stage_movie

『東京喰種 トーキョーグール【S】』花江夏樹&宮野真守の絶賛コメント到着「まさにトレ!!!ビアンッ!!」

2019.07.22 <PASH! PLUS>

 7月19日公開の実写映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』より、アニメ版でカネキ役を務めた花江夏樹、月山役を務めた宮野真守のコメントが新たに到着!

20190722_s_003

 花江は、演じる窪田と松田の熱演を取り上げつつ「喰種の世界観がしっかりと表現されていて良かった」と作品を称賛。宮野は、自身にとっても思い入れの強い月山役について、実写版で演じる松田を興奮気味に絶賛しながら、最後は「観にいかねば…行かねばだろ!!!!!!」と全力でプッシュしている。

■花江夏樹さんコメント

 前回の映画も観に行かせて頂きとても良かったので今回のSもワクワクしながら観させて頂きました窪田さんの金木は言わずもがなですが、松田翔太さんの演じる月山の変態さが爆発していました。アニメで演じていた宮野さんとはまた違った方向性の月山で、実写になると月山さんはこうなるのかと思わず笑ってしまいました映像もグロテスクな部分を表現しつつも綺麗で、喰種の世界観がしっかりと表現されていて良かったです。アニメの収録をしたのはかなり昔の事でしたが、その時を思い出しつつもまた新しい東京喰種を観たのではないかと思います!

■宮野真守さんコメント

 実写版のクオリティの高い映像美、ファンならヨダレ物の演出の数々、まさにトレ!!!ビアンッ!!アニメで月山を演じさせてもらった身としては、やはり松田翔太さんの「月山習」に魅了されました。その美しさ、色気、狂気に大興奮で、そんな自分にカルマート(笑)それに月山さんは、やっぱ可愛いなぁ愛おしいなぁと思ってしまいました(笑)実写版ならではのリアリティがめちゃくちゃ良い!本当にこの世界が、現実にありそうな存在感がある!これは東京喰種ファン必見です!是非皆様も、劇場でこの感動を体感してください。月山さん風に言うならば、「ハァ…ハァ…実写版のカネキくんに会える…観にいかねば…行かねばだろ!!!!!!」(笑)よろしくお願いいたします!

20190722_s_002

20190722_s_001

DATA
■東京喰種 トーキョーグール【S】

公式サイト:http://tokyoghoul.jp/
公式Twitter:@tkg_movie
公式Instagram:@tkg_movie

ROADSHOW:2019年7月19日~

原作:石田スイ『東京喰種 トーキョーグール』 (集英社『ヤングジャンプ』連載)

配給:松竹

CAST:
窪田正孝
山本舞香
小笠原 海
白石隼也

松田翔太

ほか

STORY:
 食物連鎖の頂点とされる人間を食らう種族・喰種(グール)が潜む街・東京。大学生のカネキは、ある事件をきっかけに人間と喰種の ハーフとなり、2 つの世界の狭間で葛藤しながらも、いまは喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店“あんていく”に身を寄せており、トーカら とともに生活をしている。そんな最中、“美食家(グルメ)”と呼ばれる喰種・月山が“あんていく”を訪れる。月山を厄介者だと言い露骨 に嫌な顔をするトーカは、カネキに「あいつとは関わらない方がいい」と釘を刺す。だが、月山は人間と喰種のハーフであるカネキの特殊な “におい”に目をつけ、カネキを“グールレストラン”へ招き入れる。カネキVS月山…それぞれの【正義】がぶつかり合い、人間と喰種の共存 を賭けた闘いがいま始まる―。

©石田スイ/集英社 ©2019「東京喰種【S】」製作委員会