舞台『おそ松さん』F6『“F”→U GO! -Many Money Make You Happy-』MV撮影に密着【後編】

2018.07.25 <PASH! PLUS>

「言葉にしていれば可能性が広がる」――安里さん、和合さん、中山さんの単独ツアーにかける思いとは?

 某日、都内某所にて舞台『おそ松さん』に登場する6つ子のイケメンバージョン“F6(エフシックス)”のMV『“F”→U GO! -Many Money Make You Happy-』の撮影が実施されました。

 PASH PLUS!は、MV撮影現場に1日密着。撮影風景を写真に収めたほか、撮影を終えたばかりのF6メンバーにインタビューを実施しました。

 本記事では、F6の弟メンバーである、F6一松/安里勇哉さん、F6十四松/和合真一さん、F6トド松/中山優貴さんの撮影の裏側&インタビューを公開! ビックリするほどルックスが良いF6の、MV撮影で見せたセクシーな一面をお届けします♪

F6おそ松/井澤勇貴さん、F6カラ松/和田雅成さん、F6チョロ松/小野健斗さんのインタビュー記事はこちら

安里さんお写真

oso_002

oso_001

oso_003

和合さんお写真

oso_001

oso_004

oso_002

oso_003

中山さんお写真

oso_002

oso_001

oso_003

安里さん、和合さん、中山さんら“弟”メンバーにインタビュー!

――舞台『おそ松さん』での登場に始まり、今ではF6単独でのライブツアーが行われるまで活動の輪が広まっています。みなさんはF6の現状をどう思っていますか?

安里:F6に決まった時は、舞台『おそ松さん』を飛び出して6人だけで活動できると思っていなかったので、とてもありがたく思っています。いまは初めて単独ツアーを回らせてもらえることが楽しみです!

和合:“なんでもできるF6”という設定だったので、いつか単独でのライブやスピンオフでの活動が実現できるんじゃないかとメンバーと話していましたが、舞台第2弾が終わってすぐのタイミングで実現できたことにはただただびっくりしました。たくさんの方に応援していただけたからこそ実現できたことなので、みなさんに感謝しています。

中山:最初は単独ライブやMV撮影ができるようになるだなんて想像もしてなかったので、嬉しい気持ちでいっぱいです。それに、ここまでキャストが誰一人変わらずに歩んでこれたことも嬉しい。変わらないF6のままで、ライブやイベントに出演できるのは幸せです。

――ライブツアーをやりたいという考えは当初からあったのですか?

安里:初演はF6として2曲ほど披露したのですが、そこから曲が増えていけば「歌で何かできるかもね」という話はしていました。まさかこんなに早く叶うとは思っていませんでしたが(笑)。言葉にしていれば可能性は広がるんだなと思いました。

――F6はアニメではサブキャラクター的な立ち位置。それが単独ツアーをやるまでになっているのはみなさんの力も大きいと思います。

安里:みんなびっくりしています。初演の時は誰もこうなることを予想していなかったと思うんですよ。プロデューサーとかに、今のF6をどう思っているのか聞きたいですもん!

和合:初演は6つ子がいてのF6だったのが、続編になって6つ子ができない面白いことをF6がやるようになった。脚本家や演出家の方もそれができることを楽しんでいただけていると思いますし、我々もそれを楽しんでやることができました。第2弾のF6は生き生きとしているというお話もいただくので、嬉しい限りですね。

安里:何を語ってるんだよ(笑)。

和合:インタビューを受ける十四松っていうイメージで喋ってみた。喋りながら空中でろくろ回してましたからね。

中山:真面目だけどなんかズレてる気がする(笑)。

――先ほど「言葉にしていれば可能性が広がる」との言葉がありましたが、今後やってみたいことはありますか?

和合:豪華客船の上でライブとかできたらいいよね。F6っぽくないですか?

安里:俺船酔いするからアカンわ。ずっとうつ向いていてミステリアスな感じになると思う。俺は海外公演をしたいですね。

――では、今回のツアーで楽しみにしていることはありますか?

和合:沖縄へ行けるのが楽しみです! 安里の地元ですし。

安里:俺は沖縄で、和田は大阪、健斗と井澤と和合ちゃんは東京、中山は千葉……と、意図したわけじゃないんですけど、それぞれの地元でライブができるんですよ。それぞれの土地柄に由来したことができたらいいですよね。沖縄だったらカチャーシー、大阪は和田にタコ焼き作ってもらうとかがいいかな(笑)。

 個人的にはこうして沖縄を盛り上げることができるのは嬉しい。親や親族にも見に来てもらうので親孝行もかねていいライブがしたいですね。

――ツアーを前に改めて、お互いの印象について教えてください。

和合:各々の役割分担ができていて、バランスの良い関係ですね。それにキャラクターを演じているうちに、素の部分もキャラクターに近くなってきていると感じることがあります。

 例えば、井澤はおそ松のようにみんなを引っ張ってくれて、和田はオラオラで厳しい(笑)。健斗は知的で、安里はミステリアスでありクール、中山は素でプリティーです。僕は普段からオッペケペーですし(笑)、キャラクターでいるときもプライベートでいるときも、立ち位置はあまり変わらないですね。

安里:僕は「何を考えているか分からない」と言われることが多いんですけど、ただ何も考えていないだけなんですよ。それをミステリアスだととらえてもらえているならいいですし、ひょっとすると一松も同じかもしれないと思ったり。一松のみぞ知る、みたいな(笑)。

中山:和合ちゃんの言う通りバランスが取れている関係です。井澤は一番年下だけど、長男役としてみんなを引っ張ってくれる。りんりん(和田)は男らしい部分がカラ松と似ているし、厳しいことでも、言わなければいけないときには言ってくれます。小野健斗は相当な美貌の持ち主……ビューティージーニアスに間違いないですね! (安里)勇哉は可愛いの固まりですね。そんな感じでみんな素の部分とキャラクターが似ています。

和合:ねぇ、俺は?

中山:(笑)。和合ちゃんはこんな風にいじられキャラですね。みんなにいじられているんですけど、愛されている証だと思います!

和合:僕の場合は面白いことをやろうとするとスベるし、かっこいいことをすると笑いが生まれるっていう謎の現状が起きるんですよ。なので、いまは意識せずに普段の感じでいるようにしています。かっこいいと思ってやったことで笑いがおきるのは不本意なんですけど、みんなに笑ってもらえるならいいかなって(笑)。

――最初から今の関係性ができ上がっていたんですか?

和合:最初からなんとなく関係ができていて、時を重ねるごとにでき上がりましたね。

安里:舞台『おそ松さん』という作品が“本気でふざけている”からこそでき上がった関係かもしれないですね。稽古場でもF6メンバーは自然と固まることが多いですし、F6でいる時間が長いからこそ、絆も深まったと思います。

和合:プライベートでも食事に行くし稽古後に遊ぶことも多いよね。

安里:和合ちゃんがいないところでも集まったしね。

和合:それは話変わるよ? 今は絆の話だから! 俺を大事にして!

中山:これが文章になるとニュアンス変わりそうだね(笑)。

一同:(笑)

――ここまでお話を聞いていて安里さんはミステリアス、和合さんはいじられキャラであることが伝わりました。では、普段の中山さんのキャラってどんな感じなのでしょうか?

中山:僕はみんなの話を聞いていて、行き過ぎたらストップかける役ですね。基本的にりんりん(和田)と井澤がよくしゃべるんですよ。井澤は長男役だからか話の軸になることが多くて、そこにりんりんが関西弁でちゃちゃをいれつつ、みんなが話に入ることが多くて。僕は話を聞きつつも、ちょこちょこと話に突っ込んでいます。末っ子の役だからこうしたポジションになったのかもしれないんですけど、個人的には楽しいのでいいかなって。

和合:井澤、和田、安里は『ONE PIECE』の話で盛り上がっていることが多いんですよ。小野は一生懸命話に入ろうとして知っている単語を出すんだけど、「違う!」って3人に一蹴されているのをよく見かけます(笑)。でも、話がマニアック過ぎて分からないから入らずに聞いていると、和田は「なんで入ってこないの?」ってすねることもあります(笑)。

――最後に楽しみにしているファンの方へメッセージをお願いします。

安里:来てくれるみなさんも楽しみにしてくれていると思うんですけど、たぶん僕らが一番楽しみにしていると思います(笑)。皆さんと僕らの楽しみと楽しみが混ざり合う最高の空間になると思いますので、お互いに一番楽しくハッピーに過ごしましょう。

和合:初めてのツアーということで2.5次元のなかでスピンオフとして、これだけの規模でツアーができるのは珍しいことだと思います。我々もスタッフさんも初めてのことですし、お客さんも単独ツアーは初めてということで、初めて尽くしのライブツアーです。この“Satisfaction(サティスファクション)”がうまくいくかどうかでF6の運命が変わると思うので、成功させて次につながるように、みなさんに期待してもらえるように頑張ります!

中山:今まで見たことなかったようなライブを皆さんにお届けできると思います。6人の中の良さや空気感をライブで感じていただけると思うので、ただただ楽しみにきてください。なにも考えずに来ていただければ、「来てよかった」と思ってもらえると思います。ぜひ楽しみにしてください!

――ありがとうございました!

サイン色紙プレゼント

 F6おそ松/井澤勇貴さん、F6カラ松/和田雅成さん、F6チョロ松/小野健斗さん、F6一松/安里勇哉さん、F6十四松/和合真一さん、F6トド松/中山優貴さんの合同サイン色紙を抽選で3名様にプレゼント! プレゼントへの応募は、下記の応募フォームから必要事項を記入するだけ。舞台『おそ松さん』やキャストへの応援メッセージも自由にご記入ください♪

※当選の発表は発送をもって替えさせていただきます。

★締め切りは2018年8月1日(水)の23:59。お早めにご応募ください!★

ご応募はこちらから!

oso_001

oso_002

oso_003

DATA
■舞台『おそ松さん』

公式サイト:http://osomatsusan-stage.com/f6/
F6 1st LIVEツアー公式サイト:http://osomatsusan-stage.com/
喜劇『おそ松さん』公式サイト:http://osomatsusan-stage.com/6tsugo/

■New CDAlbum『舞台 おそ松さん on STAGE~SIX MEN‘S SONG TIME2』
発売日:2018年7月27日
CDにはステージの挿入歌を全収録。DVD付きには、F6『“F”→U GO! -Many Money Make You Happy-』のミュージックビデオ&ミュージックビデオメイキング映像が収録。

■New Blu-ray&DVD『舞台 おそ松さんon STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME2~』
発売日:2018年7月27日

■『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S FESTIVAL~』
発売日:2018年8月10日

■Stage Schedule
F6 1st LIVEツアー“Satisfaction”

8月11日~25日東京・千葉・沖縄・大阪にて開催
8月25日夜の部はライブビューイングも実施

■喜劇『おそ松さん』
11月15日~25日東京・京都にて開催
11月25日夜の部はライブビューイングも実施

©赤塚不二夫/「おそ松さん」on STAGE製作委員会2018
©赤塚不二夫/喜劇「おそ松さん」製作委員会2018