安元洋貴&田中理恵が魅力を語る! 映画『アクアマン』最速応援試写会レポートが到着

2019.02.07 <PASH! PLUS>

 ド派手とド迫力を追求し、カーアクションシリーズの最大ヒットを記録したアクション超大作『ワイルド・スピード SKY MISSION』を手掛け、今最もその最新作が期待されるジェームズ・ワン監督の最新作『アクアマン』。本作の日本公開を記念して、主人公アクアマンの日本語吹き替え声優を務めた安元洋貴さんと、アクアマンの相棒にして最強の美女メラの吹き替えを務めた田中理恵さんが登壇した“『アクアマン』公開直前!女性限定 最速応援試写会イベント”が開催。レポートが到着した。

aquaman_001

 会場内に、安元さんと色鮮やかな紫のロングドレス姿の田中さんが登場すると、場内からは大きな拍手と歓声が巻き起こった。

 安元さんは、オファー時の感想を問われ、 「アクアマンを演じたジェームズ・モモアは“ゲーム・オブ・スロ ーンズ”で知っていたのですが、いざ演じてみると、あードラマに出ている人だ! と最初は緊張しましたね。でもアクアマンは男からみてもカッコいいキャラクターだと思います。声優としていい背伸びをさせてもらったと思います。」とコメント。田中さんは「実は映画のヒロインを演じるのは初めてなんです。アニメとは全く違うので、いろんな映画の吹き替え版を観て、自分なりに試行錯誤しました。あと、アンバーさんの声はわりと低めの声なので意識をしましたね。」 と語った。

 続けて「見終わった後の爽快感がとてつもないんです! それでいながら、ドラマが収まるところにちゃんと 収まるように作られている。皆の期待にしっかりと応えながら、それを超えてくるところが凄いんです!」(安元さん)、 「『ワイルド・スピード SKY MISSION』のジェームズ・ワン監督の海中バトルも大迫力なのですが、じつは家族の愛のドラマがあって、思わず感動してしまうんです。あと、兵士が乗っているタツノオトシゴや、大きいワニのような恐竜が凄い! ジュラシックパークみたい!」(田中さん)と2人は興奮気味に見どころを熱く語った。

 お2人が演じたそれぞれの役に関しては「最初に観た時に、アクアマンはとてもカワイイなと思ったんです。とてもチャーミング。ただいかついだけではなくて、ギャップが山ほどあるんです。驚きのタイミングでギャグを言うんですよ(笑)愛情が大きいキャラクターなんですよね。」(安元さん)、 「メラは凄く気高いくて、男にこびない。アクアマンを守ったりもするんです! それでいてデレの部分もあるんですよ。そして何よりキレイ!」(田中さん)と、その魅力を語りながらお互い深い愛着を垣間見せた。

aquaman_002

 本作の声優陣は、お2人以外にも中村悠一さん(オーム役)や、沢城みゆきさん(アトランナ役)、村瀬 歩さん(青年時代のアクアマン)など超豪華。実際のアフレコ収録に関して安元さんは「映画の見どころ中で、アクアマンとメラとの関係や掛け合いが魅力なので、一部で田中さんと一緒に収録できたことが本当に良かったです。他のキャストの方々も昔からお世話になっている方が多くて本当に幸せでした。大満足の吹き替えでしたね。珍しく中村悠一さんが、“先に録ったぜ!!”と連絡をくれたんですよ(笑)」と秘話を交えながら語ってくれた。

 アクアマンはそのワイルドな見た目とは裏腹に、仲間と家族想いの熱いヤツ。田中さんはそんなアクアマンを演じたジェイソン・モモアの大ファンだそうで、 「私は『ゲーム・オブ・スローンズ』からの大ファンなんですけど、その彼とはまた違うジェイソンがみれて本当に幸せでした! ワイルドなのにお茶目で、母性本能をくすぐられるんです! 思わずキュンキュンしますよ!」とジェイソンが演じるアクアマンにぞっこんであることを明かした。

 最後に安元さんは集まったファンに向けて「応援しなきゃと思うと難しいので、“リアクション大きめ上映”と思って下さい(笑)それでも難しい方は、上映後に「アクアマン、お疲れー!」とねぎらってもいいかも! あと、是非ドルフ・ ラングレンが出てきたら彼の名前を叫んでほしいですね!」と語り、まさかのラングレン押しに、会場は大いに沸いた。

 ド派手なカーアクションの次にジェームズ・ワンが選んだ舞台は海! 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のスタントチームとタッグを組み、海の中で縦横無尽に展開する海中バトル・エンタテーテイメントがここに誕生。『アクアマン』は2月8日全国公開となる。

DATA
■『アクアマン』

ROAD SHOW:2月8日~

STAFF:
監督:ジェームズ・ワン(『ワイルド・スピード SKY MISSION』)

CAST:
ジェイソン・モモア
アンバー・ハード
ニコール・キッドマン
パトリック・ウィルソン
ウィレム・デフォー
ドルフ・ラングレン

配給:ワーナー・ブラザース映画

© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & © DC Comics”