舞台『刀剣乱舞』の再演が決定!

2016.07.15 <PASH! PLUS>

刀剣男士6振りが登壇した渋谷パルコ スペシャルイベントで発表!

©舞台『刀剣乱舞』製作委員会

 2016年7月15日(金)、渋谷パルコ店頭にて刀剣男士6振りが登壇するスペシャルイベントが開催され、そのラストに舞台『刀剣乱舞』再演の決定が発表されました。

 このイベントは明智光秀役の窪寺 昭さんが司会を務め、オープニングでは一振りずつ立ち回りでかっこよく登場しました。

touken20160715_02

 そして自己紹介が終わったあとはトークコーナーへ。

touken20160715_06

 「公演を終えての感想は?」という問いに三日月宗近役の鈴木拡樹さんは、「思っていたよりも、こんなにも早くいい座組が生まれるんだということを今回の作品に感じました。『刀剣乱舞』はミュージカルのバージョンもございますが、舞台版のほうはチームワークの取れているところを生かして、普段ゲームでは見ることができない一振り一振りのかかわりを観ていただけるような作品になったんじゃないかなと思います。こういうかたちを大事にしたいし、次回作に向けてがんばっていきたいと考えています」

 「役が決まったときの感想」という問いに山姥切国広役の荒牧慶彦さんは、「キャラのビジュアルを見て『なんでマント被ってんのかな?』って第一に思いました。でも舞台上で殺陣などアクションが多いステージなので、殺陣や剣を使ったときマントの翻りとかうまく使えば、すごくいいまんばちゃんを作れるんじゃないかなと思ってました」。

 「稽古場での役作りで気をつけたことは?」という問いに宗三左文字役の佐々木喜英さんは、「原作がゲームなので誰よりもゲームはやり込んでやろうと即ダウンロードして始め、公演が終わってからもずっとやっているんですよ。今、宗三左文字がレベル90を超えました。これからもどんどん育てて、強い刀に仕上げていきたいなと思ってます」。また「審神者レベルは?」という問いには、「68ぐらいだと思います」とのことでした。

 「ビジュアル撮影で、衣裳メイクをしたときの第一印象や感想は?」という問いに江雪左文字役の輝馬さんは、「観ていただいたらおわかりのとおり、女性もしたことがない超ロングロングヘアー。こちらとっても長くてですね、ホントはもっと長かったんですよ。苦労した部分もあるんですけど、本番中にいい武器として使えたなって──これで戦うんじゃないんですけど(笑)──見栄えだったりかっこよさだったり、ほかのキャラクターにはできない動きだったりとか見せ方ができたんじゃないかなとは思いました」。

 「ほかのキャストのエピソードを聞かせてください」という問いに小夜左文字役の納谷 健さんは、「ホントに楽しい方たちばかりで(笑)。小夜の役どころとして、みんなに愛される愛嬌のあるキャラにしたかったんです。それとこういった舞台が初めてっていうのもあって、先輩方にもかわいがってもらいたいっていう自分の気持ちと小夜に対する役作りがリンクして、ずっと素直な気持ちでいられました」。

 「毎回のアドリブのシーンについて、どうでしたか?」という問いにへし切長谷部役の和田雅成さんは、「(本編のお茶請けが出る軍議のシーンは)あんなはずじゃないんですけどね(笑)。稽古当初は普通に茶請けを食べていたんですけど、2日目におはぎを吹き出してしまいまして、すいませんでした(笑)。そのシーンで1回、マッキーがすっ転んだんですよ。それが俺らホントに面白くて、それどころじゃなかったっていう日もありましたね」。

 そして最後に一言ずつ語ってもらうところでは、キャストのみなさんこのように語っていました。

touken20160715_472

 和田雅成さん「こうして、へし切長谷部として戻ってこれたのもほんとに嬉しくて…。また皆さんの前にへし切長谷部として登場できるように努めて参ります。またそのときは、本丸でお会いしましょう。ありがとうございました」

 納谷 健さん「僕にとって本当に思い入れの深い役になりましたし、この舞台自体もほんとに大好きですし、キャストさんも大好きですし、この舞台を観ていただけたお客様も本当に愛情注いでくださったので、また機会があればこうやって小夜左文字の姿で皆さんの前に立てたらなと思います。本当にありがとうございました」

 輝馬さん「『刀剣乱舞』がもっともっと大きくなって、全国、世界、宇宙へと羽ばたけるような作品になるといいなと。初じゃないですか? 宇宙でやるって(笑)。そうなれるように、僕たちも一生懸命がんばりますので、これからも応援よろしくお願いします」

 佐々木喜英さん「今日は朝から雨が降っていたにもかかわらず、こんなにたくさんの方が足を運んでくださって、ほんとに『刀剣乱舞』という作品が、たくさんの方に愛されているんだなっていうことを改めて感じました。これからも『刀剣乱舞』の一ファンとしてどんどんゲームをやり込んで、またいつか宗三左文字として皆さんの前に立てる日がくればいいなと思っているので、ぜひ皆さんも応援、よろしくお願いします。ありがとうございました」

 荒牧慶彦さん「朝早くから、本当にたくさんの方々が僕たちを観に来てくださるために、並んでいただいたり待っていただいたりしていると、スタッフさんから聞きました。そのことに僕たちも感謝でいっぱいです。皆さんから愛されている『刀剣乱舞』という世界をもっともっとたくさんの方々に、そしてもっと魅力的なものにすべく、僕もまんばちゃんとして、刀ステの本丸の一員としてできることがあればしたいなと思います。これからも『刀剣乱舞』をよろしくお願いします。ありがとうございました」

 鈴木拡樹さん「本日はお足元の悪いなか、いらしていただきありがとうございました。改めまして舞台を終えて、こうしてまたイベントというかたちで皆様にお会いできたことを本当にに嬉しく思います。舞台の再演は決定していますし、その再演に向けてどういうかたちで座組を作っていけるのか非常に楽しみに思っております。皆様もまた劇場でお待ちしておりますので、ぜひぜひ足をお運びいただけばと思っております。本日はありがとうございました」

touken20160715_513

 今冬再演も決まりますます盛り上がりを見せる『刀ステ』そして『とうらぶ』を、今後も注目していきましょう!

 

イベントのあと配られた号外

イベントのあと配られた号外です。