『TIGER & BUNNY』ハリウッド実写映画化プロジェクト始動!!

2015.10.10 <PASH! PLUS>

製作総指揮は、『ダ・ヴィンチ・コード』の巨匠ロン・ハワード!

ⒸBNP/T&B PARTNERS ⒸBNP/T&B MOVIE PARTNERS

 ニューヨークで開催されているニューヨーク・コミコン2015の『サンライズ・BN Pictures』パネル会場にて、大ヒットアニメ『TIGER & BUNNY』のハリウッド実写映画化プロジェクトが発表された!

 株式会社All Nippon Entertainment Works(以下ANEW)は、『ダ・ヴィンチ・コード』『アポロ13』、TVシリーズ『24 -TWENTY FOUR-』など、大ヒット作からアカデミー受賞作まで良質な映像作品を手掛ける巨匠ロン・ハワード率いるイマジン・エンターテインメント(以下、Imagine)と、株式会社バンダイナムコピクチャーズ(以下、BN Pictures)とともに、TVアニメ『TIGER & BUNNY』のハリウッド実写映画の開発に共同で着手することを発表。

 パネル会場にはANEW、Imagine、さらには原作『TIGER & BUNNY』のプロデューサー尾崎雅之(BN Pictures)などの関係者が登壇した。ステージでは、日本のクリエイター陣をはじめ、実写リメイクのプロデューサーを務めるロン・ハワード氏らのメッセージビデオも上映された。その一部を紹介しよう。

「とてもワクワクしています。ロン・ハワードの『TIGER & BUNNY』僕も楽しみにしています」(さとうけいいち/TVシリーズ監督)

「日本で愛された『TIGER & BUNNY』が、世界でもっともっと愛されると嬉しいです」(米たにヨシトモ/劇場版監督)

「ファンの皆さんと育てた作品が、どう生まれ変わっていくのか楽しみです」(西田征史/シリーズ構成・ストーリーディレクター)

「実写化ということですごく驚いています。デザイナーとしてヒーロー・スーツがどうなるのかすごく楽しみです!」(桂 正和/キャラクター・ヒーローデザイン原案)

「尾崎プロデューサーはじめ原作クリエイターのみなさんとは同志だと思っています。世界中で観ていただけるように作品作りを共同でしていきます!」(ロン・ハワード/製作総指揮)

 また、共同製作各社からもコメントが発表された。

ANEW:シニア・バイスプレジデント アンマリー・ベイリー
「日本で初めて『TIGER & BUNNY』を観た瞬間から、作品の虜になりました。訴求力のあるストーリー展開や、ダイナミックなキャラクターに加え、スーパーヒーロー作品の中でも今までにないコンセプト、それらすべてに惹かれました。積極的に実写リメイク権取得に動いた結果、さとうけいいち監督や尾崎プロデューサーをはじめとする原作チームから信頼を寄せていただきました。これほど愛されているキャラクターたちを、新たな観客に届けることを許していただけて光栄です」

Imagine:共同代表 ロン・ハワード
「BN Picturesと、ANEWとともに『TIGER & BUNNY』をプロデュースすることを、最高に嬉しく思います。ANEWから本作の提案を受けたとき、即座にコンセプトに惹かれました。斬新で、日本でも大きな成功を収めた作品であり、これほどユニークで力強い要素が多く盛り込まれた素晴らしいバディ作品は見たことがありません。タイガーとバーナビーの人物像は非常に奥が深くダイナミックで、心理的に複雑に絡み合った関係性を持っています。彼らを全世界の映画ファンに知ってもらうことに一役買えることを光栄に思います」

写真:ロン・ハワード_R

Imagine:共同代表 ブライアン・グレイザー
「『TIGER & BUNNY』のクリエイターの方々は、ストーリーテリングの世界における我々の同志だと思っています。今後、ハリウッドを皮切りに『TIGER & BUNNY』を全世界に展開するにあたり、彼らと協業することで、本プロジェクトはさらに豊かに、そしてさらに強いものになっていきます!」

写真:ブライアン・グレイザー_R

BN Pictures:常務取締役 尾崎雅之
「『TIGER & BUNNY』のハリウッド実写リメイクは、アニメーションの企画開発の段階から秘かな希望として胸の内にありましたが、ご縁も含めてさまざまな条件が整わない限りはOKできるものではありませんので、現実的には難しいだろうと考えておりました。

 ANEW様からのご提案で最も印象に残ったのは、じつは条件云々ではなく、なにより作品に対する敬意と深い愛でした。数年にわたってさまざまな局面を共に乗り越えられたのは、アンマリーさんをはじめとするANEWスタッフのタイバニ愛があったからこそだと思っております。交渉の過程で最も重視したポイントは、原作チームによるクオリティコントロールが可能であるかという点と原作アニメの継続展開における自由度の高さです。これまで作品を支えて下さったファンの方々を裏切ることはできませんから。

 また、Imagine様は圧倒的な実績を誇る世界的なプロダクションであり、さとう監督をはじめ我々一同は、ロン・ハワードさん、ブライアン・グレイザーさんが生み出して来られた作品を敬愛しております。ロンさんをはじめとするImagineの皆さんとお会いして、クリエイティブな情熱を肌で感じることができました。ANEWとImagineの両社は、『TIGER & BUNNY』という作品を改めて世界中の老若男女にお届けするための最高のパートナーであると確信しております」

写真:尾崎プロデューサー_R

 実写化ということで、虎徹やバーナビーたちは一体誰が演じるのか? ヒーロースーツのデザインは? そしてどんな映像になるのか? 気になる詳細については、続報を待とう!

DATA
TIGER & BUNNY

 株式会社サンライズ(2015年4月、BN Picturesを分社化。本作はBN Picturesが承継)のオリジナルアニメーションとして制作され、2011年4月からTV放送された痛快バディヒーローアクション。

 数々の栄誉あるアニメ賞を受賞し、2012年には舞台版と劇場版1作目が大ヒット。翌々年、TVシリーズのその後を描いた劇場版2作目も大ヒットを記録。

 SNSを最大限活用したプロモーションや様々な企業とのタイアップも多くの注目を集めた。バンダイナムコグループ各社を中心とする各種キャラクターマーチャンダイジング展開だけでなく、大型ライブイベントから展覧会、クラシックコンサートに至るまで数多くのプロジェクトで今なおファンの心を惹きつけてやまない。

 物語は「NEXT」と呼ばれる特殊能力者が存在する近未来的都市・シュテルンビルトを舞台に繰り広げられる。そこでは「ヒーロー」が職業として成立しており、NEXTであるヒーローたちはスポンサーロゴを背負って特殊犯罪に立ち向かい人命救助に奔走している。落ち目のベテランヒーロー・ワイルドタイガーこと鏑木・T・虎徹と、有能だが扱いにくいスーパールーキー・バーナビー・ブルックスJr.の凸凹コンビは、対立しながらも力を合わせさまざまな事件に立ち向かい、絆を深めていく。

タグ