MARGINAL#4「GiVeMe」高橋直純さんインタビュー「ぜひ、カラオケでも歌ってみてください」

2018.06.29 <PASH! PLUS>

この曲を手にした途端「パァー!!」っと未来に光が差し込んだように元気になれました

 7月25日に発売される、MARGINAL#4の11枚目のシングル「GiVeMe」より藍羽ルイ役・高橋直純さんの収録後インタビューをお届けします。聴きどころやおすすめのポイントなどをうかがいました。

20180612_mg4_001

藍羽ルイ役・高橋直純さん収録後インタビュー到着

20180612_mg4_004

――収録を終えてのご感想をお願いいたします。
 また新たに動き出した!! そんな感じですごくワクワクしました。自分としては珍しく4人のなかで一番最後の収録だったので、グループとしての一体感を存分に味わいながら歌えましたし、そこに自分の声が重なっていくと、よりいっそう、「あ!今みんなと一緒にいる!」っていう気持ちが強く出て幸せな収録でした。

――今回11枚目のシングルに収録される「GiVeMe」は、歌詞・メロディーともにお洒落&セクシーな楽曲ですね。そしてライブでも映えそうなダンサブルなナンバーですが、聴きどころやおすすめのポイントを教えてください。
 “力強さとセクシー”が共存しているので、入り込んで歌えそうなところが魅力的ですね。マジフォーの原点のような曲であり、さらに進化しているように感じられる歌曲という点でも楽しんでいただけると思います。難しそうに聞こえるのに、歌うととても楽しいので、ぜひ、カラオケでも歌ってみてください。楽しいよぉ~!

――カップリングナンバーである「光」の聴きどころ、おすすめのポイントを教えてください。
 ほんとに温かで、優しい光が降り注いでくるようなバラードで。メロディーにのせて歌っているんだけれど、まるで台詞を聴いているように言葉が耳に直接届くのがキュンとします。掛け合う部分が多くあるので、目を見ながら歌ったりするんだろうな……と思うと、より希望を感じます。

――ご自身から見て、本作はMARGINAL#4にとってどんな1枚に仕上がっていますか?
 声の重なりっぷりを聴くと、5年間、ともに歩いて来たんだな……という信頼と絆みたいなものが、強く感じられる作品になっていると思います。2曲ともきっと代表作になる! そんな予感がもうしています。

――最後に読者へのメッセージをお願いします。
 Big Bang Fesの後……。なんとなく寂しくてロス……みたいなとこ、なかったですか? 自分はそんな気持ちが強くあったんだけど。でも、この曲を手にした途端「パァー!!」っと未来に光が差し込んだように元気になれました。ぜひ、みなさん、この新しくて、マジフォーらしくて、そして明日が楽しみになるCDを、チェックしてくださいね。

■商品概要
タイトル:「GiVeMe」
発売日:7月25日
価格:1,782円(税込)
01:GiVeMe Vo.桐原アトム(CV.増田俊樹)、藍羽ルイ(CV.高橋直純)、野村エル(CV.KENN)、野村アール(CV.鈴木裕斗)
02:光 Vo.桐原アトム(CV.増田俊樹)、藍羽ルイ(CV.高橋直純)、野村エル(CV.KENN)、野村アール(CV.鈴木裕斗)
03:GiVeMe -off vocal-
04:光 -off vocal-

公式サイト:http://marginal4.net/single2018/

©Rejet/MARGINAL#4 FC