『新サクラ大戦(仮題)』プロジェクトの始動が決定

2018.04.16 <PASH! PLUS>

太正二十九年の帝都・東京を舞台にした完全新作!

 『新サクラ大戦(仮題)』プロジェクトの始動が4月14・15日に開催された“セガフェス2018”にて発表になった。

sakuraTaisen_001

 『サクラ大戦』は、蒸気技術が発達した架空の“太正時代”を舞台に繰り広げられる、スチームパンク作品。1996年9月にセガサターン用ソフトウェアとして発売された第1作では、帝都・東京の平和を守るべく結成された秘密組織“帝国華撃団”の活躍が描かれ、平時は大帝国劇場のスタァとして舞台に立つ“歌劇団”、 有事には霊力を武器にして戦う“華撃団”として活躍する物語が描かれた。

 今回、プロジェクト始動が告げられた『新サクラ大戦(仮題)』は、太正二十九年の帝都・東京を舞台にしたまったく新しい物語を描く、『サクラ大戦』シリーズの完全新作。本作は日本・アジア地域での同時発売を目指し、開発が進められている。

 なお、本プロジェクトの全貌は、後日開催される発表会で明らかになるとのこと。また、プロジェクトや発表会の詳細は、今後ポータルサイト“サクラ大戦.com”などで告知される。

DATA
■新サクラ大戦(仮題)

ポータルサイト:http://sakura-taisen.com/
公式Twitter:@Sakura_Taisen

対応機種:未定
発売日:未定
価格:未定
ジャンル:未定
プレイ人数:未定
発売・販売:株式会社セガゲームス
CERO表記:審査予定

©SEGA