舞台『おそ松さん』F6『“F”→U GO! -Many Money Make You Happy-』MV撮影に密着【前編】

2018.07.18 <PASH! PLUS>

「ただ楽しいだけのステージにしたくない」――井澤さん、和田さん、小野さんの単独ツアーにかける思いとは?

 某日、都内某所にて舞台『おそ松さん』に登場する6つ子のイケメンバージョン“F6(エフシックス)”のMV『“F”→U GO! -Many Money Make You Happy-』の撮影が実施されました。

 PASH PLUS!は、MV撮影現場に1日密着。撮影風景を写真に収めたほか、撮影を終えたばかりのF6メンバーにインタビューを実施しました。

 本記事では、F6の兄メンバーである、F6おそ松/井澤勇貴さん、F6カラ松/和田雅成さん、F6チョロ松/小野健斗さんの撮影の裏側&インタビューを公開! ビックリするほどルックスが良いF6の、MV撮影で見せたセクシーな一面をお届けします♪

F6一松/安里勇哉さん、F6十四松/和合真一さん、F6トド松/中山優貴さんのインタビュー記事はこちら

井澤さんお写真

oso_001

oso_002

oso_003

oso_004

和田さんお写真

oso_002

oso_003

oso_001

小野さんお写真

oso_001

oso_003

oso_002

oso_004

井澤さん、和田さん、小野さんら“兄”メンバーにインタビュー!

――舞台『おそ松さん』での登場に始まり、今ではF6単独でのライブツアーが行われるまで活動の輪が広がっています。みなさんはF6の現状をどう思っていますか?

井澤:嬉しい反面、信じられないという気持ちもあります。ミュージカルや舞台へ出演していて、単独ライブやイベントに出ることは『おそ松さん』以外の作品でもありましたけど、今回のライブツアーやMV撮影のようなことまでできる作品は今までありませんでした。

 それに、F6としての活動はまるでアーティストのようだなと思います。今はライブツアーに向けてリハーサルや練習でメンバーと一緒にいる時間も多く、そのなかで「いつリハでしたっけ?」、「新曲どんな感じですか?」と話すこともあるんですが、これって役者として活動していたらあまり出てこない話題だと思うんです。最初はそうした話題が出ることを意識していたのですが、今は自然と「リハいつですか?」と聞いている自分に対してびっくりしますね(笑)。

――小野さんはF6としての活動をどう思っていますか?

小野:最初はライブツアーで沖縄に行けるようになるなんて思っていませんでしたが、メンバーと活動するなかで「ツアーできたらいいね」なんて話もしていたので、まだ舞台を2度しかやっていないにもかかわらず、こうして願望が叶っていることは嬉しいですね。

 それに、F6としての活動をすることで、役者としてのモチベーションが上がっているのを感じます。『おそ松さん』としての活動はもちろんのこと、『おそ松さん』以外の仕事をしていても、「ライブあるから頑張れる」みたいに思うことも増えていて。いろいろな仕事においてF6での活動がモチベーションになっています。

――和田さんはいかがでしょうか?

和田:嬉しいのはもちろんのこと、難しさを感じることも多いです。僕たちは役者として活動しているので、アーティストのような活動をさせていただけるなんて思ってもいなかった。だからこそ、MV撮影や単独ツアーとなると、歌やダンスも増えてくるので、今までとは違う大変さがあります。

 そして、僕たちはアーティストではないけれど、MVを出す以上は、アーティストの方たちのクオリティーの高さと比較して見られることもあると思うんです。そこで「俺たちはアーティストの方たちには勝てない」と思うのではなく、「どうやって勝負していくか」と思えるかが重要。ライブツアーをやるにしても「ただ楽しくやろう!」というだけのイベントにはしたくないですね。

小野:めちゃくちゃストイックな意見やん……。

和田:俺ストイックなのよ(笑)。もちろんこうしてみんなと活動できることが嬉しいからこそだけどね!

――となると今まで以上にストイックに練習する機会も増えているのでしょうか?

和田:頑張っていかないといけない部分が増えていますね。

井澤:3月に開催されたイベント“おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S FESTIVAL~”で、パシフィコ横浜に立たせていただいた際に、「この舞台はアーティスト活動1本で頑張ってきた方が努力してやっと立てる場所だ」と思ったんです。僕らはあの時、『おそ松さん』というコンテンツの力で立たせてもらえたんです。

 今回ライブツアーは、ありがたいことにとても多くのご応募をいただいています。ただ、それに対して「やったぜ!」という気持ちだけではダメだなと思いました。ファンの方やスタッフさんへ感謝することはもちろんなんですが、まずはアーティストの方々に敬意をもってやらないと、“舞台の企画で来ただけの人たち”になってしまう気がする。そのことについては、メンバーみんなが意識していると思います。

――今はみなさん同じ思いでツアーに向けて気持ちをつくっているのですね。話題が少し変わるのですが、ツアーを前に改めて、お互いの印象について教えてください。

和田:この3人は似ている部分が多いかもしれないですね。物事を冷静に見る部分があるし、甘く見ない部分がある。2人は芸歴が長いからそうですし……僕はやっぱりストイックなんで(笑)。

小野:それ人に言われるやつね! 自分で言わない(笑)!

和田:(笑)。でもこの2人はメンバーのことを見てくれるし、何か気付いたら言ってくれる。仲間に対してもダメなことははっきりとダメだと言ってくれるのでそこは助かりますね。言い合える関係もいいなと思います。

小野:勇貴は一番付き合いが長くて、もう10年以上の関係です。出会った時も今より見た目が幼いくらいで、今とそんなに変わらないかな? 一緒に芝居はしたことはあるけど、『おそ松さん』まで歌って踊る姿を見たことがなくて、こんなに歌って踊れると思わなかったので驚きました。万能型ですね。

 雅成は、初めて会った時はここまでストイックじゃなかったんですよ。もう少し抜けているところがあったというか、若かったのかな(笑)? ただ共通して言えるのは、みんなと仲良くなれたなと思います。

――井澤さんから見てお2人はどんな方たちですか?

井澤:ケンティー(小野)とは付き合いが長いんですけど、当時から王子様みたいな感じで、とにかくかっこいいんですよ。

小野:そうだよね。誰が見ても王子様みたいだよね。

和田:それ人に言ってもらうやつや!

井澤:(笑)。その場に居るだけで絵になるタイプだったんですけど、『おそ松さん』で激しいダンスや歌が加わったことで、“王子様”から“より磨きのかかった王子様”になりましたね。そして、いいお兄ちゃんです!

 雅成くんは、本人にも伝えているんですけど「(雅成くんの)何がいいんろうね?」って思っていたことがあって。というのも悪い意味で伝えたのではなく、僕は人の魅力って分からないのがいいと思っているんです。例えば好きな人に「好きなところを教えて」と言われたとしても、本当に惹かれて好きになった人だったら、具体的にコレというのが分からないくらい好きなんだと思う。そして、雅成君はメンバーのなかで唯一それがある人なんですよ。

小野:じゃあ付き合っちゃえばいいじゃん。

井澤:なんでだよ(笑)! でも自然と好きになれてしまうところが雅成くんの一番の強みだと思うし、僕も一緒にいやすいので、よく雅成くんを見るようになりました。いろいろと盗ませてもらっています。

和田:僕はただただストイックなんです! ……これネタとしても言いすぎたらダサいよなぁ。そんなに自分では思ってないんですよ? 

全員:(笑)。

――夏にはツアーが始まりますが、ツアーに向けて準備していること、地方公演ゆえに楽しみにしていることはありますか?

和田:やっぱり楽しみにしているのは、“なんくるないさー(沖縄)”ですね。

井澤&小野:なんくるないさー!

――やはり沖縄は楽しみな場所なんですね。

和田:安里(勇哉)が沖縄出身ということもあって、いつか仕事で一緒に沖縄に行きたいという話は前々からあったんです。ただ、場所柄難しいとも思っていたんですけど、本当に実現できるとは思っていなかったので楽しみですね。あと、僕は大阪出身なので大阪も楽しみです!

小野:俺は練習の時間を増やしてほしいです。これは前作の打ち上げの時から言っているんですけど、練習と練習の間が空いてしまうと、せっかく時間を取れても振りや歌を思い出すために時間を取られてしまうじゃないですか。それなら、夜中でもいいからみんなで集まって練習をしたいんですよね。個人で練習するのはもちろんとしても、みんなでフォーメーション合わせたりしたいし! 今はとにかく練習が大事だなと思っています。やっぱり、俺もストイックなんでね!

和田:それ俺のやから取らんといて(笑)。

小野:(笑)。

井澤:僕はライブに向けてボイトレに通っています。以前より歌う曲も増えていますし、ツアー中に喉の負担を少しでも減らせるように、きちんと練習しなおしているところです。

 楽しみにしていることは、地方公演だとリハ後に時間があればみんなでご飯に行きたいです。F6はまとまってみんなでいることができるメンバーなので、行ったことがない場所に一緒に行けるのが楽しみ。それに、個人的に沖縄に行くのは初めてなんですが、どうせ行くなら仕事で行きたいと常々思っていたので実現したのは嬉しいですね。

――最後にファンの方へのメッセージをお願いします。

和田:ライブツアーはアーティストさんでもやりたくてできないことでもあると思うのですが、今回『おそ松さん』のF6としてやらせていただく以上、志はプロに負けないようにやらないと失礼だと思うので、しっかり気持ちを作ってリハやツアーに向けて活動していきますので、楽しみにしていただければと思います。

小野:みなさまに楽しんでいただけるように全力を尽くしますし、そのための努力もしていくのでぜひとも見に来てください。

井澤:100%楽しませます!

――ありがとうございました!

サイン色紙プレゼント

 F6おそ松/井澤勇貴さん、F6カラ松/和田雅成さん、F6チョロ松/小野健斗さん、F6一松/安里勇哉さん、F6十四松/和合真一さん、F6トド松/中山優貴さんの合同サイン色紙を抽選で3名様にプレゼント! プレゼントへの応募は、下記の応募フォームから必要事項を記入するだけ。舞台『おそ松さん』やキャストへの応援メッセージも自由にご記入ください♪

※当選の発表は発送をもって替えさせていただきます。

★締め切りは2018年8月1日(水)の23:59。お早めにご応募ください!★

ご応募はこちらから!

oso_001

oso_002

oso_003

DATA
■舞台『おそ松さん』

公式サイト:http://osomatsusan-stage.com/f6/
F6 1st LIVEツアー公式サイト:http://osomatsusan-stage.com/
喜劇『おそ松さん』公式サイト:http://osomatsusan-stage.com/6tsugo/

■New CDAlbum『舞台 おそ松さん on STAGE~SIX MEN‘S SONG TIME2』
発売日:2018年7月27日
CDにはステージの挿入歌を全収録。DVD付きには、F6『“F”→U GO! -Many Money Make You Happy-』のミュージックビデオ&ミュージックビデオメイキング映像が収録。

■New Blu-ray&DVD『舞台 おそ松さんon STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME2~』
発売日:2018年7月27日

■『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S FESTIVAL~』
発売日:2018年8月10日

■Stage Schedule
F6 1st LIVEツアー“Satisfaction”

8月11日~25日東京・千葉・沖縄・大阪にて開催
8月25日夜の部はライブビューイングも実施

■喜劇『おそ松さん』
11月15日~25日東京・京都にて開催
11月25日夜の部はライブビューイングも実施

©赤塚不二夫/「おそ松さん」on STAGE製作委員会2018
©赤塚不二夫/喜劇「おそ松さん」製作委員会2018