「もっと久保ミツロウさんにリンク!!!」~『ユーリ!!!』Q&Aコーナー番外編~

2016.11.23 <PASH! PLUS>

PASH!12月号未掲載の気になる質問をご紹介♪

©はせつ町民会/ユーリ!!! on ICE製作委員会

 『ユーリ!!! on ICE』を総力特集したPASH!12月号「『ユーリ!!!』にリンク!!!」より、誌面に載せきれなかった久保ミツロウさんへのQ&Aコーナー「もっと久保ミツロウさんにリンク!!!」を、PASH! PLUSで番外編としてご紹介! 作品に関する気になる謎や、制作の裏話、そして久保さんが抱く本作とフィギュアスケートへの想いを、伺っています。『ユーリ!!!』ファンの方、必読です!

Q.あの文字は一体?

A.Aパート頭の各話タイトルや、ところどころに入る擬音の筆文字は、私が書いたものです。


Q.あのキャラについて

A.南くんは私のなかで『ミスター味っ子』世界のキャラっぽく描いていました。いかにも漫画のキャラっぽいタイプなイメージです。


Q.ロケハンから取り入れたものは?

A.細かいところで言うと、ロシアの街中で見た、スポーツをしてる小さい子供を送り迎えしているおじいさんなどを、できるだけ入れています。

Yuri_20161122_002


Q.ロケハンでの思い出は?

A.ロシア大会の行きの飛行機が小塚崇彦さんと一緒で。ネット上ではやりとりしていたんですけど、自分は取材で行っている手前、ただのミーハーになってはいけないという自制心もあって、ずっと気づかれないよう隠れていました。でも結局、試合後にお土産屋さんでお見かけして、諦めて声をかけさせていただきました(笑)。


Q.フィギュアの魅力って?

A.最初はルールを知らなくても、誰が強いのかなんとなく分かるところがすごいと思います。
 取材に行き始めたのはソチ五輪後からですが、当時でもすごいんだなと思っていた高橋大輔さんや織田信成さんたちが、技術的にもどれだけ挑戦したことをやっていたのか、世界的に高い位置にいたのか…自分はちゃんと分かっていなかったんだと、フィギュアスケートを知れば知るほど気づきました。それでも楽しませてくれていたのはすごいことだし、間口の広いスポーツだと思います。
 選手同士の仲が良かったり、コーチとの絆が見えたり、そういうところにすごく励まされてホッとします。選手たちがプライベートのことも頻繁にSNSで発信してくれるので、海外のこういうところでこんなふうに楽しんでいるんだな、と知れるのもいいですね。

Yuri_20161122_003 Yuri_20161122_004


Q.本作を通しての願いは?

A.フィギュアスケート以外のもっとマニアックなスポーツにしても、この作品が、日本選手だけじゃなく海外選手も含め、その競技をより楽しめる最初の間口になってくれたらいいなと思っています。

 

 

 PASH!12月号におきましては、たくさんの方に手に取っていただいた結果、重版がかかることとなり、誠にありがとうございました。そしてまだ本誌が手に入っていないみなさま、大変ご迷惑をおかけしております。店頭に並ぶまで、今しばらくお待ちくださいませ。
 2016年12月10日発売予定の『PASH!1月号』をはじめ、今後もPASH!&PASH! PLUSでは、『ユーリ!!! on ICE』を応援し、追いかけていく予定です。引き続きどうぞよろしくお願い致します…!