代永 翼&白井悠介出演『セガ ガールズ通信』レポート&インタビュー! 白井さんのマイメロ愛が爆発!?

2017.12.19 <PASH! PLUS>

 セガプライズ、セガ ラッキーくじや、その他物販アイテムの女性向け情報を中心にお知らせしてくれる“セガ ガールズ通信”公式Twitterアカウントの宣伝番組『セガ ガールズ通信 広報宣伝ラジオ』第9回が、本日12月19日より配信開始!

sega_001

 今回、PASH!PLUSでは『セガ ガールズ通信 広報宣伝ラジオ』の収録現場に潜入。『セガ ガールズ通信』の宣伝担当の白澤瑛佑(しらさわ・えいすけ)役・代永 翼さん&蒼木尚次(あおき・なおつぐ)役・白井悠介さんがラジオ収録を行う現場をお伝えするとともに、収録後インタビューもあわせてお届けします!

 なお本記事では代永 翼さん&白井悠介さんの寄せ書きサイン色紙を抽選で3名様にプレゼント! 応募フォームは記事の最後にありますので、ぜひご応募ください♪

祝・配信1周年! 2017年最後のUFOキャッチャー対決の勝者は!?

 某収録現場に登場した代永さん&白井さんは、それぞれが演じるキャラクターとそっくりのスーツを着用しており、まさに企業の宣伝担当のような”できる男”の雰囲気が漂います。

 『セガガールズ通信 広報宣伝ラジオ』は、白澤&蒼木のミニミニドラマからスタート! クリスマス・イブである12月24日に誕生日を迎える白澤。彼女もできず祝ってくれる人がいないことを嘆く白澤が、蒼木に誕生日を祝ってもらいたいとお願いします。しかしとある理由で蒼木は少し気が引けているようで…? どうして蒼木の腰が引けているのか、ぜひ配信でチェックしてください!

sega_013

▲白澤瑛佑

sega_014

▲蒼木尚次

 ミニドラマが終わるとオープニングへ。同ラジオが隔月で配信されることから、「良いお年を!」そして「あけましておめでとうございます!」と年末年始の挨拶で幕開けします。ここでは、『セガ ガールズ通信 広報宣伝ラジオ』が2016年の配信スタートから丁度1年を迎えたということでこの1年間を振り返る場面も。また、「2017年はどんな年だった?」「2018年はどんな年にしたい?」という年末年始恒例のトークももちろん行われました。白井さんのコーラへの熱い思いは必聴です!

sega_005

 リスナーからのメッセージを紹介する“ふつおた”のコーナーでは、“大学入試に合格して嬉しくて泣いてしまったのですが、お2人は泣くほどうれしかったことはありますか?”というメッセージに対し、「涙もろいんだよね」と語る代永さん。それに対して「全然泣かないですね」という白井さん。

 家でDVDを見て1人で泣くことはあっても、ステージ上では「楽しんでいるし、笑顔で終わりたいから」と涙を見せたことは一度もないそう。代永さんは、9月に行われた『Kiramune Presents 岡本信彦×Trignal JOINT LIVE 2017 “ノブグナル』のステージにて予定外のWアンコールがかかったことに「本当に予想外のことで嬉しかった!」と涙したことを明かします。

 リスナーのお悩みにこたえる“ここは宣伝部会議室”にコーナーでは“写真写りをよくするコツは?”、“どうしたら自分の推しを決めることができますか?”というお便りに、代永さんと白井さんがアンサー。

 “写真写り”について白井さんは「ありのままを写すのが一番いい」とアドバイス。「盛りすぎて”この人写真と違う…?”と思われるよりも、実際に見て”思ったよりも良いかも”と思ってもらうのが一番」と自信の経験を交えてメッセージを送りました。反対に写真に対してこだわりがあるという代永さんは、「自分のどの角度がいいのか知っておくことが大事」とアドバイスを送ると、自分のなかで自信を持てる表情を見つけられる方法を伝授しました。

sega_002

▲おなじみ“どぅ君”ももちろん登場

sega_003

sega_004

 『セガガールズ通信 広報宣伝ラジオ』の目玉コーナーである“対決!UFOキャッチャー!”では、代永さん&白井さんがUFOゲームで対決! このコーナーは、どちらが先にUFOキャッチャーでプライズをゲットできるかを競い、負けてしまった方はリスナーから募集した罰ゲームを受けるというもの。今回のプライズは『MY MELODY & y♡u メガジャンボぬいぐるみ~ゆるかわデザイン~』。メガジャンボの名の通り、これまでの対決で登場した商品のなかでも1番の大きさを誇るぬいぐるみを巡って対決を繰り広げることに。

 実はマイメロディと同じく1月18日生まれで、マイメロディが大好きだという白井さんは、対決が始まる前から「マイメロ愛は負けません!」とこの日一番のハイテンションで挑みます。しかし、過去最大サイズの景品を前に大苦戦するお2人。なかなか持ち上げることができず、持ち上げては落として、持ち上げては落としてを繰り返し、ただ可愛いマイメロディの姿を演出してしまうばかり。真剣にUFOキャッチャーに挑むお2人の姿、そして目玉(!?)の罰ゲームはぜひとも『セガガールズ通信 広報宣伝ラジオ』でご確認ください……!

sega_006

sega_007

 最後に12月~1月にかけて登場するプライズアイテムが紹介されると、番組は大爆笑のままに終わりを迎えました。

sega_008

▲柔らかな手触りのおそ松に頬ずりする代永さん。

sega_009

sega_010

白井さんは“冷蔵庫”のプライズ化を希望? 収録後インタビュー

――収録お疲れ様でした! 今回の収録はいかがでしたか?

代永 翼さん(以下、代永):収録自体が久々だったからなんだか新鮮な気持ちでした。2カ月に1回の収録なので溜まっていたものを一気に出せる瞬間でもありつつ、白井君との収録がより楽しみになりますね。

白井悠介(以下、白井):僕も毎回の収録を楽しみにしています。この番組ではUFOキャッチャーを実際にプレイできるのが良いですよね。実際に商品をゲットできるまで何度もプレイするので、見てくれている方々に攻略方法を伝えられるようにしなければいけないのですが、僕たちが楽しくなっちゃって!

代永:普通に白井君と僕がゲーセンに遊びに来たみたいになっちゃうよね。すごく楽しんですよ(笑)。

――今回もUFOキャッチャーを楽しそうにプレイしていましたよね。とくに白井さんは大好きなマイメロをゲットできるということで熱中されていました!

白井:可愛かったすごく癒された~!

代永:マイメロちゃんの可愛い姿を何回も見れたしね。

白井:本当ですよ! 『セガガールズ通信 広報宣伝ラジオ』を動画でやっててよかったと思いました。動画でこそ伝わることもありますからね。でも、最後の最後で代永さんが取ってしまうかと思ってかなりヒヤヒヤしましたね。この対決の面白さは1発で取れる時もあるんですけど、今回みたいに自分のプレイが相手のチャンスになってしまうこともあるんです。今回の対決は過去一番長引いたんじゃないかな?

代永:そうだね。取れると思ったんだけどな~! いい勝負でした!

――お2人はゲームセンターに関する思い出はありますか?

白井:高校時代によくゲーセンに行っていたんですけど、格闘ゲームばかりをプレイしていました。でも、UFOキャッチャーに『ガンダム』の商品があるときはプレイすることもありましたね。当時ゲットしたものは今でも自分の部屋に飾ってあるんですけど、足とかが取れちゃってます(笑)。

代永:僕は今でも時間があればゲーセンに行きますね。僕らが出ている作品がプライズになっているので見に行くこともあるのですが、僕自身がぬいぐるみ集めが好きなので、可愛いぬいぐるみがあるとプレイしちゃいます。家にもたくさん飾ってあって、自分でもびっくりするくらい。お気に入りは枕元に並べたりしています。

――ちなみに、お2人が演じられている白澤と蒼木のプライズが登場するとしたらどんな商品がいいですか?

白井:何度かプレゼンしたことがあるのですが、僕はペットボトルを冷やせる大きさの携帯冷蔵庫が良くて。電池を充電しておけばポータブルで使用できて、コンセントがあれば指しておけば自動で冷えるやつ。温度調整も細かくできるので「今日は氷シャリシャリがいいかな?」と思ったら強めに冷やすこともできるんですよ。

代永:暖かくすることはできないの?

白井:冷やすだけですね。温める機能もつけてしまうとちょっと予算があるので……。これは冷たいコーラを冷やせるというのもそうなんですが、僕が演じる蒼木くんはクールなキャラクターなので冷たい冷蔵庫ともぴったりなんじゃないかと!

代永:それ前にプレゼンしたときは言ってなかったよね(笑)。

白井:バレましたか……今考えました(笑)。

――クールという共通項があるプライズですね! 代永さんはいかがですか?

代永:蒼木先輩が眼鏡をかけているのでキャラクターイメージの眼鏡がいいかなと。あとはネクタイとか社員証入れとか。ネクタイもカスタムすればアクセサリーやキーホルダーみたいにできるから女の子でも使えると思うんだよね。ガールズ通信のイベントをやったときに見えるとことにアイテムをつけてきてくれるかもしれない。

白井:確かに。でも、これってこの番組ならではですよね。普通はイベント会場で販売されているところ、プライズとしてゲットしてくることができますからね!

代永:そうだね。僕も個人的に冷蔵庫は欲しいなぁ。

白井:いいですよね。みんなが使えるようにシンプルなデザインにしたいですね。

――番組内ではお2人はリスナーのお悩み相談に乗っていますが、白井さんは代永さんに、代永さんは白井さんに相談したいことはありますか?

白井:うーん……僕悩みがないことが悩みなんですよね。例えば嫌なことがあったとしても引きずらないし気にしない。結局のところ悩んでも仕方ないじゃんって思うんです。

代永:いざ考えてみると難しい? 僕は白井君にどうやったら面白くなれるか相談したいかな。自分で言うのもなんだけど真面目すぎる自分が嫌になることがあって、もっと気楽に生きられればいいなと思う瞬間がたくさんあるんです。僕は悩んだら2~3日とか引きずっちゃうし、忘れたと思ってもふとした瞬間に嫌な記憶が蘇ることもあって。どうやったら白井君みたいに悩みを引きずらないでいられるか知りたいな。

――この悩み、リスナーの方で抱えている方もいそうですよね。

代永:そうですよね。結構いるんじゃないかな? どう、白井君?

白井:多分周りを気にしないことが1番だと思います。人生って一度きりじゃないですか。だから悩んだり考えて止まっている時間が勿体ないと思うんです。僕はやりたいことがあればやりたいし、なるべくプラスなことを考えたいと思う。だから……宇宙ですよね。結局、僕らは宇宙に比べたらちっぽけな存在なんですよ。そう考えたらどうでもよくなりません? 「俺はなんてちっぽけなことで悩んでいるんだ! 馬鹿らしいな!」って思えませんか?

代永:なりませんね。

白井:(笑)。

代永:嘘嘘。確かに星空とか見ていると自分の小ささに気づくよね。でも、白井くんのそういうところ見習わせてもらいます!

白井:代永さんも「面白くなりたい」なんて悩まなくていいと思います。自分が思っている以上に面白い存在だと思いますし、結局悩んでしまうのは過剰になってしまっていると思うんです。気にしすぎないのが一番です! 僕は悩みを持てるように頑張ります。

――12月で配信1周年を迎えるということで『セガガールズ通信 広報宣伝ラジオ』での1年を振り返っていただきたいです!

白井:番組内でも少し触れたんですけど1年前ってそこまで代永さんと共演する機会もなかったので、お互いの距離感が掴めていない時でした。とは言っても“代永さんなら受け止めてくれるだろう”と思ったので結構好き勝手やりましたね。なので信頼しているのは初回から変わりないです。

代永:僕も白井君だったら“自分ができないことをやってくれる”という信頼があったので収録が楽しみでしたね。最初はスーツ選びから始まったんですけど、その時は今みたいには喋れてなかったよね。白井君はあの時、緊張していたの?

白井:僕はネクタイを選ぶのに必死でした!

代永:(笑)。スーツを2人で選んでから心の距離もどんどん近くなりました。そのあと、アニメイトガールズフェステイバル(AGF)にて名刺のお渡し会が決定して、白井君と「一緒にイベント出れるね~」なんて話もしていたんですけど、まさかの別々で(笑)。

白井:イベント初のイベントでは僕が出れず、代永さんと置鮎龍太郎さんがゲストで出演することもありましたよね。でも2回目のイベントでは2人一緒に出演することができましたし、実際に池袋のゲーセンに行ったり。あの収録の後には2人でUFOキャッチャーにチャレンジしましたよね。

――結果はいかがでしたか?

代永:2人で協力しながら取ったよね。少しずつ前に前に移動して。

白井:少し店員さんの力もお借りしつつ。でも、この番組で学んだノウハウが生かされている感じはしましたね。

代永:番組でコツやアドバイスを聴ける環境にいるのはとても良いことだよね。

白井:これからはゲーセン荒らしになるかもしれないです。「来たぞ! あいつらはプライズを乱獲しまくるから出禁だ!」って言われるくらい。

代永:番組やっているのに各地のゲーセンで出禁になっちゃうんだ(笑)。

白井:(笑)。じゃあ予算を決めてチャレンジしましょう!

――ぜひともお2人がゲーセンで対決する姿も見てみたいです! ほかにも来年番組内でやってみたいことはありますか? 例えば今は2ヶ月に1回の配信ですが、毎月配信にしてみたり。

白井:できるならば毎月やりたいですよね。

代永:やってみたいね。ほかにやってみたいことを上げるとすれば、ニコニコ生放送とかで生放送をしてみたいな。実際にUFOキャッチャーをやっているところを生で見てもらったら面白いしノウハウが分かりやすい気がする。

白井:でも30分くらい全く取れなかったらどうします? 僕ら2人が無言でウィーンウィーンってUFOキャッチャーを動かしているだけで番組が終わるっていう。放送事故ですよ(笑)。でも、生放送でやるのは面白いですね。ゲストさんに来ていただくのもいいかもしれないですね。

代永:確かに。紹介するプライズにちなんだ方にゲストにきていただいて、実際に取ってもらうというのもいいかもしれない。

白井:あとはグッズを作っている工場に行ってみたいですね。

代永:そうなると企画会議とかも出てみたいよね。企画を行っている人にインタビューをしてみたり、実際に企画をしてみたりするのもいいかも。

白井:「番組のコラボっていうことでお願いしたいんですけど。あっパンチ弱いですか?」って企画しても断られることもあるんですかね? 会議って笑いも起きないし、真剣に討論してそうですよね。

代永:「コスト的にできなくはないですけど、ネームバリュー的にどうなんですか?」とかね。僕らの心が折れる瞬間が伝わるかもしれないですね。「あっ通らない」って(笑)。

――お2人の挑戦を見ることができのを楽しみにしています。最後に読者へのメッセージをお願いします!

白井:この番組が始まってもう1年が経ちますが、実はまだ知らないという方もいるんじゃないかと思います。毎回かなりの盛り上がりを見せておりますので、気になった方はぜひとも見ていただければと思いますし、様々なプライズを紹介しているのでここで新しいものをチェックしていただいて、ゲーセンに行って実際に取っていただければ幸いです。

 僕らのことを知らない方でもプライズに興味がある方は番組をチェックしていただければと思いますし、知っていただけている方は毎回代永さんとわちゃわちゃ盛り上がっているのでぜひ見ていただければうれしいです”

代永:みなさんの応援のおかげで1周年を迎えることができました。ますますパワーアップしていってやりたいことやできることが増えればいいなと思いますし、セガさんと一緒にプライズを盛り上げていきたいです!

 ラジオや映像でこの番組を見ていただいている方からは「白井さんと代永さんの掛け合いが面白いです」って言っていただいていてとても嬉しいですし、僕としても白井君の新たな一面を引き出せればと思います。そしてもちろん、僕自身も楽しませていただいています。素で楽しめているという点ではレアかもしれませんし、男子がゲーセンで遊んだらこうなるというリアルが伝わる番組でもあるのかなと思います。

 なので、これから1年と言わず3年4年と番組を続けていきたいと思いますし、ゆくゆくは白澤君と蒼木君が動くところを見てみたいです。そのためには皆さんの応援が必要ですので、これからも末永く番組を応援していただければと思います!

白井:この番組的にはプライズを取りに行ってもらって、UFOキャッチャーの売り上げが上がれば貢献したことになるんですかね?

代永:そうかもしれないね!

白井:じゃあみんな、UFOキャッチャーに行こう!!

代永:(笑)。よろしくお願いします!

――ありがとうございました!

 『セガガールズ通信 広報宣伝ラジオ』は、ラジオでありながらもYoutubeにて動画にて楽しめるのが魅力。代永さん&白井さんの掛け合いは音声で楽しめるのはもちろんのこと、動画があることでお2人の生き生きとした表情を楽しむことができます。さらに、UFOキャッチャーのコツや新規プライズアイテムを目にすることができるので、実際にゲームセンターに行きたくなる番組でもあります。

 そして、声優になる前からゲームセンターにゆかりのあったという代永さん&白井さん。そんなお2人がUFOキャッチャーに挑む姿は、声優としての表情だけでなく少年のような素顔の部分も垣間見ることができます。お2人のファンはもちろん、ゲームセンターが好きな方、UFOキャッチャーのコツを知りたい方はぜひともこの番組をチェックしてみてくださいね!

 『セガガールズ通信 広報宣伝ラジオ』第9回は12月から1月にかけて配信中!

セガ ガールズ通信公式サイトはこちら

サイン色紙プレゼント

 代永 翼さん&白井悠介さんの寄せ書きサイン色紙を抽選で3名様にプレゼント! プレゼントへの応募は、下記の応募フォームから必要事項を記入するだけ。『セガ ガールズ通信 広報宣伝ラジオ』やお2人への応援メッセージも自由にご記入ください♪

※当選者の方にメールにてご連絡させていただきます。

★締め切りは2017年12月26日(火)の23:59。お早めにご応募ください!★

ご応募はこちらから!

sega_021

DATA
「セガ ガールズ通信 広報宣伝ラジオ」

配信サイト
セガ公式YouTubeチャンネル

インターネットラジオステーション<音泉>

セガ ガールズ通信公式サイト:http://segaplaza.jp/info/page.php?data_id=181

セガプライズ、セガ ラッキーくじなどのアイテムの女性向け情報を中心に発信する公式Twitterアカウント“セガ ガールズ通信”(@sega_girls)の宣伝番組。パーソナリティは宣伝担当白澤瑛佑役・代永 翼さんと、蒼木尚次役・白井悠介さん。
no.1

文・河内香奈子
©SEGA