90年代のアニメは凄かった!『逮捕しちゃうぞ』1996年10月スタート

2017.04.16 <PASH! PLUS>

藤島康介の大ヒット漫画がアニメに!

連載第28回『逮捕しちゃうぞ』

1996年 10月スタート
『逮捕しちゃうぞ』

逮捕しちゃうぞ [DVD]

※Amazonより

 後に『ああっ女神さまっ』を連載し、『サクラ大戦』『テイルズ オブ』シリーズなど、多くのゲーム・アニメ作品でキャラクターデザインを手掛けることになる藤島康介初のヒット作品が原作です。

 転属先に初出勤ながら、開かずの踏切にひっかかって遅刻確実。イライラが最高潮につのった辻本夏実(声/玉川紗己子)は、自ら駆るバイクで歩道橋を駆け上がって線路を越えていきます。それをミニパトで見ていた小早川美幸(声/平松晶子)は彼女を猛追していきますが…。実は追いかけられている夏実も警察官。ふたりは同じ警察署(墨東署)でパートナーとなり、活動することになります。

 原作者藤島康介がバイク&カーマニアということもあってか、原作漫画もバイクや車が詳細に描き込まれて評判でしたが、アニメでもその世界観が継承されています。車やバイク、パトカーなども、実際にある車種をモデルに描かれており、リアルさが追及されています。精密な絵柄ながら、1話から冒頭のカーチェイスに始まり、Bパートでも、赤いMINIとミニパトのカーチェイスが描かれいますが、本当によく動きます。まだCGがあまり普及していなかった時代、これだけのシーンをアナログで作業していたかと思うと、当時のアニメーターさんたちの力量には驚かされます。

 TVアニメは1996年10月に始まりましたが、1994年〜1995年にかけて、全4話のOVA(監督/古橋一浩)が先行して発売されいて、TV本放送の1〜4話まではそのOVAの内容が放送されました。このように、OVAから始まり、その続きがTVアニメになるのは、当時としては珍しかったようです。

 監督はわたなべひろしが最初の2クールを担当。その後、人気となったことであと2クールの延長が決定。後半は西村純二が監督を務めました。最初の地上波放送終了後も、深夜番組の『ワンダフル』内で1999年3月から放送された特別編や、同年4月には劇場版が上映。2001年には第2期がスタート(監督/河本昇悟)。2002年3月には『TBS春のアニメフェスタ』内で2回目の特別編が放送。2006年にはパチスロ化され、2007年10月から三度目のアニメ化・『逮捕しちゃうぞフルスロットル』が放送されるなど、息の長い人気作となりました。

 ちなみに、2002年には夏実役に伊東美咲、美幸役に原 沙知絵のキャスティングで実写ドラマ化されました。放送はテレビ朝日系。ドラマのスポンサーにフランスの自動車メーカープジョーが入っていたため、ふたりが乗るミニパトにプジョーが使われるのでは?との噂が広がったようですが、原作通りホンダトゥデイが使われたそうです。

1996年 10月スタートのアニメにはこんな作品もありました。
『機動戦艦ナデシコ』
『セイバーマリオネットJ』
『超者ライディーン』
『ハーメルンのバイオリン弾き』
『エルフを狩るモノたち』
『魔法少女プリティサミー』
『きこちゃんすまいる』
『YAT安心!宇宙旅行(第1期)』
『わんころべえ』

タグ