宮野真守アニバーサリーライブのレポートが到着。オリジナルソングやカバーソング、キャラソンなどで熱気に満ちたライブに

2018.09.10 <PASH! PLUS>

 宮野真守さんが今年アーティストデビュー10周年を迎え、“宮野真守アニバーサリーライブ ~REQUEST II~”が開催された。

miyano_001

 このライブはファンからのリクエストを元に、オリジナルソングはもちろん、宮野真守さんが選曲した他ではなかなか聴くことのできないカバーソングやキャラクターソングを披露するスペシャルなライブ。本記事ではオフィシャルレポートをお届けする。

 横浜アリーナは、宮野さんからの尽きせぬ感謝の気持ちと、会場を埋め尽くしたファン約12,000人の大きな愛で包まれた。

 ステージ後方からストライプスーツに身を包んだ宮野さんが登場すると、客席からは割れんばかりの大歓声が上がる。

 「それでは行きましょう!」の合図で『SUN』からスタート。軽快なリズムに合わせ会場は一気にヒートアップ。まさに宮野真守さんのライブを象徴するような愛ある空間が早くも1曲目から広がった。

 2曲目は、宮野さんが敬愛するアーティストの曲『僕は君に恋をする』が披露された。ピアノアレンジの柔らかな音色と宮野の優しくも叙情的な歌声が観客の心を震わせてゆく。

miyano_002

miyano_003

 3曲目は宮野さんがリク役を務めたPS2用ゲームソフト『キングダム ハーツ』の主題歌となっている『HIKARI』をジャズ、ネオソウルなどの要素を取り入れた斬新なアレンジで披露。

 続いては、宮野さんが中学生時代に初めてバンドで歌った楽曲『星になれたら』。宮野はブルースハープを取り出し、青春時代を思い出したかのような笑顔で演奏をし、ファンを沸かせた。

 興奮冷めやらぬ中、次に披露したのは宮野さんが主人公“刹那・F・セイエイ”を演じた『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』の主題歌となっている『クオリア』。響き渡る絶唱は次第に神がかり的な力を帯びていった。

 カバーソングを終え、『文豪ストレイドッグス』太宰 治キャラクターソング『永遠未遂にグッド・バイ』、『ちはやふる』真島太一キャラクターソング『何度も生まれては消えていく雪のようなもの』、『Free! -Eternal Summer-』松岡 凛キャラクターソング『Over the Dream』を熱唱し、会場を熱気の渦に巻き込んでいった。

miyano_004

 バンドメンバー・ダンサーの紹介を挟み、宮野さんは全身白の衣装に着替えて再登場した。

miyano_005

 オリジナルソングを歌う後半戦は3rdアルバムから『EGOISTIC』と1stアルバムから『BE』を2曲続けて披露。まさにリクエストライブならではの選曲に観客のボルテージはさらに急上昇していく。

 11曲目には、宮野真守さん名義として初めてリリースした『久遠』を披露。ライブで歌うのは2009年の1stライブ以来となり、ファンからは驚きと喜びの歓声が。

 続く『FOREVER LULLABY』は情感たっぷりに歌唱し、メロディーに寄り添いながら歌の世界観に引き込んでいった。

 13曲目は『SUPER★SOUL』。トロッコに乗って、ファンたちへ感謝を込めながら手を振り、アリーナ外周を進んでいくと、観客はペンライトとタオルを回しながらそれに応え、『SUPER★SOUL』のコールでさらに会場が盛り上がっていった。

 本編最後に披露されたのは『WONDER LOVE』。「みんな心を一つにこの曲を歌いましょう!」と笑顔で曲紹介した宮野さんは、ファンクラブ名となっている「Laugh and Peace」の歌詞の通り、ファンとの絆を確かめ合うように歌いあげ、名残惜しそうに一旦ステージを後に。

miyano_006

miyano_007

miyano_008

 鳴り響く「マモ」コールに応え、宮野さんが再登場。アンコール1曲目は『そっと溶けてゆくように」。切なくも繊細な歌声と表情、そして情熱的なダンスで見るものを魅了。曲のラストには、宮野さんの美しいビブラートと息遣いが響き渡り、感動的な拍手が巻き起こった。

 「最高に盛り上がりたいと思うんですけどいいですか?』と観客に言葉を投げかけ、この日最後に披露されたのは、10周年を記念して制作された楽曲『EXCITING!』。10周年を一緒に楽しもうというコンセプトで作られ、今年のアリーナライブツアーのタイトルにもなっていた最新曲。キレのあるダンスと左右に指を差す振り付けで会場が一つになり、最高のフィナーレを迎えた。

最後の挨拶では、感謝の言葉と共に深々とお辞儀をし、ファンと歩んできた10年を噛みしめながら、ステージを去る瞬間までその空間を楽しんでいた。

  “アーティスト宮野真守”が築き上げてきた10年には、多くの出会いとファンや仲間たちの支えがあった。だからこそ辿り着くことができた“10周年”という一つの通過点。これからも彼らと共にトップランナーとして最前線を走り続けていくのだろう。

miyano_009

セットリスト

1.SUN<作詞・作曲:星野 源>

2.僕は君に恋をする<作詞・作曲:平井 堅>

3.HIKARI < HIKARI / SIMPLE AND CLEAN Words and Music by Hikaru Utada>

4.星になれたら <作詞:桜井和寿  作曲:桜井和寿・寺岡呼人>

5.クオリア <作詞:TAKUYA∞ 作曲:UVERworld>

6.永遠未遂にグッド・バイ <作詞:真崎エリカ 作曲:桑原 聖/文豪ストレイドッグス・太宰 治キャラクターソング>

7.何度も生まれては消えていく雪のようなもの <作詞:石川智晶 作曲:安岡洋一郎/ちはやふる・真島太一キャラクターソング>

8.Over the Dream <作詞:こだまさおり 作曲:R・O・N/Free! -Eternal Summer-・松岡 凛キャラクターソング>

9.EGOISTIC <2012>

10.BE <2009>

11.久遠 <2007>

12.FOREVER LULLABY <2013>

13.SUPER★SOUL <2012>

14.WONDER LOVE <2010>

ENCOLE

15.そっと溶けてゆくように <2018>

16.EXCITING! <2018>

タグ