90年代のアニメは凄かった!『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』1996年1月スタート

2017.03.26 <PASH! PLUS>

ジュディマリ、T.M.Revolutionなど人気ミュージシャンが主題歌を担当!

連載第25回『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』

1996年 1月スタート
『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』

るろうに剣心 星霜編 [Blu-ray]

※Amazonより

 和月伸宏原作、1994年から『週刊少年ジャンプ』にて連載がスタートし、その約2年後にアニメ化されました。主人公・緋村剣心には宝塚歌劇団出身の涼風真世。ヒロイン神谷薫には、若手女優・藤谷美紀と、女優として活躍している2人が声を担当したことでも反響を呼びました。原作コミックのほうでは、昨年12月に『ジャンプSQ.』誌上で、『北海道編』の開始が予告され、期待しているファンも多いことでしょう。

 時は明治十一年の東京下町。自らが師範代を務める道場「神谷活心流道場」の名をかたり、辻斬りを続けていたニセの「人斬り抜刀斎」を追いかけていた神谷薫は、「流浪人」だと自称する剣客・緋村剣心と出会います。ニセ抜刀斎へのリベンジを誓う薫でしたが、門下生たちも去って行き、道場は彼女一人に。そんななか、ついにニセ抜刀斎が仲間を引き連れて神谷道場に復讐に現れます。そこに居合わせた剣心は、あっという間に連中を倒してしまいます。実は、緋村剣心、彼が本物の「人斬り抜刀斎」だったのです…。

 『少年ジャンプ』原作ながら、時代劇という異色作でしたが、放送直後から人気が広がり、97年には劇場版映画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-維新志士への鎮魂歌』が公開。99年から2002年にかけて『追憶編』、『星霜編』のOVAシリーズが発売。最期のOVAから10年後、2012年には『新京都編』の前編・後編がリリースされます。

 2012年には、佐藤健主演で実写映画が実現。2014年8月には『京都大火編』、9月『伝説の最期編』と、第2作、第3作が連続で公開され、実写映画としても大ヒットを記録します。2016年には、奇しくも涼風真世の古巣・宝塚歌劇団で上演。作品の幅をますます広げています。

 また、いまや、大手アニメ会社の一角を担うアニプレックスですが、その前身「SPEビジュアルワークス」が製作したTVアニメの第1作目が本作でした。ソニーミュージックグループが初めて本格的に参加したアニメということで、オープニング&エンディングにはJUDY AND MARY、川本真琴、T.M.Revolution、SHAM SHADEなど、当時大人気だったミュージシャンたちが勢揃い。ソニーミュージックグループ以外からも、THE YELLOW MONKEY、BONNY PINKなどが参加しています。L’Arc〜en〜Cielもエンディングを担当していましたが、メンバーの不祥事により3話分のみ放送され、差し替えられる事態に。その後、97年の劇場版では、L’Arc〜en〜Cielの『虹』が主題歌に採用され、雪辱を果たす形となりました。

 ちなみに、1996年のアニメ化より前、1994年と1995年に原作元の集英社からCDブック、カセットブックが発売されています。このときの声優はアニメとは違っていました。
そのキャストは…
 
緋村剣心:緒方恵美
神谷薫:桜井智
明神弥彦:高山みなみ
相楽左之助:関智一
山県有朋:土師孝也
相楽総三:井上和彦
比留間喜兵衛:青野武
比留間伍兵衛:笹岡繁蔵
鵜堂刃衛:石塚運昇

 という布陣だったそうです。現在では入手困難な幻の作品ですが、るろ剣ファンなら、一度は聴いてみる価値がありそうです。

1996年1月スタートのアニメにはこんな作品もありました。
『ゲゲゲの鬼太郎(第4作)』
『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』
『バケツでごはん』
『名探偵コナン』
『名犬ラッシー』
『勇者指令ダグオン』
『ドラゴンボールGT』
『みどりのマキバオー』
『美少女戦士セーラームーン セーラースターズ』