music_cd

『ヒプノシスマイク』PASH!9月号ではGOLBY氏がMCバトルの世界を解説!ラッパー目線の楽曲レビューも

2018.08.13 <PASH! PLUS>

MCバトルはお互い分かり合っているほうがやりやすい

 PASH!9月号では『ヒプノシスマイク』の特集を掲載しています。飴村乱数役・白井悠介さんと、神宮寺寂雷役・速水 奨さんのコメントや、本職ラッパーに聞くヒプマイMUSIC REVIEWなど内容盛りだくさん! ここではその特集のなかから、ラッパー・GOLBY氏による“MCバトル”の解説や、『ヒプマイ』各楽曲のラッパー目線でのレビューの一部をご紹介。

20180801_hip_003

■8月号掲載の『ヒプノシスマイク』ラッパ我リヤ、弥之助、KEN THE 390ら「Fling Posse VS 麻天狼」作詞家インタビューはコチラ

教えてくれたのはこの人! ラッパー・GOLBY氏

 唯一無二の堅いRhymeを武器に数々のMC BATTLEでその名を全国へ轟かせているMC。2015年「戦極MC BATTLE 第11章 関西無双編」王者、2018年「戦極MC BATTLE crossover」優勝。

20180813_hip_001

「実はお互いのことを分かり合ってるほうがMCバトルはやりやすいんです。」

――MCバトルでラッパー同士がディスり合っていますが、仲が悪いのかなど気になります。

 友達として仲は良いかもしれませんが、それぞれのスタイルを認め合ってはいないという印象です。MCバトルは、基本的には相手のターンで最後に言った言葉を使って応酬していく、会話のなかで戦うイメージで、『BATTLE BATTLE BATTLE』での職業否定や人格否定は、めちゃくちゃよくあるディスり方ですね。相手が本当に尊敬しているラッパーだったら褒め合いつつディスることもあります。「お前のことすごいと思ってるけど、最近のお前はなんだ?」みたいな。

 あと、『ヒプノシスマイク』のMCバトルだと「セルフボースティング(自己賛辞)」といって、自分がどれだけカッコいいかを言い合う形式も多いですね。勝つことと会場を盛り上げることが大前提なので、時には傷つけ、時に褒め合い、どうしたら盛り上げられるかを意識しています。文系の喧嘩みたいなイメージでしょうか。

 たまに本当に仲が悪い人もいて、揉めている状態でMCバトルであたってしまうこともありますが、そういうときってお互い遠慮してうまくいかないことが多いんです。なので、実はお互いのことを分かり合ってるほうがMCバトルはやりやすいんです。相手との相性がすごく大事で、実際の関係性がステージのうえでも反映されているんですよね。

 ちなみに、今はみんな仲いいですけど、数年前まではまったく仲がよくなかったですね(笑)。控室でも話さないし目も合わさない。でも毎週会って同じ気持ちを共有していると徐々に仲良くなってくるものなのだと思います。

必見! ラッパー目線の「Buster Bros!!! Generation」レビュー

20180813_hip_002

■M1. 俺が一郎/山田一郎(木村 昴) 作詞:好良瓶太郎、作曲・編曲:月蝕會議

 ラッパーの能力を表す五角形のチャートがあったら、一郎くんが一番バランスがいいと思います。チャートの項目は、ライム、リズム、フロー(ノリ方)、即興性、バイブス(アツさ)、でしょうか。まさに王道という感じです。ライムが自然で完成度が高いですし、木村 昴さんのステージング(ステージ上での振る舞い)を拝見して、ラッパーとして活動されている方なんだろうなと思いました。

■M2. センセンフコク/山田二郎(石谷春貴) 作詞・作曲・編曲:月蝕會議

 一郎くんに比べて、二郎くんのほうが長く韻が踏まれているというちがいがありますが、ノリ方は一郎くんと似ていると思います。尊敬する兄の一郎くんをラップの教科書にしているのかもしれません。

■M3. New star/山田三郎(天﨑滉平) 作詞・作曲・編曲:三浦康嗣(Sampling:「G線上のアリア」作曲:Johann Sebastian Bach)

 三郎くんだけ、上のふたりとは少しテイストがちがいます。この曲が3人のなかでは一番今ふうで、今MCバトルをしている若い子たちはこういう子がすごく多くて、遅いビートに自由に言葉を詰め込んだフローをするんですよね。まさしく現代っ子という感じです。もし現実で一郎くんと三郎くんがバトルしたら、たとえ一郎くんのほうがスキルがあっても、こういうビートだと三郎くんが勝つこともあると思います。僕はそれで若い子に何回も負けています。

 それと、イケブクロ・ディビジョンは3人の声のバランスがいいですね。「倍音」といって、低い音と高い音が合わさると気持ちがいい高さになるんです。低い人(一郎)と中間(二郎)と高い人(三郎)が合わさって無駄なく太い声になっている。この3人が兄弟という設定がすばらしいと思います。

(※PASH!2018年9月号より抜粋)

そのほか全アルバム楽曲のレビューも掲載!
もっと詳しく知りたい方、
全文を読みたい方、
こちらをチェック!(Amazon)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

PASH! 2018年 09 月号 [雑誌]

■『ヒプノシスマイク –Division Rap Battle-』
公式サイト:http://hypnosismic.com/
公式Twitter:@hypnosismic

©King Record Co., Ltd.