90年代のアニメは凄かった!『勇者特急マイトガイン』1993年1月スタート

2017.01.03 <PASH! PLUS>

『銀魂』『美男高校地球防衛部LOVE!』の高松信司初監督作品!

連載第13回『勇者特急マイトガイン』

1993年 1月スタート
『勇者特急マイトガイン』

勇者特急マイトガイン DVD BOX I

※Amazonより

 過去に3作制作されたロボットシリーズ『勇者シリーズ』の第4作目。『銀魂』『美男高校地球防衛部LOVE!』『坂本ですが?』等で知られる高松信司さんの初監督作品です。
 時は昭和125年。突然、石油が枯渇し、伝記で走る鉄道が輸送の主役となった未来社会が舞台。かつて東京湾だった場所に作られた未来都市“ヌーベルトキオシティ”は繁栄を謳歌していましたが、その街には悪が忍び寄っていて…。人々の幸せを守るために、敢然と立ち向かう正義のヒーローが登場。それが「勇者特急マイトガイン」です。
 悪あるところに現れるのは、マイトガインをはじめ、トレイン形態から変形合体するロボットたちによる「勇者特急隊」。それを結成させたのは主人公の旋風寺舞人(声/檜山修之)。世界の鉄道王として知られる旋風寺コンツェルンの若き総帥です。
 舞人たちの前にはマッドサイエンティスト、女盗賊団、忍者軍団、宿命のライバル、エースのジョー(声/緑川光)などが立ちふさがります。それらの裏には、舞人の両親を殺した「巨悪」ブラック・ノワールが潜み、世界征服の計画を準備しており…。
 本作から23年後、雷張ジョー役で出演していた緑川光さんは、『坂本ですが?』の坂本役で高松信司監督とタッグを組むことになります。また、舞人役の檜山修之さんもケンケン役で出演。「高松監督の作品で(檜山さんと)共演できて嬉しいですし、感慨深いです」(声優マガジン『Cool Voice Vol.18』より)と緑川さんがインタビューに答えています。それほど、印象に残る作品だったのでしょう。
 平成5年になったばかりのタイミングに放送スタートした本作ですが、設定が“昭和”125年だったせいでしょうか、旋風寺舞人=小林旭(代表作・銀座旋風児シリーズや愛称マイト・ガイから)、吉永サリー=吉永小百合、浜田満彦=浜田光夫、青木桂一郎=赤木圭一郎など、キャラクターの名前が昭和を代表するスターや芸能人を思わせるものがたくさん登場するのも、ユニークなところです。
 ちなみに、製作に電鉄系の広告会社・東急エージェンシーが参加しています。やはり、列車がモチーフだからでしょうか。

1993年 1月スタートのアニメにはこんな作品もありました。
『ミラクル☆ガールズ』
『若草物語 ナンとジョー先生』
『無責任艦長タイラー』
『熱血最強ゴウザウラー』
『美少女戦士セーラームーンR』

タグ