interview

PASH!+独占!! 舞台『アルカナ・ファミリアValentino』リベルタ役・大島 崚さんスペシャルインタビュー!(後編)

2015.12.23 <PASH! PLUS>

稽古初日を直撃! 後編では、稽古&ビジュアル撮影時の裏話からプライベートまでを聞いちゃいました♪

ⒸHuneX Ⓒ2015舞台アルカナ・ファミリア製作委員会

■スーツで決めた全員ショットに、ファン目線で興奮しました!

――これまでのビジュアル撮影や稽古のなかで、裏話があったらぜひ聞かせてください!
一番最初にビジュアル撮影をしたんですが、
フェリチータを中心に、男性キャストが八の字で立つ全員ショットがあって。

僕はもうファンの気持ちになっちゃって、むちゃくちゃ興奮しちゃいました!! 
スーツ姿でビシッと立つと、もうそれだけで絵になるんですよね。
お嬢役の中田美優さんも、「キャーッ!」ってなってました(笑)。
彼女は『アルカナ』の大ファンだったらしくて、この役に決まったこともすごく喜んでいましたね。

──フェリチータと各キャストの2ショット撮影もあったとか…?
ありました。
それぞれのキャラクタールートのなかにある
キュンキュンするようなカットを、実際に再現するかたちで撮影したんです。
そのなかでも、ルカとフェリチータの元の絵は、
2人の顔がめちゃくちゃ近いものだったんですね。
それで中田さんも健人も、OKが出たらすーぐ赤面しちゃって、
見ていて「かわいいやつらだなあ」と思いました(笑)。

――リベルタの撮影はどうでした?
リベルタのカットは、イスに隣り合わせで座って、
お嬢の頭を自分の肩口にもたれかけさせる、
高校生がするような青春っぽい感じだったんです。
それでいざ自分の番になったら、なんだかもうすごく緊張してしまって…!(笑)。
始まる前は余裕のつもりだったのに、「なんか固い」って言われてしまいました(笑)。
「すいません…ちょっと1回、1回ストップしていいですか!?」
ってお願いしたりしながら撮影に臨みましたね。
初対面でこんなに女性と近い距離で接するのは、ほんとにこの仕事特有といいますか、
実生活ではなかなかないことなので、役に入っていてもやっぱり緊張します。


タグ