anime

映画『銀魂 THE FINAL』に原作者・空知英秋が声優参戦!“厳戒態勢”で行われた収録の様子を動画公開

2021.01.12 <PASH! PLUS>

 現在公開中の映画『銀魂 THE FINAL』に、原作者・空知英秋が声優として出演していることが明らかとなった。

20210112_gintama_003

 シリーズ累計発行部数5500万部を超える「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)の超人気コミック『銀魂』(原作:空知英秋)。抱腹絶倒のギャグと壮絶アクション、そして厚い人情をも詰め込んだ、この天下無敵の痛快エンターテイメント作品は世界中のファンに愛され続けてきた。そして15年間続いてきた大人気シリーズ、アニメ「銀魂」が“今度こそ本当に”(!?)終わることが発表され、映画『銀魂 THE FINAL』として公開中だ。

 重厚なドラマと壮絶なアクション、そしてもちろん抱腹絶倒なギャグまで、笑いも涙も“限界突破”な本作は、公開から早くも大反響。SNSでは感動と爆笑の声が続々と上がっている。

 そんな本作に、なんと原作者・空知英秋が声優として出演していることが明らかに。あわせて、空知のアフレコに密着したスペシャル動画も解禁となった。

20210112_gintama_001 20210112_gintama_002

 動画では、現場に同行していたエリザベスも思わず「厳戒態勢」の札を掲げるなど、緊張感に包まれたスタジオでの空知のアフレコの様子が収められている。「銀魂」生みの親・空知の“参戦”に、関係者一同も感動を隠せない様子で、本作プロデューサーの前川貴史は「作品の完成度を一気に上げるパワーを感じた」、監修の藤田陽一は「正直格が違った」、本作企画の樋口弘光は「オーラがあって、本当に忘れられない一日になった」とそれぞれコメントしている。

 そしてついにアフレコブースに足を踏み入れた空知が、声優として命を吹き込んだキャラクターとセリフとは? 気になる真相はスペシャル動画でチェックしていただきたい。そしてぜひ映画本編でも、“ゴリラ”原作者最後の魂の叫び、声優・空知英秋の活躍を、ぜひ見届けてほしい。

作品概要

■映画『銀魂 THE FINAL』
原作:空知英秋(集英社ジャンプコミックス刊)
監督/脚本:宮脇千鶴 監修:藤田陽一 声の出演:杉田智和、阪口大助、釘宮理恵 ほか
アニメーション制作:BN Pictures
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト:gintamamovie.jp
公式Twitter:@gintamamovie 

©空知英秋/劇場版銀魂製作委員会

タグ