90年代のアニメは凄かった!『爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP』1997年1月スタート

2017.04.23 <PASH! PLUS>

ミニ四駆ブームを牽引!

連載第29回『爆走兄弟レッツ&ゴー!! WGP』

1997年 1月スタート
『爆走兄弟レッツ&ゴー!! WGP』

爆走兄弟レッツ&ゴー!WGP ― 超速音楽集

※Amazonより

 1996年1月にスタートした『爆走兄弟 レッツ&ゴー!!』の第2期です。原作は『コロコロコミック』で1994年にスタート。第1期の監督は80年代から活躍し、最近では『オレカバトル』や『虹色デイズ』を手掛けたアミノテツローさん。第2期と第3期はの監督は加戸誉夫さん。OVAでは監督作品がありましたが、TVシリーズでは初監督作品でした。

 主人公の星馬烈(声/渕崎ゆり子)と星馬豪(声/池澤春菜)の兄弟は大会に出るほどのミニ四駆好き。ことあるごとに喧嘩になるくらい対照的な性格の2人は、ミニ四駆の設定も烈は慎重派、豪は大胆派と、正反対。そんなふたりに目を付けたのが、長年ミニ四駆を研究していた土屋博士(声/江原正士)。彼は、ミニ四駆への情熱を持ちつつも、マシンの扱いが真逆なふたりがどう改造してくれるのか、自分が開発した2台の最新マシン、ソニックセイバーとマグナムセイバーを託します…。

 その後、鷹羽兄弟や三国藤吉、Jといったライバルたちと切磋琢磨し、最後にはSGJC(スーパーグレートジャパンカップ)で烈と豪が同率優勝。ついにその活躍の場を世界に広げるのが、第2シリーズとなります。

 本作の放映がスタートすると、ミニ四駆の人気がますます盛り上がり、1997年7月には劇場版『爆走兄弟レッツ&ゴー!!WGP 暴走ミニ四駆大追跡! 』も公開、1998年1月からは、第3期『MAX』も放送されることになります。2007年10月には第1期のDVD-BOX(13枚組)が発売。同年12月には『MAX』のDVD-BOX。2008年の2月には『MAX』のDVD-BOXが発売。2014年にはついにBlu-rayのBOXも発売されました。

 ちなみに、主人公は烈&豪のふたりですが、レースの実況やイベントの司会を担当する「ミニ四ファイター」も、もうひとりの主人公といってもいい活躍ぶりでした。第1期の1話冒頭から登場しているこの役の声は、現在声優のみならずミュージシャン、ラジオパーソナリティなどとしても活躍中の森久保祥太郎さんが担当していました。声優としてほぼ初めてのテレビレギュラー作品で、「この作品がなかったら、あるいは1年で終わっていたら、僕は声優の仕事に就いていなかったと思います。(中略)僕の土台の8割9割はこの作品で形成されたと行っても過言ではないと思います」(PASH!2014年9月号より)と発言するほど、思い出深い作品だったようです。

1997年1月スタートにアニメにはこんな作品もありました。
『EAT-MAN』
『マッハGoGoGo(第2作)』
『勇者王ガオガイガー』
『キューティーハニーF』
『ケロケロちゃいむ』