other_content

『ヒプマイ』本職ラッパーが『Fling Posse VS 麻天狼』を本気レビュー!寂雷先生と乱数くんの関係が面白い!

2018.10.07 <PASH! PLUS>

【第3回】Fling Posse・麻天狼 『Fling Posse VS 麻天狼』をレビュー

 PASH!9月号(8月9日発売号)に掲載され大好評だったラッパー・GOLBY氏による『ヒプノシスマイク』の解説をPASH!PLUSでは特別に連載でご紹介! 第3回目はFling Posse・麻天狼 『Fling Posse VS 麻天狼』のレビューをお届け。

20180926_hip_001

教えてくれるのはこの人!ラッパー・GOLBY氏

20180926_hip_002

 GOLBY(@GOLBY_TRINITY):唯一無二の堅いRhymeを武器に数々のMC BATTLEでその名を全国へ轟かせているMC。2015年「戦極MC BATTLE 第11章 関西無双編」王者、2018年「戦極MC BATTLE crossover」優勝。

【過去の記事はコチラ】

■『ヒプマイ』本職ラッパーがシンジュク・ディビジョン『麻天狼-音韻臨床-』を本気レビュー!

■『ヒプマイ』“MCバトル、レペゼン”ってなに?今さら聞けない疑問から韻を踏むコツまでラッパー・GOLBY氏がまるっと解決!

■『ヒプノシスマイク』PASH!9月号ではGOLBY氏がMCバトルの世界を解説!ラッパー目線の「Buster Bros!!! Generation」レビューも

■8月号掲載の『ヒプノシスマイク』ラッパ我リヤ、弥之助、KEN THE 390ら「Fling Posse VS 麻天狼」作詞家インタビューはコチラ

【第3回】「Fling Posse VS 麻天狼」をレビュー!

20180929_hip_002

■M1. BATTLE BATTLE BATTLE
作詞:KEN THE 390 作曲・編曲:RhymeTube

 こちらの曲は、シリアスな戦いではなく相手を小ばかにした技術のぶつかり合いというイメージを抱きました。遊び心をもってバトルを楽しんでいる感じがします。そのあたりは、WARとBATTLEのちがいなのかもしれません。WARは戦争ですが、こちらはスポーツみたいな。実際に、今はMCバトルがスポーツ化していると言われているんです。昔はMCバトルでのディスがいざこざに発展してしまうこともあったのですが、今はバトルが終わったら握手して「さっきはごめんなさい」と言ってくる若い子も多くなってきました。

 あと、この曲は乱数くんと寂雷先生の関係が面白いと思っていて。寂雷先生が当を得たことを言っても、乱数くんに軽いノリでいなされてしまうと、どんどん寂雷先生の威厳がなくなって言葉が安くなってしまうんです。たとえば「クランケ」って言ったのに全然関係ない「フランケン」とファニーに返されて、そこでお客さんが沸いてしまうと一気に「クランケ」が滑稽に見えちゃうんです。

 面白い力関係ですよね。でも、そうやって乱数くんが有利な空気を作っても、寂雷先生が最後まで自分のスタイルを曲げないと逆転してしまうことがあり得るんです。芯の通った者同士だと、最後の1ターンまで勝敗が見えない、それがMCバトルの面白さでもあると思います。

■M2.Shibuya Marble Texture -PCCS-
作詞:弥之助(from AFRO PARKER)、作曲:Avec Avec・弥之助(from AFRO PARKER)、編曲:Avec Avec

 最近、こういうオシャレでポップなラップが増えていますね。若い子のほうが感性が豊かですし、USの流行を取り入れてカスタマイズしているんだなと感じます。器用で多才になっていて、そのへんはファッションデザイナーの乱数くんっぽいなと思いました。

■M3.Shinjuku Style~笑わすな~
作詞:Mr.Q・山○マン(ラッパ我リヤ)、作曲:安藤健作(noTOKYO)・hatch(Mellow Monk Connection)、編曲:ラッパ我リヤ

 寂雷先生っぽさはあるのですが、独歩と一二三のふたりとは少しイメージがちがっていて、ふたりが寂雷先生に合わせて頑張っている感じもします。作詞を担当されたラッパ我リヤさんは言わずと知れたレジェンドですが、この曲でも「我リヤ節」が炸裂していますね。

 3人の平均年齢が高いから、クラシックな感じになったのかもしれませんし、あえて新しいことをやらないという選択なのかもしれません。最先端をいくシブヤに対して、シンジュクはそんな軽薄なことはやらないんだという思いがあるのかも。若い子がうまくて器用なことをやるので、ベテランは自分のスタイルを貫いて、若い子たちの言葉がいかに軽いかを観客に伝える、というのは実際にあることですね。

 第4回目はラッパー目線による『BAYSIDE M.T.C』各楽曲をレビューをお届けします!お楽しみに!!

(※PASH!2018年9月号より抜粋)

そのほか全アルバム楽曲のレビューも掲載!
もっと詳しく知りたい方、
全文を読みたい方、
こちらをチェック!(Amazon)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

PASH! 2018年 09 月号 [雑誌]

■『ヒプノシスマイク –Division Rap Battle-』
公式サイト:http://hypnosismic.com/
公式Twitter:@hypnosismic

©King Record Co., Ltd.