃんのことを慕い、品のようなものも身についていった釘崎ですが、村の住民たちから嫌がらせを受けたことで彼女が村から出て行ってしまうことに。その後、釘崎は高校生になって上京することになり、ふみに「次会うときは3人で」と告げて別れていきます。

 そして釘崎に視点が戻ると、虎杖に「悪くなかった!」と力強い一言を残し、頭部を大きく損傷。

 “もう涙止まらない”、“もうホントに辛すぎるって”、“「悪くなかった」!!が釘﨑の強い芯感じて…すごい良かったな…”、“「悪くなかった」ってハッキリした声で言うのがほんとに野薔薇ぽくて、それの方がつらい、、、最後の「釘崎、」って消え入りそうな声うますぎる”と、釘﨑への賞賛と悲鳴が入り混じる、大反響のラストとなりました。

 次回予告は第43話の主役ともいえる釘崎が東京に上京した時のエピソードを語る内容。釘崎の回想を見た後だといろいろと考えさせられる内容に注目です。

TVアニメ『呪術廻戦』作品概要

【放送時期】
7月6日より毎週木曜23:56~MBS/TBS系列全国28局にて放送開始
【第2期 放送スケジュール】
“懐玉・玉折”:7月6日~8月3日
閑話(前・後編):8月10日、8月17日
“渋谷事変”:8月31日~
【スタッフ】 原作:『呪術廻戦』芥見下々(集英社 週刊少年ジャンプ連載)
監督:御所園翔太
シリーズ構成・脚本:瀬古浩司
キャラクターデザイン:平松禎史・小磯沙矢香
副監督:愛敬亮太
美術監督:東潤一
色彩設計:松島英子
CGIプロデューサー:淡輪雄介
3DCGディレクター:石川大輔(モンスターズエッグ)
撮影監督:伊藤哲平
編集:柳圭介
音楽:照井順政
音響監督:えびなやすのり
音響制作:dugout
制作:MAPPA
「懐玉・玉折」オープニングテーマ:キタニタツヤ「青のすみか」(Sony Music Labels)
「懐玉・玉折」エンディングテーマ:崎山蒼志「燈」(Sony Music Labels)
「渋谷事変」オープニングテーマ:King Gnu「SPECIALZ」(Sony Music Labels)
「渋谷事変」エンディングテーマ:羊文学「more than words」(F.C.L.S./Sony Music Labels)
【キャスト】
虎杖悠仁:榎木淳弥
伏黒恵:内田雄馬
釘崎野薔薇:瀬戸麻沙美
五条悟:中村悠一
真人:島﨑信長
夏油傑:櫻井孝宏
両面宿儺:諏訪部順一
五条悟:中村悠一
家入硝子:遠藤綾
天内理子:永瀬アンナ
伏黒甚爾:子安武人

※画像は公開済みの場面カット。
アニメ『呪術廻戦』公式サイト
アニメ『呪術廻戦』公式Twitter
(C)芥見下々:集英社・呪術廻戦製作委員会

オススメ
あわせて読みたい