other_content

この夏は聖地巡礼へ! “一度は行ってみたいアニメの聖地”ランキング発表

2019.08.08 <PASH! PLUS>

 “会話が楽しいとお出かけはもっと楽しい!”をコンセプトに“今気になること”を調査するWebサイト『イマダネ by デカケルJP』より、“一度は行ってみたいアニメの聖地”についてのアンケート結果が発表された。

seichi_001

ランキング1位~5位

1位:文豪ストレイドッグス/神奈川県横浜市
2位:『エヴァンゲリオン』シリーズ/神奈川県箱根町
3位:艦隊これくしょん -艦これ-/神奈川県横須賀市・広島県呉市 他
3位:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 /埼玉県秩父市
4位:『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 』シリーズ/千葉県千葉市
4位:花咲くいろは/石川県金沢市(湯涌温泉)
4位:ゆるキャン△/山梨県身延町
4位:氷菓/岐阜県高山市
5位:ガールズ&パンツァー 最終章/茨城県大洗町

 実在した文豪たちがモデルのキャラクターが多数登場する『文豪ストレイドッグス』は、3期にわたり製作された人気作品。横浜の観光名所が背景として頻繁に出てくるので、キャラのコスプレでシーンの再現写真を撮るために訪れる人もいるようだ。

 次いで、来年公開の最新作『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』が今話題の『エヴァンゲリオン』シリーズが2位をマーク。作品の舞台は神奈川県箱根町、作中に出てくる“第3新東京市”は芦ノ湖北岸の仙石原あたりがモデルとなっていて、箱根町観光協会も“箱根補完マップ”を制作するなど(現在は入手不可)、ファンの誘致に力を入れている。

 

 昨年6月にも同じく“行ってみたいアニメの聖地”について調査が実施されたが、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』と『花咲くいろは』は今回と同様、5位内にランクイン。この2作に共通する点は、いずれも自治体が率先して“聖地”活性化に取り組んでいるところ。作中の架空の祭を再現したり、作品の世界観を追体験できるというのが聖地巡礼の醍醐味として根強い人気につながっているようだ。

【調査概要】
HORANE調べ
調査対象:10~40代の男女
調査期間:2019年6月

5位以降の結果はコチラをチェック!

■イマダネ
公式サイト:http://dekakeru.jp/neta/?pr=prtimesneta

■デカケルJP
公式サイト:http://dekakeru.jp/?pr=prtimesdekakeru

タグ