劇場版『王室教師ハイネ』アトラクション上映会が凄すぎ。映画館の扉は“グランツライヒ王国”に繋がっていた…

2019.02.10 <PASH! PLUS>

 2月16日(土)より公開予定の劇場版『王室教師ハイネ』では、『ハイネ』の世界をより楽しめる“アトラクション上映会”が開催されます!

20181116_heine_001

 「“アトラクション上映会”ってなに?」「応援上映とは違うの?」と気になっている紳士淑女の皆様。PASH!PLUSも初の上映イベントが気になって仕方がありません!

 そこで、劇場版公開に先駆けて開催されたゲネプロにお邪魔してきました!

 事前に送られてきた招待状によると、映画館が“グランツライヒ王国”になるとのことで、当日はいつもよりお出かけ向けのお洋服にお着換え。やっぱり王国に招待されたとあっては、服装から雰囲気を楽しみたいものです。

 ドキドキしながら待つ入場の時間。扉が開いたと思うと、バイオリンなどによる生演奏が聞こえてきます。そして入口には衛兵の皆さんが! なんと今回の“アトラクション上映会”では、総勢10名以上の役者陣が衛兵に扮し、“グランツライヒ王国”への招待を受けたの皆さんをお出迎えしてくれるのです。

heine_007

heine_002

heine_004

 「ようこそ!“グランツライヒ王国”へ!!」の元気いっぱいな歓迎の声を受け気分は高上。また衛兵の皆さんから、ハイネ先生からの招待状、教鞭(が描かれたバルーン)、小さなスイーツが入った袋がプレゼントされ席に着きます。

heine_001

heine_002

 開演の時間になると衛兵の皆さんが、“アトラクション上映会”の楽しみ方をレクチャー。受けとったプレゼントの使い方やダンスの振り付けを教えていただき、楽しむ準備はばっちりです。

heine_001

 上映中はスクリーンの中のハイネと一緒に“教育的指導”をしたり、王子たちと一緒のタイミングでスイーツを食べたりと、まるで物語の中に入り込んだみたい!

 しかも、衛兵の皆さんは作品の展開に合わせ、王子同士の決闘を応援したり、落ち込んだり、笑ったりと、王子たちの気持ちに寄り添っているのがたまりません。衛兵の皆さんはみんな決まった動きをするのではなく、それぞれ個性を持った言動で楽しませてくれるのもポイント。推しの衛兵さんが見つかるかも!?

heine_005

heine_003

heine_001

 もちろん、声だしOKの上映会なので、普通の応援上映と同じように、皆さんも声を出しても大丈夫です。ちなみに上映中は衛兵の皆さんがたくさん声を出しているので、本編を一度見てからこの“アトラクション上映会”に参加するのがおススメ! 一度見てから参加することで、衛兵の皆さんと一緒により盛り上がれると思います。

heine_005

 ラストは最初に教わった振り付けで、エンディング主題歌『”友達 以上×敵 未満“』をみんなで踊ると閉演に。まるで王城の舞踏会に参加しているような気持ちになれました♪

 まさしく全身で『王室教師ハイネ』の世界を体感した60分。衛兵の皆さんのお見送りで現実の世界へと戻っていきます。名残惜しい。

heine_002

 開催は2月16日、22~24日と、日程が限られています。現在2月16日のチケットが発売中なので、ぜひチェックしてみてください!

アトラクション上映会、チケットの詳細は公式サイトにて

heine_004

heine_007

DATA
■劇場版『王室教師ハイネ』

公式サイト:https://heine-movie.com

ROAD SHOW:2月16日~

STAFF:
原作=原作:赤井ヒガサ(掲載 月刊『Gファンタジー』スクウェア・エニックス刊)
監督=菊池カツヤ
シリーズ構成=うえのきみこ
アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督=奥山鈴奈
音響監督=郷田ほづみ
音楽=井内啓二
アニメーション制作=ティアスタジオ

CAST:
ハイネ=植田圭輔
カイ=安里勇哉
ブルーノ=安達勇人
レオンハルト=廣瀬大介
リヒト=蒼井翔太
イヴァン=橋本祥平
ユージン=阪本奨悟
ヴィクトール=森川智之
アインス=小野大輔
ローゼンベルク=江口拓也
マクシミリアン=立花慎之介
ルートヴィヒ=浪川大輔
ロマーノ国王=郷田ほづみ

©赤井ヒガサ/ SQUARE ENIX・劇場版「王室教師ハイネ」製作委員会