other_content

中村悠一、梶 裕貴、沢城みゆきら出演『Chèvre Note~シェーヴルノート~』が閉幕

2019.01.13 <PASH! PLUS>

 ソニー・ミュージックエンタテインメントが藤沢文翁と立ち上げた音楽朗読劇ブランド「READING HIGH」の第三回公演『Chèvre Note〜シェーヴルノート〜』が、1月12日(土)、13日(日)、舞浜アンフィシアターにて延べ8,000人を動員し幕を閉じた。

SN_20190113_all

 中村悠一さん、梶 裕貴さん、沢城みゆきさん、梅原裕一郎さん、津田健次郎さん、諏訪部順一さん、大塚明夫さんの7名の実力派キャストの熱演と、READING HIGH史上最多となる13名 編成のオーケストラの生演奏で舞台を盛り上げると、観客が万雷の拍手を送った。

SN_20190113_nakamura
SN_20190113_otsuka

SN_20190113_stage1

SN_20190113_sawashiro

SN_20190113_orchestra2

SN_20190113_umehara

SN_20190113_tsuda

SN_20190113_suwabe

SN_20190113_stage2

 

SN_20190113_kaji

SN_20190113_orchestra1

SN_20190113_stage2

 百年戦争末期、疲弊したフランス軍を導いたとされる奇跡の乙女ジャンヌ・ダルクの正体は、実は神 託など受けていないただの詐欺師の少女で、誰かの書いた筋書きを演じていた、というところから物 語は始まる。ジャンヌ・ダルク軍を取り巻く人々と悪魔が織りなすダークファンタジーは、荘厳な舞台 セットのほか、照明や炎などの特効を駆使した演出によって妖しくも美しく表現された。

 今作では公演チケットが早々に入手困難となったことを受けて、千穐楽公演はライブビューイングを 実施。全国34箇所の映画館と、香港・台湾にも公演の映像を生中継した。

 なお、公演内容を収録した映像商品(DVD/BD)が2019年7月24日に発売決定し、現在アニプレック スプラスやアニメイトにて予約受付中。舞台の感動を自宅で何度でも振り返ることができる、 READING HIGH初の映像商品となる。

≪公演概要≫

■タイトル:Chèvre Note~シェーヴルノート~

Story from Jeanne d’Arc

■会場:舞浜アンフィシアター

■公演日:2019年1月12日(土)、13日(日)

 1/12(土)

昼 開場13:45 / 開演14:30 夜 開場18:00 / 開演18:45

1/13(日)

昼 開場12:45 / 開演13:30 夜 開場17:00 / 開演17:45

■原作・脚本・演出:藤沢文翁

■音楽監督:村中俊之

■キャスト:中村悠一(ジル・ド・レ)、梶 裕貴(アランソン公)、沢城みゆきジャンヌ・ダルク)、梅原裕一郎(ラ・イル)、津田健次郎(シャルル7世)、諏訪部順一(リッシュモン大元帥)、大塚明夫(グラシャ=ラボラス)

■制作:株式会社Zeppライブ

■主催:株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント

公式Webサイト: http://readinghigh.com/chevrenote/

タグ