『パレットパレード』キャラクター紹介第9回:モネ【毎週連載】

2017.12.15 <PASH! PLUS>

今週はお調子者な愛されリーダー・モネをフィーチャー!

 2018年夏、世界中の芸術家たちが一堂に会する育成ゲーム、『パレットパレード』が配信開始予定! 誰もが聞いたことのある偉人たちが、個性豊かなイケメン男子になっているということで、今からその全貌が気になる方も多いのではないでしょうか。

palette_ma

 これまで何作ものゲームアプリやソーシャルゲームの開発・運営を行ってきた”シリコンスタジオ”が、初めて女性向けジャンルに携わることでも期待を寄せられる本作。

 このたびPASH!PLUSでは、そんな『パレパレ』ワールドに密着! 本作に登場する28人の芸術家男子を、毎週ひとりずつじっくりご紹介していきます♪ ゲーム配信スタートまで、ぜひこの連載で推しメンを見つけてみてくださいね!

 『パレパレ』連載第9回目にご紹介するのは、印象派を引っ張る楽観主義者・モネくんです。

【連載まとめ】28人の芸術家一覧はこちら(過去連載記事のリンクあり)!

『4コマcomicパレットパレード』連載ページはこちら

palette

『パレットパレード』って?

 物語の舞台となるのは“パレット美術館”。とある街で仕事を探していたプレイヤーのあなたは、受付係を募集するこの美術館に足を踏み入れます。しかしこのパレット美術館、外観だけは立派なものの、館内にはお客さんの姿がまったくない、超ガラガラの施設だったのです!

 ひょんなことからこの美術館の“館長代理”を任されてしまったあなたは、状況を打開すべく芸術家たちとともに、芸術祭“パレットパレード”を構想することに……!?

・第1弾PV

仲良し4人組を率いるアクティブな意欲家

「オレたちの時代を作ってやるんだ!……なんてね」

palette_001

名前:モネ
本名:Claude Monet
主義・派閥名:印象派
CV:羽多野 渉
身長:170cm
誕生日:11月14日
好き:庭園、希望
嫌い:怖い話、悲観的な人
趣味:ガーデニング

 明るい笑顔と印象的な赤い髪、ピンクが効いたパーカーから、活発な人柄が伝わってきます。ネイビーのジャケットはルノワールくん、シスレーくん、バジールくんたち仲良し印象派組とお揃い♪

 お揃いアイテムからもわかるように仲良し印象派組で行動することが多いモネくん。絵を描くにしても遊ぶにしても、よく3人と連れ立っているようです。そのなかでも、モネくんはグループのリーダーとして、みんなをグイグイ引っ張っていく存在です。

 その一方で、楽観主義なあまり調子のいいことを言ってしまって、結果的には失敗したり空回ったりしてしまうこともしばしば…。こうした部分は、少しゴッホくんに近いところがある気がします。ただそれは、あくまでみんなを喜ばせたいという一心から起こるもの。それにモネくんは、そんな自分の欠点も隠そうとはしません。ダメな自分もさらけ出して、いつでも素直で自然体。だからこそ憎みきれない、みんなに愛される人物なんです。特に昔馴染みのルノワールくんたちは、そんな彼の人柄も理解した上で寄り添ってくれる大切な存在と言えるでしょう。

 また「オレたちの時代を作ってやるんだ!」という言葉から見えるように、絵画、とりわけ印象派への想いは人一倍強く持っています。決して単なる“チャラ男”や“パリピ”ではないようですよ! ちなみにサインがとってもかわいいので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

■憧れはカッコいい“オトナのオトコ”?

 同じ印象派の先輩・マネくんは、モネくんにとってカリスマ的存在。また人目も気にせず作品作りに熱中する北斎くんは、芸術家として刺激を受けることが多いそう。このふたりには大人な余裕や、誰に何を言われようと自分のやりたいことをする男気という部分で、似た雰囲気を感じます。もしかするとモネくんにとって、ふたりは理想の男性像なのかもしれません。

palette_002

▲マネくん

palette_005

▲北斎くん

■趣味友・ミレーくん

 庭園が好きでガーデニングが趣味のモネくんは、農業が好きで園芸が趣味のミレーくんと通じるものがあるみたい。美術館のお庭もふたりが手入れしているんです。華やかなものは少し苦手というミレーくんですが、モネくんとは打ち解けている様子。またモネくんは、画家としてもミレーくんのことを尊敬しているそうですよ。

palette_003

実際のモネってどんな人?

印象派誕生の流れを作った存在

 印象派でも代表的な画家であるモネは、10代の頃よりその頭角を現していたと言います。18歳で風景画家・ブーダンに出会ったことをきっかけに、当時の主流である室内製作とは反対の、戸外での制作に取り組むようになりました。こうした戸外制作は印象派を代表する手法です。その後本格的に絵画を学ぶようになったモネは徴兵期を挟み、シャルル・グレールの画塾に入塾。ここでルノワール、シスレー、バジールらに出会いました。なお同画塾を去る際も、この4人は一緒だったようです。

 1865年には初めてサロンに入選。その後は入選と落選を繰り返していきます。そうして1874年、モネは仲間たちとともに、サロンとは独立した展覧会を開きました。この展覧会に対するある批評が彼らを“印象派”と指したことから、モネたちは“印象派”として位置付けられるようになります。またこの展覧会は、のちに“第1回印象派展”と呼ばれる歴史的な出来事となりました。

 自然のなかで感じるままに作品を表現することに魅せられ、追求したモネ。その代表作には初期の『草上の昼食』や晩年の『睡蓮』などが挙げられます。また彼はマネのほか、クールベやミレーなど他派の影響も受けていたそうです。

palette_004

▲モネくんが描いた絵

 リーダーシップを持っているモネくんが力を貸してくれれば、「パレパレ」成功にきっと大きく近づくはず! また彼がこれから印象派時代を築くためにどんな行動を起こしていくのか、その活躍を見守り、応援していきましょう!!

【ライターの気になるひと言】
 お揃いジャケットは、やっぱりモネくんの提案でしょうか? 印象派4人組の日常を見るのが今から楽しみです♪

★次回の芸術家男子は、“控えめしなやかお坊ちゃん”シスレーくんです! どうぞお楽しみに♪

DATA
■『パレットパレード』
公式サイト:http://paletteparade.siliconstudio.co.jp
公式Twitter:@Palette_Parade
ジャンル:育成ゲーム
メーカー:シリコンスタジオ
価格:無料(アプリ内課金あり)
配信開始予定:2018年夏

CAST:
ゴッホ=内田雄馬
クールベ=逢坂良太
ダ・ヴィンチ=井口祐一
ルノワール=柿原徹也
レンブラント=花江夏樹
ミケランジェロ=KENN
葛飾北斎=前野智昭
ゴーギャン=斉藤壮馬
モネ=羽多野 渉
シスレー=ランズベリー・アーサー
バジール=増田俊樹
ラファエロ=浪川大輔
ミレー=赤羽根健治
ルーベンス=深町寿成
ドラクロワ=中島ヨシキ
エル・グレコ=梅原裕一郎
ムンク=山下大輝
ミュシャ=梶 裕貴
ヴァトー=岡本信彦
ジョット=武内駿輔
アングル=豊永利行
ヤン=代永 翼
フーベルト=阿部 敦
ベラスケス=小野友樹
ヴァン・ダイク=鈴木裕斗
マネ=新垣樽助
黒田清輝=平川大輔
歌川広重=白井悠介
館長=津田健次郎

©Silicon Studio Corp., all rights reserved.