『銀魂』もサプライズで! 『MBSアニメフェス2015』イベントレポート

2015.10.13 <PASH! PLUS>

まさかの他局アニメ『銀魂』が参戦!

ⒸSUNRISE/PROJECT GEASS Character Design Ⓒ2006-2008 CLAMP・ST Ⓒ創通・サンライズ Ⓒ枢やな/スクウェアエニックス・女王の番犬・MBS Ⓒ成田良悟/アスキー・メディアワークス/池袋ダラーズ・MBS Ⓒ古舘春一/集英社・「ハイキュー!!セカンドシーズン」製作委員会・MBS Ⓒ空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス

 2015年10月10日に開催された『MBSアニメフェス2015』のイベントレポートが到着! イベントの熱気をお伝えしよう!

『MBSアニメフェス』がファンの熱い要望に応え、今年も大阪城ホールに戻ってきた。2015年10月10日(土)大阪城ホールにて、3日間のMBS音楽イベント『音祭』の2日目として開催され、これまでにMBSで放送された人気アニメの夢の競宴に、1万人が酔いしれた。このイベントは同時に、ライブビューイングが全国約120ヵ所の映画館で実施され、約1万5千人が参加した。

 まずは、イベントスタートのカウントダウンとともにFLOWが登場。『COLORS』を熱唱しオープニングを飾ると、会場の熱気は一気に高まった。

『コードギアス 反逆のルルーシュ』パートでは、福山潤(ルルーシュ・ランペルージ役)と櫻井孝宏(枢木スザク役)が名シーンを再現した生アフレコを披露。映像とリンクした演出が繰り広げられた。

  

 その後、ALI PROJECTがシークレットアーティストとして登場。『勇侠青春謳』と『わが臈たし悪の華』のメドレーを歌唱し、ダンサーたちが妖艶な舞いを見せた。

『黒執事』パートでは、小野大輔(セバスチャン・ミカエリス役)のモノローグからスタート。サプライズで坂本真綾(シエル・ファントムハイヴ役)が登場した瞬間、会場は大きな歓声に包まれた。MBSアニメフェスオリジナルのシナリオでは、『黒執事』ならではユニークな演出が盛り込まれた一方、名シーン生アフレコでは作品のクールな魅力を描き出した。

  

 また、このステージで劇場版製作決定が発表、サプライズではシドが『モノクロのキス』と『ENAMEL』のメドレーを披露した。

『デュラララ!!』パートは豊永利行(竜ヶ峰帝人役)のモノローグから、OKAMOTO’Sのライブで始まった。

 

 豊永に加え、宮野真守(紀田正臣役)、小野大輔(平和島静雄役)が生アフレコを披露、さらに小野の叫び声に応えるように神谷浩史(折原臨也役)が2年連続サプライズで登場し、会場は大いに沸いた。池袋の街を舞台に繰り広げられる群像劇を描き出したステージの後には、豊永利行がOKAMOTO’Sと一緒に主題歌を披露した。

 3-6_雎頑ーク_OKAMOTAOS_RMC_3793_R

 去年に引き続き、『ハイキュー!!』には村瀬歩(日向翔陽役)と石川界人(影山飛雄役)が登場。臨場感あふれる生アフレコに加え、最後はマイクを使用せずに会場に呼びかけるなど、2人の熱い演技でアニメの感動のシーンが蘇った。

4_RMC_3828_R 4-2石川界人_M0R_8961_R 

 生アフレコの後には、こちらも去年に続いての出演となるSPYAIRがサプライズで登場。主題歌『アイム・ア・ビリーバー』『イマジネーション』で観客を興奮の渦に巻き込んだ。

 そして『機動戦士ガンダム00』。宮野真守(刹那・F・セイエイ役)、神谷浩史(ティエリア・アーデ役)が重厚な『機動戦士ガンダム00』の世界観を生アフレコで再現。サプライズで登場した吉野裕行(アレルヤ・ハプティズム役)は1人2役の高難度の生アフレコを熱演した。そして最後に三木眞一郞(ロックオン・ストラトス役)も名台詞とともにサプライズ登場。ガンダムマイスターが4人全員揃う華やかなラストとなった。

    5-3_吉野裕行_M0R_9118_R 

『機動戦士ガンダム00』感動の熱演後…、エンドロールが流れ、これでアニメフェスが終了するかと思いきや、再びルーレットが回り始め、登場したタイトルはなんと『銀魂』。テレビ東京から緊急参戦した杉田智和(坂田銀時役)、阪口大助(志村新八役)、釘宮理恵(神楽役)は名シーンのアフレコに加え、『銀魂』らしいギャグを織り交ぜたステージを展開し、会場は驚きと感動に包まれた。

   

 すべてのアニメパートの終了後には、出演したキャストが勢揃いし、全員から観客に挨拶があり、最後はキャスト、観客も一体となって全員で、『MBSアニメフェス』とコール。キャノン砲から放たれた銀テープが会場を舞う中、アニメの祭典は幕を閉じた。

タグ