TVアニメ『ヤング ブラック・ジャック』梅原裕一郎の手塚治虫記念館探訪レポート

2016.02.08 <PASH! PLUS>

アニメイト『ヤング ブラック・ジャック』Vol.3発売記念キャンペーンの情報も!

Ⓒヤング ブラック・ジャック製作委員会

 TVアニメ『ヤング ブラック・ジャック』で、主人公の間黒男役を演じた梅原裕一郎が手塚治虫記念館を訪れた。そのレポートが届いたので紹介しよう。

 手塚治虫記念館は、手塚治虫が5歳から24歳までの約20年を過ごした宝塚市にある。『リボンの騎士』の王宮をイメージしたエントランスホールを抜けて館内に入ると、そこには手塚治虫作品の歴史が分かる貴重な品が多数展示されている。『火の鳥(未来編)』に登場する生命維持装置をモチーフにした展示カプセル40本には、手塚治虫のゆかりの品や作品資料が多数展示されているほか、初版本や手塚治虫作品ほぼすべてが閲覧できる書籍コーナーなども設置。また、『ジャングル大帝』をモチーフにしたジャングルカフェや限定グッズを販売するショップも併設されている。

5D3_1341_20160208_ 5D3_1423_20160208_ 5D3_1361_20160208_

 今回初めて記念館を訪れたという梅原裕一郎は、各コーナーごとに興味深げに展示物を見学。なかでも今回訪問した最大の目的である『ヤング ブラック・ジャック』の企画展(2016年2月21日まで開催)のブースでは、一つ一つの展示物を真剣に見つめていた。

5D3_1444_20160208_ 5D3_1489_20160208_ 5D3_1572_20160208_

 診察の受付に見立てたコーナーには、原作の絵コンテやアニメの脚本、台本など貴重な品が並ぶ。イラスト体験コーナーでは『ヤンブラ』イラストの塗り絵にも挑戦した。さらに手塚治虫記念館限定のプリクラコーナーでは、ブラック・ジャックを背景にしたプリクラを撮影し、アニメーション制作が体験できるコーナーではイラストを実際に描いてアニメ制作にもチャレンジ。存分に手塚治虫の世界を楽しんでいた。

5D3_1744_20160208_

 記念館訪問を通じて、さらに間黒男への想いを強くしたという梅原裕一郎に、今回の訪問の感想を聞いてみた。

──今回、『ヤング ブラック・ジャック展』を見た感想はいかがでしたか?
梅原:アフレコ現場では見ることのできないアニメの資料や脚本、馴染みのある台本など、『ヤング ブラック・ジャック』の世界をより深く感じることができました。手塚治虫記念館でこのような展示をして頂いて、とてもうれしかったです。また記念館自体にも前々から行ってみたいと思っていたので、実際に見ることでき感動しました。

──『ヤング ブラック・ジャック展』は「間黒男のルーツを探る」というテーマの展示ですが、梅原さんから見て、黒男のルーツはどこにあると思いますか?
梅原:手塚治虫記念をぐるりと回ってみると、間黒男のルーツは手塚治虫先生自身であると思いました。手塚先生の戦争体験や、自身が医師免許を取得していることなど、ところどころに間黒男を感じました。

──『ヤング ブラック・ジャック展』以外で、いちばん惹かれた展示はどれですか?
梅原:パラパラ漫画の要領で、簡単なアニメを作ってみるコーナーです。お仕事で触れているためアニメは身近なものですが、実際に体験してみると、とてつもない労力や情熱が必要な作業なのだと痛感しました。このようなアニメに声で命を吹き込むということは、光栄なことだと感じました。

──手塚治虫記念館にこれから行く方へ向けて、梅原さん的おすすめポイントや、見どころを教えてください!
梅原:記念館に足を踏み入れると、どこを見ても手塚治虫先生の世界が広がっています。手塚先生にまつわる貴重な資料を見て先生の生きた時代を感じながら、また改めて手塚作品に触れてみると、また感じ方が変わるかもしれません。体験型のコーナーもありますので、ゆっくり時間をかけて回ってみるのもおすすめです。ぜひ一度足を運んでいただきたいです。

5D3_1699_20160208_ 5D3_1673_20160208_


『ヤング ブラック・ジャック』の企画展は2月21日までの限定開催なので、ぜひ足を運んでみて欲しい。

 また、TVアニメ『ヤング ブラック・ジャック』のBlu-ray&DVD Vol.3は2月24日に発売される。同パッケージにはメインキャストが登壇し、4月17日に都内で開催されるイベントの先行申し込みシリアルを封入。さらにBD&DVDの発売を記念して、アニメイトでは大熊ゆうご先生の原画イラストや梅原裕一郎のサイン入りパネルが当たるキャンペーンが開催されるので、併せてぜひチェックしてほしい。

タグ