『SOUND THEATRE×夏目友人帳~集い 音劇の章・再び~』神谷浩史&井上和彦コメント到着!

2015.12.06 <PASH! PLUS>

イベントレポートも併せてご紹介!

Ⓒ緑川ゆき・白泉社/『夏目友人帳』製作委員会

 2015年12月5日(土)、舞浜アンフィシアターにて開催された新感覚・音楽朗読劇『SOUND THEATRE×夏目友人帳~集い 音劇の章・再び~』。本公演の出演者コメントとイベントレポートが到着したのでご紹介しよう!

【神谷浩史(夏目貴志役)】
 久しぶりに『夏目友人帳』の世界に帰ってきました。共演者のみなさんが集まると、自然と夏目の世界ができあがるので、不思議だなぁと思いながらステージを終えることができました。なんといっても前回同様、まず、吉森さんの音楽に世界を作ってもらい、僕らはしゃべるだけで『夏目友人帳』ができあがる。音楽のすばらしさ、音楽の力を改めて痛感しました。

 舞台が進行していくにつれ、リハーサルではまったくなかったお客様のリアクション、なかにはすすり泣く声も聞こえてきて…。

 それもステージを作るひとつの素晴らしい要素になったのではないかと思います。


【井上和彦(ニャンコ先生/斑役)】
 再演なので、より落ち着いて夏目の世界が味わえたかなと思います。観ている皆さんも味わっていただけたのではないでしょうか。前回ではなかった演出のなかで、後ろに炎が上がったとき、「うわぁ!」と驚いているお客様の驚いている顔を目にしました。それまで落ち着いて観ていたのに(笑)。

 仲のよい夏目のメンバーですが、より心が通い合っている感じがしました。

 

【イベントレポート】
 舞台には本物の竹が茂り、会場には雨音と鈴虫の鳴き声が響き渡る。生オーケストラによる音楽が静かに流れ始めると、神谷浩史演じる夏目貴志と、井上和彦演じるニャンコ先生が登場し、第一幕 音劇版『儚い光 ~きずな~』が開幕。木村良平演じる西村悟、菅沼久義演じる北本篤史、松山鷹志演じる一つ目の中級妖怪、下崎紘史演じる牛顔の中級妖怪、そして、堀江一眞演じる田沼要が加わり、TVアニメでお馴染みのメンバーが揃うと、会場は一気に『夏目友人帳』の世界へ。

 夏目が沼で出会った妖(あやかし)、桑島法子演じるホタルは、かつて妖を見ることができた男性・浜田賢二演じる杉野章史と出会い距離を縮めていったが、ある日突然、章史はホタルが見えなくなってしまった…。人と妖、切なくも美しい物語が観客たちの涙を誘った。フィナーレの、照明を駆使して表現された蛍の演出は圧巻。

 続く第二幕は、『SOUND THEATRE』の演出・脚本を手掛ける藤沢文翁によるオリジナル書き下ろしエピソード、『偽り神』。本筋に入る前に、中級妖怪の2人が登場し、客席に一足早いクリスマスプレゼントが届けられた。

 骨董屋を営んでいたお婆さんの孫、寺崎裕香演じるサヨ。そんなサヨを見守る、掛け軸に宿った付喪神。『偽り神』は、人の思いとその思いが作り出した“偽物の付喪神”が織り成す心温まる物語。クライマックスの火事のシーンでは、通常の舞台では使用することが難しい本物の炎を使った演出と迫力ある演奏で、緊張感をあおった。最後のシーンでは客席に本物の雪が舞い降り、会場に一体感が生まれ、本公演を締めくくった。

 キャストたちの息の合った掛け合いに会場内は笑い、驚き、そして涙し、『夏目友人帳』の世界を体感できるイベントとなっていた。

「夏目ST」集合写真メイン_R20151206

DATA
音楽朗読劇『SOUND THEATRE × 夏目友人帳 ~集い 音劇の章・再び~』

STAFF:
 脚本・演出=藤沢文翁
 音楽=吉森 信
 協賛=バンプレスト / タカラトミーアーツ / dアニメストア
 主催=『夏目友人帳』サウンドシアター製作委員会

CAST:
 夏目貴志=神谷浩史
 ニャンコ先生/斑=井上和彦
 田沼 要=堀江一眞
 西村 悟=木村良平
 北本篤史=菅沼久義
 一つ目の中級妖怪=松山鷹志
 牛顔の中級妖怪=下崎紘史
 ホタル=桑島法子
 杉野章史・崇徳院=浜田賢二
 サヨ=寺崎裕香

演奏:
 ピアノ=吉森 信
 ヴァイオリン=室屋光一郎・伊藤 彩・徳永友美・柳原有弥
 ヴィオラ=島岡智子
 チェロ=岩永知樹
 クラリネット=豊永美恵
 パーカッション=関根真理

公演演目:
 ※昼公演・夜公演共に同じ内容となります。

第一幕 音劇版『儚い光~きずな~』
 ある夜、夏目が寝苦しくて目を覚ますと、そこにニャンコ先生の姿がない。酒でも飲みにいったのかと、再び布団に入ろうとするが、あるひとつのことが気になって眠れない。今夜は静かすぎる…。“妖”が見える。そのために孤独を味わってきた夏目だが、同時に“妖”が見えなくなって苦しむ人の姿も見てきた。もし、ニャンコ先生が“いない”のではなく“見えない”のだとしたら…? 先生を捜しにいく夏目の脳裏をよぎるのは、過去の記憶。

 沼の側で出会った「ホタル」と名乗る妖の物語…。お互いを想い合った人と妖。しかし、ある日を境に、人は妖を見る目を失った。妖を求めて彷徨う人と、自分はここにいるのだと訴え続ける妖の物語。

 シリーズ人気エピソード『儚い光』をベースに、夏目と人、そして妖たちとの絆を語る。


第二幕 『偽り神』
 サウンドシアター作品において、原作・脚本・演出を手掛ける藤沢文翁によるオリジナル書き下ろしエピソード。
 骨董品屋で夏目が出会ったのは、付喪神(つくもがみ)が宿った怪しげな掛け軸。そのままにはしておけないと掛け軸を引き取る夏目と、「余計なことに首を突っ込むな」とご立腹のニャンコ先生。しかし、掛け軸のなかに宿っていたのは、心優しい付喪神だった。人の想いと、その想いが作り出した“偽物の付喪神”が織り成す、心温まる物語。


アニメ公式サイトHP:http://www.natsume-anime.jp/
公演公式サイトHP:http://natsume-ongeki.soundtheatre.jp
ライブ・ビューイング公式サイトHP:http://liveviewing.jp/natsume/
アニメ公式Twitter:@NatsumeYujincho

タグ