『コードギアス 復活のルルーシュ』NON STYLEがルルーシュ&C.C.コスプレ姿を堂々披露!? 完成披露試写会レポート到着

2018.12.26 <PASH! PLUS>

  2019年2月9日より上映される劇場版『コードギアス 復活のルルーシュ』。12月25日に行われた完成披露披試写会のオフィシャルレポートが到着した。

geass_015

 当日は、『コードギアス』シリーズの主人公で大人気のキャラクタールルーシュはスタイル抜群のイケメンキャラ(若干のナルシスト、、、?!)と巷で囁かれていることにかけ、同じく自らをイケメンと称し、さらに自他共に認めるコードギアスファンのNON STYLEの井上さんが登壇。さらに当日はゼロ(ルルーシュ)のコスプレをし主人公になりきって登場した。そして、本作のヒロイン・C.C.のコスプレ衣装で相方・石田さんも登壇! ハマると中毒になるといわれたコードギアスの魅力を井上さんが熱く語り、そのコスプレも相まって、大盛り上がりのイベントとなった。

geass_007

レポート

 2006年にTVシリーズとしてはじまった『コードギアス』シリーズの待望の続編が完全新作として復活をとげる。その名も『コードギアス 復活のルルーシュ』! クリスマスの12月25日、映画の完成披露試写会が行われ、イベントにはNON STYLEの2人が登壇した。

 石田さんはヒロインキャラ、C.C.の衣装を、井上さんは主人公ルルーシュのゼロ衣装を着て登壇。石田さんは、「井上さん、過去最高にかっこいいですよ、やっぱり顔が隠れてるとかっこいいですね。」とコスプレ姿の井上を絶賛(?)。井上さんも「似合いすぎててあんまり(つけている仮面を)取りたくないんですよね。」と、自身のコスプレに大満足の様子。

geass_001 geass_009 

 本作を「アニメも全話を2回観ていて、映画も観させて頂いている」くらい大ファンだという井上さんは、「僕はアニメシリーズもすべて観ていますし、今回もかなり楽しみです。」と、完成を心待ちにしていた模様。対する石田さんは「僕は初心者です。これを着たのは、たぶん僕が白いからです。やっぱり僕が普段“白い”っていうのと、“復活”ということには縁がある井上でのオファーだと思います。“白い”と“復活”で“NON STYLE”ということで。」と、作品については初心者ながらオファーを受けた理由を推測した。

geass_004

 石田さん扮する C.C.は物語のカギを握る重要なキャラクターで、「お前のコスプレしてるキャラはかなり重要なキャラクターやからね。お前のキャラがいなかったら俺(扮しているキャラクター・ルルーシュ)はギアス(ルルーシュの持っている特殊な能力)を受け取ることもできなかったから。」と、キャラクターに完全に入り込んで熱く語った。

geass_005

 「学生時代、Hi-STANDARDというバンドが好きで、それが『ハイスタ』と略されていたので、そんな風に略されるコンビ名がいいなぁと思い、“NON STYLE”とつけたんですが、もう“ノンスタイル”というコンビ名も“ギアスタイル”に変えて、“ギアスタ”と呼んでいただきたいと思います。」と、井上さんからまさかの改名宣言(!?)まで飛び出した。

 アニメシリーズのエンディングでメインキャラクターのルルーシュはすでに最期を迎えており、タイトルの『復活のルルーシュ』というものがどんなものを意味しているのか、ということも今作の重要な見どころの一つとなっている。ストーリー予想について聞くと石田さんは、「井上さんは“復活のナルーシュ”ですからね。」とボケをさく裂。井上さんは、「今回新しくいろんな敵も出てきますし、そしてC.C.がどんな立ち位置になるのかも分からないですもんね。僕もまだ観ていないので、どうなるかはわからないですが、個人的にはやっぱり、ちゃんとどんな形であれルルーシュが見たいですね。そこの“復活”を楽しみにしています。」とコードギアスファン代表として期待を語った。

geass_002 geass_003

 それぞれ相方に対して“反逆したいな”と思うことについて聞かれると、井上さんは、「石田さんは結婚して子どもがいて、幸せアピールがすごいので、最終的には僕の方が幸せになりたいですね。」と石田さんに対してライバル心を燃やすと、石田さんも「信じられないくらいの差をつけてゴールしたいと思います。」と対抗。すると井上さんは「そしたら俺は最終的にギアス(ルルーシュの持っている“絶対遵守”という特殊能力)を使って服従させます!」と反論すると、「ほら、“ギアスをかけて”とか現実逃避が始まってます! もうその時点で圧勝でございます。」と返し、井上さんの完敗と言う形で勝負は決着した。

 そして裏表のある主人公にちなんで、お互いの裏の顔について聞かれると、石田さんは「言ったら絶対に問題になると思うんですけど…こいつこう見えて…本当に言っていいのかな、こう見えてこいつ、ちゃんと納税してます。」と渾身のボケを披露。そして、井上さんは「ふるさと納税までしてるわ!! 年金もきっちり払ってる。」とつっこみつつ、真面目な一面をアピール。「2月14日~3月14日の間すごいがんばるもんな。確定申告。」と、石田さんも応戦し、コンビの息の合ったトークで会場の笑いを誘った。

 トークショーも終盤になり、井上さんから『コードギアス』の名ゼリフを一言もらうことに。「いっぱいあるんですよね、名ゼリフ。じゃあ好き なのを一つ…。“王様から動かないと部下がついてこないだろ…?”」と自身が扮したルルーシュの名ゼリフを全力で披露すると、会場の空気を感じ取った井上さんは「言われたからやっただけや!」とつっこみつつ、「これが大事やねん。ゼロであるルルーシュが一番頑張るストーリーやから。一番頑張るし、悪でもあるし、正義でもある。すべてを担ってんねや!」と最後まで作品に対する愛を叫び続けた。

 最後に、石田さんは「今後の漫才衣装はこれにしたいと思います。」と、井上さんは「バトルもそうですが、心理戦もあり、各々の悪、各々の正義が入り乱れるのが皆さんそれぞれの意見があると思うので、観終わった後、賛否両論語り合うのがこの『コードギアス』の魅力だと思っています。ぜひ今日は観た後大いに語り合っていただけたらと思います。」と作品をアピールし、大盛り上がりの中イベントは終了した。

geass_006

DATA
■劇場版『コードギアス 復活のルルーシュ』

公式サイト:http://www.geass.jp/R-geass/
公式Twitter:@GEASSPROJECT

ROADSHOW:2019年2月公開(全国約120館予定)
【配給】 ショウゲート

STAFF:
監督=谷口悟朗
脚本=大河内一楼
キャラクターデザイン原案=CLAMP
キャラクターデザイン=木村貴宏
ナイトメアフレームデザイン原案=安田 朗
ナイトメアフレームデザイン=中田栄治
メカニカルデザイン・コンセプトデザイン=寺岡賢司
メインアニメーター=木村貴宏・千羽由利子・中田栄治・中谷誠一
美術監督=菱沼由典
色彩設計=柴田亜紀子
撮影監督=千葉洋之
編集=森田清次
音響監督=井澤 基・浦上靖之
音楽=中川幸太郎
配給=ショウゲート
製作=サンライズ、コードギアス製作委員会

CAST:
C.C.=ゆかな
スザク=櫻井孝宏
ナナリー=名塚佳織
シャリオ=村瀬 歩
シェスタール=島﨑信長
ビトゥル=高木 渉
シャムナ:戸田恵子
フォーグナー:大塚明夫
クジャパット:津田健次郎

©SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design ©2006-2018 CLAMP・ST