福山 潤、宮野真守らメインキャストが舞い踊る! 年末特番放送日時も明らかになったTVアニメ『ペルソナ5』スペシャルイベント

2018.12.20 <PASH! PLUS>

 『PERSONA5 the Animation』“Masquerade Party ~Detective Daylight~ & ~Phantom Midnight~”スペシャルイベントが、11月25日(日)、東京・オリンパスホール八王子にて開催された。

20181125_p5_018

 福山 潤さん(雨宮 蓮役)、宮野真守さん(坂本竜司役)、水樹奈々さん(高巻杏役)、大谷育江さん(モルガナ役)、杉田智和さん(喜多川祐介役)、佐藤利奈さん(新島真役)、悠木碧さん(佐倉双葉役)、戸松 遥さん(奥村春役)、保志総一朗さん(明智吾郎役)らメインキャストに加え、MCとしてハライチ・岩井勇気さん、オープニング・エンディングテーマ歌唱のLynさんが登壇。朗読劇やバラエティーコーナー等が実施された。ここでは、“Detective Daylight”と題された昼の部の模様をお届けする。

福山さんの「いい“滑り出し”」からイベントは幕開け! 心の怪盗団が金城の残党狩りに動き出す!

 この日、イベントのMCを務めたのは『純喫茶ルブラン屋根裏放送局』でのMCも担当しているハライチ・岩井さん。本イベントタイトルである“Masquerade Party”にちなみ、「日々の生活で被っている仮面をお外しください」と現実世界からの隔絶をアテンドすると、メインキャスト陣がステージに登壇。優雅なBGMに乗せてバレリーナ風、正拳突き、謎のダンス(?)など個性的な振る舞いで登場するキャスト陣の姿に会場からは早くも笑いがこみ上げていた。

20181220_p5_002 20181220_p5_003

20181220_p5

20181220_p5_005 20181220_p5_006

 TVアニメ 『ペルソナ5』のキャスト陣がステージに集結するのは、今年3月に行われた“Anime Japan 2018”ぶり。TVアニメ『ペルソナ5』の世界を彩る豪華キャスト陣が集結する姿は圧巻であったが、自己紹介コーナーにて1番手を飾った福山さんが「紳士淑女」を「しんししゅくしゅくじょ」と噛んでしまうと、キャスト全員がズッコケたコミカルな姿には思わずほっこり。そして福山さんも「いい“滑り出し”ですね」と軽妙な一言とともにニヤリ。最高の“滑り出し”にこの日のイベントの行方にワクワクが募る。

20181220_p5_047

 

20181220_p5_007

 本編映像&本イベントビジュアルを織り交ぜたOPムービーを経ると、キャスト陣による朗読劇へ。渋谷にて若者をターゲットにしたマルチ商法被害の内偵を行っていた明智。犯行グループが金城の残党であることを突き止めると、拠点にしているクラブにて開催される“Masquerade Party”へ潜入すべく、情報や招待状を入手する。一方、雨宮たち“心の怪盗団”の掲示板“怪盗お願いチャンネル”にもマルチ商法被害にあった若者から助けを求めるメッセージが届いていた。雨宮は明智の助けを借り、共にパーティー会場へと潜入することに。

20181220_p5_009 20181220_p5_036 20181220_p5_038 20181220_p5_035 20181220_p5_032

 無事にパーティー会場へ潜入した怪盗団。会場入り口で配布された“仮面”を着用するも、喜多川は「美しくない」、双葉は「ダサい」と気に入らない様子。竜司にいたっては「俺たちは“仮面”にはこだわりがあるんだけどな!」と零すと、会場に同意を求めるような視線を送っていた。少々不満げな怪盗団であったが、同時に初めてのクラブにそわそわと落ち着かない様子。このままでは会場から浮いてしまうという明智の助言を受けた蓮は、「場の雰囲気に溶け込もう」と紫のレーザービームが降り注ぐ中ノリノリでダンス! 

20181220_p5_031

 まるで『P5D』のようなダンスを披露する蓮(福山さん)に続き、モルガナ(大谷さん)、祐介(杉田さん)、双葉(悠木さん)は個性的なステップ、真(佐藤さん)は正拳突き、杏(水樹さん)はアイドル張りのダンスを披露。なかでも会場を沸かせたのは竜司(宮野さん)&春(戸松さん)コンビ。ステージ前方にまでせり出すと、マイケル・ジャクソンの『スリラー』を想起させるダンスや手を取りあってペアダンスを披露し会場を盛り上げた。

 怪盗団が思い思いのダンスを披露し、クラブに溶け込んだ頃、マルチ商法チームのボス・岩井さんが登場。今回が初の朗読劇参加だという岩井さんだったが、星柄のサングラスを着用すると「フゥー!」、「盛り上がってるかウェイ!」と渋谷系DJになりきり会場を沸かせていた。

 マルチ商法勧誘の現場を押さえたい怪盗団は、酔っぱらったふりで一味のターゲットになることをもくろむ。しかし、メンバーは全員高校生。酔っぱらった経験もなく、なかなか酔っ払いになりきれずにいた(杉田さんは「オロロロロ…」と見事な酔っ払いぶりを披露していた)。このままでは証拠を押さえられないと悩む怪盗団であったが、ベロベロに酔っぱらったゴシップ記者・大宅一子の姿を発見、マルチ商法チームに“VIPルーム”へと連行されるのを見つける。

無事にVIPルームに潜入できるのか? 結果によって朗読劇の内容が分岐するゲームに挑戦

 大宅が連行されたVIPルームへと潜入し、マルチ商法の決定的証拠を抑えようとする怪盗団は、VIPルームのパスワードを入手するためにゲームに挑戦! “パスワードを推理しろ! 9文字クイズ”と題されたゲームコーナーでは、3つのヒントをもとにクイズの答えを推理。9人のメンバーが1人1文字ずつ怪盗し、全員で1つの答えを導き出す。

20181220_p5_030

 このゲームは成功すればVIPルームに潜入できるルート、失敗すればVIPルームに潜入できなかったルートと朗読芸の内容が変わってしまう分岐点になっており、キャスト陣も「潜入するぞ!」と気合十分で挑んでいた。

 1問目では「円盤型で真ん中に穴が開いている」、「音楽に用いられる記録メディア」、「カラス除けにもなる」という3つのヒントをもとに推理。トップバッターの福山さんが1文字目は「シ」と回答すると、キャスト陣&会場からは「本当に!?」と総ツッコミ。

 その反応を見た福山さんは「コ」に回答を変更するファインプレー(?)もあり、正解の「コンパクトディスク」を導き出すことができた。なお、最初に「シ」であると回答した福山さん。その理由は「CDプレイヤーだと思っていた」と回答すると、宮野さんから「CDプレイヤーをカラス除けにしてるの!?」と突っ込まれ「確かにね!」と思わず笑みを浮かべていた。

 続く2問目では「犬の種類」、「シベリアが原産地」というヒントに加え、答えである犬の画像が画面に映し出され、満場一致で「シベリアンハスキー」を導き出し正解を獲得。ここまで順調に進んできた心の怪盗団だが、「マルチ商法などを総括する言葉」、「うほが入る」、「くしょ」が入るというヒントが提供された3問目に大苦戦! 正解は「悪徳商法(あくとくしょうほう)」であったが、「れ・ず・と・し・し・☆・う・ほ・う」と謎の呪文が誕生。

20181220_p5_029 20181220_p5_028 20181220_p5_027 20181220_p5_026 20181220_p5_024 20181220_p5_023 20181220_p5_022 20181220_p5_021 20181220_p5_020

 以降、キャスト陣は隙あらば「れずとしし☆うほう!」と唱えるなど昼の部の流行語になっていた。そして、最終問題となる4問目。ここで外してしまうとVIPルームへの潜入は失敗となる大事な局面であったが、「イソップ寓話」、「動物の名前が入る」、「嘘ばかりついていると本当のことを言っても信じてもらえない」という3つのヒントから正解の「オオカミ少年」を導き出し、見事VIPルーム潜入のためのパスワードを獲得してみせた。

20181220_p5_019

20181220_p5_025 20181220_p5_041

蓮と明智、2人の対決の行方は年末へと繋がる

 再び朗読劇パートへ。パスワードを入力する場面では、真(佐藤さん)が「れずとしし☆うほう」と入力し会場を笑わせつつも、無事にVIPルームへと潜入。そこにはマルチ商法の勧誘を受け、サインを押すことを促されている大宅の姿があった。このマルチ商法では“おはだすべすべサプリメント”を扱っており、大宅は渡されたサプリメントを酔いの勢いで口にしてしまった……と思いきや、大宅も調査のために潜入しており、サプリメントを飲んだ振りをして証拠として持ち帰ろうとしていることが判明。

 証拠を手に入れ、その場から退散しようとしていた大宅であったが、ICレコーダーを落としてしまい潜入していることがボスにバレてしまう。怪盗団は、囚われた大宅を救出するべく動き出すと、無事に大宅を救出。その後、メメントスに潜りボスのシャドウも撃退し、マルチ商法を撲滅することに成功する。なお、怪盗団に撃退されたボス(岩井さん)の悲鳴が響き渡ると、会場からは堪えきれないといわんばかりの笑い声があちこちから聞こえていた。

 晴れて事件を解決した怪盗団。場面はルブラン店内へと変わり、そこにはチェスを楽しむ蓮と明智の姿があった。盤面上で駒を交わしながらも、“なぜ怪盗をするのか”、“なぜ探偵になったのか”を問いかけあう2人。表面上は穏やかに見えるが、その内側ではお互いの本心を探求しようとする思惑が感じられた。

20181220_p5_018 20181220_p5_017 20181220_p5_016 20181220_p5_013

 そして、盤面上で明智がチェックメイトを決め勝負は終結。蓮は「次はかならず勝つ」と誓うと、朗読劇は終了。会場内には心地よい緊迫感が漂っていた。 そんな緊迫感を高めるかのように、LynさんがOPテーマ『BREAK IN TO BREAK OUT』、そしてEDテーマ『INFINITY』を披露。魂を揺さぶるようなパワフルな歌声に、会場はしばし酔いしれた。

20181220_p5_039 20181220_p5_040

 イベントのエンディングでは12月30日にスペシャル特番『Dark Sun…』が放送されることが明らかに。TVシリーズ最終回が不穏かつ続きが気になるラストを迎えていたが、この特番にてTVシリーズでの出来事が解決されるのか否か。すでに収録を終えているというキャスト陣は「楽しみにしていてほしい」とメッセージを届けると、会場の期待を膨らませていた。

20181220_p5_048 20181220_p5_043 20181220_p5_044 20181220_p5_045

 ラストは福山さんの「本日は誠にありがとうございました!」の挨拶に合わせて、会場内に金銀テープが飛び交い、華やかなままにイベントの幕が閉じた。

20181220_p5_046

DATA
■『PERSONA5 the Animation』

公式サイト:http://p5a.jp/
公式Twitter:@P5_anime
ゲーム公式サイト:http://persona5.jp/
ゲーム公式Twitter:@p_kouhou

STAFF:
原作=『ペルソナ5』(アトラス)
ストーリー原案=橋野 桂
キャラクター原案=副島成記
悪魔デザイン原案=金子一馬
監督=石浜真史
シリーズ構成=猪爪慎一
キャラクターデザイン=石川智美
音楽=目黒将司
制作=CloverWorks

CAST:
雨宮 蓮(主人公)=福山 潤
高巻 杏=水樹奈々
坂本竜司=宮野真守
モルガナ=大谷育江
喜多川祐介=杉田智和
新島 真=佐藤利奈
佐倉双葉=悠木 碧
奥村 春=戸松 遥
明智吾郎=保志総一朗

■アプリ『PERSONA O.A.(ペルソナ オーエー)』
iOS版のダウンロードはこちら
Android版のダウンロードはこちら
ジャンル:『ペルソナ』シリーズ公式サポートアプリ
価格:完全無料
対応環境:iPhone5S以降、Android5.0以降

©ATLUS ©SEGA/PERSONA5 the Animation Project

タグ