Trignal(江口拓也さん・木村良平さん・代永翼さん)が5周年の集大成を魅せたツアー“Jack in The BOX”

2018.08.27 <PASH! PLUS>

 4月14日の大阪公演を皮切りにスタートしたTrignal(江口拓也さん・木村良平さん・代永翼さん)のライブツアーKiramune Presents Trignal Live Tour 2018 “Jack in The BOX”。ここでは、最終公演となる6月3日千葉公演(幕張メッセイベントホール)の模様をお届けします。

201808027_trignal_007

 ライブ開始時間になると、ステージ中央に設置された箱の中からTrignalの3人が登場!「ツアーファイナル全力で行くぞー!」と木村さんの掛け声とともに「原点回帰Ready Set Go!」でライブはスタート。黄色、赤、青、のメンバーカラーで彩られたカラフルなジャケットを身にまといオープニングから元気いっぱいに会場を盛り上げます。

 夏にぴったりな「PANORAMA SODA」では代永さんがカメラに首筋を見せつけると会場からは大歓声があがりました! つづく「Win-possible!」ではダンサーが登場し、木村さん、江口さんが背合わせになったり、ダンサーと可愛らしいダンスを披露。「KICKSTART×TRIGGER」では客席に近い通路を歩き会場は大歓声に包まれます。

201808027_trignal_002

 ツアーファイナルにむけてそれぞれ意気込みを会場に投げかけると、熱気そのままに「Update A Day」へ。「こっちこいよ」と手招きするセクシーな振り付けや江口さんのラップで会場を魅了すると、続いて「Love holic」を歌唱。ミラーボールがステージに登場し、手で“L”を作る振り付けでダンスホールにいるかのような雰囲気たっぷりの演出に。

 ダンサーアクトを挟み、薄暗い照明の中、白いシャツに黒いパンツで現れたのは木村さん。ソロ曲「Siren Fairlady」を華麗なダンスとともに披露します。投げキスのようなふりつけや、腰をふるセクシーすぎる木村さんのダンスに客席からは大きな歓声とどよめきが起きていました!

201808027_trignal_004

 江口さん、代永さんが合流すると胸元に花を付けた白いジャケットの衣装で「HAPPY WEDDING SONG」、「色づく季節」を立て続けに歌唱。つづいては江口さんのソロ曲「Catch a Break」へ。

 ステージ中央花道に真っ黒の衣装で登場した江口さんは「俺の純愛ソング聞いてくれ!」と会場を盛り上げ、江口さんの「いくよ~」とともに会場からもコールが起こります。歌うたびに笑い声と歓声が交じる江口ワールド全開のステージに。

201808027_trignal_006

 木村さん代永さんが合流すると、「Fighter」「天使と悪魔」を立て続けに披露。「天使と悪魔」では火柱があがる演出があったり、何が飛び出すかわからない、まさに“Jack in The BOX”な演出に会場は大盛り上がり!

 MCコーナーは話題は木村さん、江口さんのソロ曲についてに。江口さんはこのライブを通して「Catch a Break」を育ててもらったと語り、木村さんはこの幕張公演の為に、ダンスをパワーアップさせたという裏話を披露していました。

 MCのあとは代永さんのソロ曲「結び糸」からスタート。和ロック調のイントロが流れるとピンクのジャケット姿でダンサーとともに艶やかな代永さんが登場! 両手の小指に赤い糸を蝶々結びにした代永さんは、スタンドマイクの前で小指をクロスさせ楽曲の世界を鮮やかに浮かびあがらせます。

201808027_trignal_005

 江口さん、木村さんが合流すると「ローリンローリン」「My pace, My road」をトロッコで会場を回りながら披露。会場が大きくなっても彼らが近くにいるような演出で、常にファンとの絆が伝わってくる空間に。

 また、「無責任×アンリミテッド」では歌詞がスクリーンに登場し、ダンスとリンクさせた演出となっていました。また、お尻を突き出すポーズをするたびに「かわいい!」と歓声があがり、「乾杯!」コールも会場と息ぴったり! 「もっともっと盛り上がりましょー!」と代永さんのコールからはじまった「1% -ワンパーセント-」のあとは2回目のMCコーナーへ。

 代永さんはソロ曲を作詞したときに、どういう結末にするか悩んだという話を披露。また、昨夜に今後なにをしたいかなど未来について語ったというみなさんですが、未来について語れることや、5周年を迎えられたことへの感謝の気持ちをファンに伝えていました。

201808027_trignal_003

 会場が温かい空気に包まれたまま「優しい声」「U~君がいてくれたから~」をしっとりとさわやかに立て続けに歌い上げます。また、ライブを通してこの曲が好きになったという江口さんの紹介で始まった「Live the Love Story」で本編は締めくくられました。

 アンコールパートでは、スクリーンに会場の2階席が映し出され、ライブTシャツに着替えたTrignalが登場! 客席から登場という演出に会場から歓声があがります。「転生純愛ファイター」をトロッコでに乗り2階席を一周しながらコールアンドレスポンスをしたり、会場との一体感をさらに高めていきます。

 正面のステージへ到着すると、告知コーナーへ。ここで12月にTrignalCDデビュー5周年を記念する、Trignal 5th Anniversary Live “SMILE PARTY”が神戸・ワールド記念ホールで開催されることが発表に。

 5周年の思い出を語り、その流れから幕張メッセで初めてTrignalが歌唱した思い出の曲ということで「PARTY☆ビート」を披露。つづく自己紹介ソング「We are Trignal!!!」ではそれぞれポーズをとり3人が楽しんでいる姿がさらに会場を楽しませます。

 会場に感謝の気持ちと、名残惜しい気持ちをぶつけながらラストは「ALL FOR ONE!!!」で締めくくります。肩を組みながら歌う3人の姿に会場からは拍手が響き渡っていました。

「これからもよろしくお願いします!ありがとうございました!」と手を取り合って一礼するメンバーに向けて、惜しみない拍手喝采が響き渡り、2ヶ月走り抜けたTrignalのライブツアーは終幕。

 しかし、ここで思わぬサプライズが! 終演後の鳴り止まないアンコールに応え、想定外のダブルアンコールへ。Trignalが再び登場すると、はじけるような歓声が出迎えます。歓声に驚きと喜びの表情を浮かべながらも「このパワーで5周年を神戸で迎えましょう!  Trignalについてきてください!」と改めて感謝の気持ちを伝えると、客席からの「ありがとうー」の声援とともに拍手がいつまでも会場中に響き渡りました。

201808027_trignal_001

 2年ぶりの開催となったTrignalのライブツアーはメンバー、スタッフ、ファンの熱い気持ちが存分に詰まったライブとなっていました。これからのTrignalのチャレンジやステージが楽しみですね!

Kiramune Presents Trignal Live Tour 2018 “Jack in The BOX”セットリスト
(6月3日 千葉公演 幕張メッセイベントホール)

M01:原点回帰Ready Set Go!
M02:PANORAMA SODA
M03:Win-possible!
M04:KICKSTART×TRIGGER
M05:Update A Day
M06:Love holic
M07:Siren Fairlady(木村良平)
M08:HAPPY WEDDING SONG
M09:色づく季節
M10:Catch a Break(江口拓也)
M11:Fighter
M12:天使と悪魔
M13:結び糸(代永翼)
M14:ローリンローリン
M15:My pace, My road
M16:無責任×アンリミテッド 
M17:1% -ワンパーセント-
M18:優しい声
M19:U~君がいてくれたから~
M20:Live the Love Story

EN01:転生純愛ファイター
EN02:PARTY☆ビート
EN03:We are Trignal!!!
EN04:ALL FOR ONE!!!

公式サイト:http://kiramune.jp/live/Trignal2018/index.html

©Kiramune Project