PASH! PLUS編集部おすすめ!オトナもハマる劇場版子どもアニメ

2016.12.30 <PASH! PLUS>

『この世界の片隅に』の片渕須直監督作品など、年末年始に観たいアニメ4選!

 年末年始に楽しめるアニメをご紹介企画の第2弾は、「オトナがハマる子ども向けアニメ」4本をPASH! PLUS編集部がセレクト。

 ちょっとでも「あ、面白そう」と思ったら、ぜひレンタルなどして家族や友達、恋人と一緒にじっくりお楽しみください(もちろん、おひとり様でも!)。


おすすめ①『マイマイ新子と千年の魔法』
 (※Amazonより)
 現在、各所で絶賛されている『この世界の片隅に』の片渕須直監督が2009年に作った映画。『この世界の片隅に』で深く感動された人なら、きっとこの映画に詰まった温かいメッセージをしっかり受け止められると思います!

STORY:
 物語の舞台は、昭和30年の山口県防府市。その地域は千年前から人が住んでおり、遺跡などもあった。そこに暮らす新子は、おでこの上にマイマイ(つむじ)がある、元気で空想好きな少女。おじいちゃんから千年前の話を聞き、当時の人たちの暮らしを想像して楽しんでいた。
 ある日、彼女のクラスに都会からの転校生・貴伊子が来て一緒に勉強することに。そして2人はいつしか仲良くなっていき、貴伊子も新子が語る千年前の人々の話に引き込まれていく。

STAFF:
 原作=高樹のぶ子(『マイマイ新子』マガジンハウス・新潮文庫刊)
 監督・脚本=片渕須直
 キャラクターデザイン・総作画監督=辻 繁人
 演出=香月邦夫、室井ふみえ
 作画監督=浦谷千恵、尾崎和孝、藤田しげる
 音楽=村井秀清、Minako “mooki” Obata
 主題歌=『こどものせかい』コトリンゴ(commmons)
 挿入歌=『Sing』(作詞・作曲=Joe Raposo、編曲=村井秀清、歌=杉並児童合唱団)
 アニメーション制作=マッドハウス

CAST:
 青木新子=福田麻由子
 島津貴伊子=水沢奈子
 千年前の少女・諾子=森迫永依
 青木長子=本上まなみ
 青木光子=松元環季
 青木小太郎=野田圭一
 青木東介=竹本英史
 青木初江=世弥きくよ
 鈴木タツヨシ=江上晶真
 シゲル=中嶋和也 ほか

 

おすすめ②『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ』
 (※Amazonより)
 『クレヨンしんちゃん』の映画といえば、原 恵一監督の『オトナ帝国の逆襲』と『アッパレ!戦国大合戦』が有名ですが、ほかにもオトナが楽しめるタイトルがありますよ! 西部劇の世界を舞台に、しんちゃんたちかすかべ防衛隊が大活躍! 劇中には実写西部劇の登場人物を模したキャラも登場するので、西部劇ファンも楽しめます。

 それから後半、しんちゃんのかなり真剣な恋心が描かれるのも注目ポイントとなっています。

 監督は、いまや『ガールズ&パンツァー』で多くのファンを獲得した水島 努さん。『ガルパン』同様、追いつ追われつのドキドキハラハラなアクションシーンは必見です。

STORY:
 ひょんなことから、かすかべ防衛隊(しんのすけ、トオル、ネネ、マサオ、ボーちゃん)と野原一家は、とある西部劇の世界に入りこんでしまい、抜けられなくなってしまった。
 この世界からなんとか脱出を試みるしんのすけだったが、みんな徐々に現実世界の記憶を失ってしまい、この世界に馴染み始めてしまう。どうしたらいいかわからず時間だけがただ過ぎていった。そんなある日、この状況を打破する方法が分かり…。

STAFF:
 原作=臼井儀人
 監督・脚本=水島 努
 絵コンテ=水島 努、原 恵一
 作画監督=原勝徳、大森孝敏、針金屋英郎、間々田益男
 キャラクターデザイン=末吉裕一郎
 音楽=荒川敏行、宮崎慎二
 制作=シンエイ動画、テレビ朝日、ADK

CAST:
 野原しんのすけ=矢島晶子
 野原みさえ=ならはしみき
 野原ひろし=藤原啓治
 野原ひまわり=こおろぎさとみ
 風間トオル、シロ=真柴摩利
 桜田ネネ=林玉緒
 佐藤マサオ=一龍斎貞友
 ボーちゃん=佐藤智恵
 つばき=齋藤彩夏
 マイク=村松康雄
 オケガワ=長嶝高士
 ジャスティス・ラブ=小林清志
 NO PLAN(特別出演)=内村光良、さまぁ~ず、TIM、ふかわりょう

 

おすすめ③『のび太の結婚前夜』
 (※Amazonより)
 これはもう観ている方もたくさんいらっしゃると思いますが、冬の夜長にもう一度ご覧になるのはいかがでしょうか? 改めて観ることで、何度でも新たな発見と感動があります。そして観終わったあとはきっと、とてもあったかい気持ちになれます。

STORY:
 ある日、のび太とドラえもんは、タイムマシンでのび太の結婚式の日へ向かったが、間違えてその前日に着いてしまった。でも、せっかく来たのだからと、未来ののび太の結婚前日の様子を見ていくことになった2人。そして結婚の相手であるしずかのことも気になり覗いてみると…。

STAFF:
 原作=藤子・F・不二雄
 監督・作画監督=渡辺 歩
 脚本=藤本信行
 音楽=菊池俊輔
 制作=シンエイ動画、小学館、テレビ朝日

CAST:
 ドラえもん=大山のぶ代
 のび太=小原乃梨子
 しずか=野村道子
 ジャイアン=たてかべ和也
 スネ夫=肝付兼太
 出木杉=白川澄子
 しずかのパパ=久米明
 しずかのママ=松原雅子
 先生=田中亮一 ほか

 

おすすめ④『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』
 (※Amazonより)
 ポケモンが活躍する映画ながら、「自分とは何者なのか?」「復讐」といった重いテーマを扱っている、オトナでも考えさせられる一作となっています。小林幸子さんによる主題歌『風に吹かれて』も、また泣けるんです…。

 人間の勝手で造られたミュウツーが、最後にどうなるのか? ぜひその目で確かめてください。

STORY:
 旅をするサトシたちに、招待状が届いた。その内容は、優秀なポケモントレーナーをポケモン城へ招待したいというものだった。招待を受けることにしたサトシたちがポケモン城に着くと、そこには幻のポケモン、ミュウのコピー“ミュウツー”が待っていた。ミュウツーは、強いポケモンをコピーしてさらに強化したポケモンを造り、自分を造った人間たちに復讐しようとしていたのだ! 果たしてサトシたちは、ポケモン城から無事脱出できるのか!?

STAFF:
 原案=田尻智
 キャラクター原案=杉森 建、森本茂樹、藤原基史、西田敦子
 監督=湯山邦彦
 脚本=首藤剛志
 絵コンテ=湯山邦彦、横田 和
 キャラクターデザイン・総作画監督=一石小百合
 音楽=宮崎慎二、たなかひろかず
 アニメーション制作=OLM

CAST:
 サトシ=松本梨香
 ピカチュウ=大谷育江
 カスミ=飯塚雅弓
 タケシ=上田祐司
 ムサシ=林原めぐみ
 コジロウ=三木眞一郎
 ニャース=犬山犬子
 ウミオ=高木渉
 ソラオ=古谷徹
 スイート=佐藤藍子
 ボイジャー=小林幸子
 ミュウ=山寺宏一
 ミュウツー=市村正親

タグ