新アニメシリーズ『バキ』がNetflixで2018年夏から国内配信

2017.08.03 <PASH! PLUS>

格闘士たちの闘いを描いた伝説的格闘漫画!

 『刃牙』シリーズ(秋田書店『週刊少年チャンピオン』連載中)のシリーズ第2部『バキ』が、アニメシリーズとして、2018年夏よりNetflixで順次国内配信される。海外配信は2018年秋ごろを予定している。

 『バキ』は、東京ドームの下に人知れず存在する地下闘技場での最年少チャンピオンである主人公・範馬刃牙と、地上最強の生物と謳われる父・範馬勇次郎との壮絶な親子喧嘩を中心に、さまざまな格闘士たちの闘いを描いた伝説的格闘漫画。

 Netflixでは、2015年より『ルパン三世』シリーズをはじめ、多数のトムス作品が配信されてきたが、新作アニメーション・シリーズとして初となる海外配信も決定。トムスでは、今後もアニメコンテンツのグローバル配信を積極的に推進し、新作および話題作を中心に展開していくとのこと。

ストーリー

 世界最強の男である、父“範馬勇次郎”を超えようと、ひたすら強くなるため己を鍛え続ける主人公“範馬刃牙”。そんな時、世界中から最凶かつ最悪の死刑囚5人が同時に東京へ集結しようとしていた。彼らの目的は“敗北を知ること”。

 あまりに強すぎた死刑囚たちは生きることに倦み飽きており、自分たちを圧倒し、完膚なきまでに叩き潰してくれる者として、刃牙たち闘技場戦士を闘いの相手に選んだのだ。この非常事態に刃牙以外にも花山薫、渋川剛気、烈海王、愚地独歩たち地下格闘技の闘士たちが立ち上がる。

 今ここに最凶死刑囚と刃牙達の熾烈極まる闘いの幕があがる……!!!

©板垣恵介(秋田書店)1992
©板垣恵介(週刊少年チャンピオン)/バキ製作委員会

タグ