interview

GoHands×鈴木信吾×金澤洪充が手がけるTVアニメ『W’z《ウィズ》』が放送開始! 両監督にインタビュー

2019.01.07 <PASH! PLUS>

 アニメーション制作会社GoHandsによる新作TVアニメ『W’z《ウィズ》』が放送スタート!

【W’z】新キービジュアル_軽

 第1話の放送をもって、本作の監督を『ハンドシェイカー』を手がけた鈴木信吾さん、金澤洪充さんが務めることが明らかに。

 本作の世界観、『ハンドシェイカー』との関係、主人公のキャラクター性など、気になるポイントをおふたりに伺いました!

ユキヤ役・福原かつみさんインタビューもチェック!

『ハンドシェイカー』との関係は? 注目のポイントは?

――第1話が放送され、ついにTVアニメ『W’z《ウィズ》』の世界観が明らかになりました。『ハンドシェイカー』の用語やキャラクターが登場するほか、“10年”というワードが確認できましたが、本作は『ハンドシェイカー』の続編という位置づけになるのでしょうか?

鈴木:『ハンドシェイカー』の登場人物は大人になって登場いたしますが本作は世界観を活かしつつメインキャラクターを一新した新作アニメとして制作しており、『ハンドシェイカー』を視た方も視ていない方も楽しめるようになっています。

金澤:前作のキャラクターよりも新たな世代を描いています。ですが『Wʼz《ウィズ》』を視ていただいた後に『ハンドシェイカー』を視ると新たなる発見があると思いますのでぜひ両方とも観てください。

――『ハンドシェイカー』と同じく鈴木信吾監督、金澤洪充監督の2名体制で制作されているとのことですが、『W’z《ウィズ》』制作の経緯をお聞かせください。

鈴木:皆様のお力添えで『ハンドシェイカー』自体が継続をさせていただけるセールスを出せたとの事で、メーカー様から続編のご相談を頂戴出来たのですが、その際に“チャレンジとして”今回の『Wʼz《ウィズ》』は全作品の主題の一つでありました。

 『ハンドシェイカー』という特殊能力者として使用が出来る自身の夢、希望を叶える為に相対する人間と戦う際に使用する武器(ニムロデ)と舞台(大阪)は使用して貰いたいが、それ以外は完全な別作品としてトライをして欲しいとのご依頼をメーカー様からお受けして制作をさせていただきました。

 金澤監督とは長年ご一緒させていただいていて、お互いに意見を交換しながら前向きに制作をすることが出来るので、私のほうは前回出来なかった演出やシナリオ構成管理から音響まで務めさせていただきました。

金澤:今回私の方は、外交面での対応は鈴木監督に任せて各スタッフへの指示指導を中心に務めました。

――『ハンドシェイカー』は男女のペアものでしたが、今回は男性同士のペアになるのでしょうか?

鈴木:ペアの性別にとらわれず、関係性やシチュエーションを重視した組み合わせになっております。

金澤:『ハンドシェイカー』よりバラエティに富んだコンビネーションを目指しました。

――本作の見どころ、注目のポイントをお聞かせください。

鈴木:登場するキャラクターは多岐に渡り非常に多いのですが、それぞれの関係性が絡み合って繋がっていくヒューマンドラマをぜひご覧いただけると幸いです。

金澤:どのような願いを込めて戦いに挑むのか、その結果何を得て何を失うのかを様々な視点で描いています。

wz_009

wz_001

wz_003

wz_004

――主人公のユキヤはどういったキャラクターになるのでしょうか?

鈴木:ユキヤ君は決して暗い訳ではないのですが、自分の主義を前面に出す事を避ける部分があります。人付き合いが苦手でうまく周りに馴染めない男の子ですが、DJとして、大好きな音楽を通じて自分を変えていこうとしているキャラクターです。

金澤:「やりたい事があるけれど上手くいかない、どうすればいいんだろう」。皆さんが必ず一度は考えた悩みを持っている少年です。

wz_020

――ユキヤはDJで、音楽が好きなようですが、作品としてもBGMには力を入れているのでしょうか?

鈴木:個人の感覚ですが、自身が映像演出をする際に音楽のリズム隊(ドラムスやベース音)がしっかりしていて、上物(メロディー)の音数が少ない音源が映像に当てはめた際にしっくり来ると言う感覚を持っておりまして、演出家として求めたい感覚と、今回の主人公のユキヤ君がDJで演奏するとした際に音源として違和感のないジャンルでの制作を音楽家様、プロダクション様にはご相談させていただいた形になります。

 『ハンドシェイカー』に続きGOON TRAX様にお願いさせていただきましたが、本当に心に響く素晴らしい曲ばかりで、元々作品前からCDを購入させていただいていたユーザーでもありましたので、毎日聞いています。

金澤:音楽は本当に疎いので語り辛いのですが、一言「とにかくかっこいい」と思います。ぜひ聴いてください。

wz_002

――アフレコ現場の様子をお聞かせいただけますか?

鈴木:役者の方達も皆様意気投合している感じで、常に明るく楽しい現場になっています。キャラクターへの熱の入れ込み方も凄くて、本当に生きたキャラクターになっていると思います。

金澤:音響スタッフ、そして役者の皆様のキャラに対する愛情を感じました。

――鈴木監督、金澤監督それぞれがお気に入りのキャラクターを教えてください。

鈴木:初めはぼんやりとこのキャラクターは面白いと思ったりしていましたが、回が進んでゆくとどのキャラクターも魅力があって全部好きになります。視ていただいた方も同じ感覚を味わっていただけると幸いです。

金澤:全員好きになってもらおうとスタッフ関係者と考えたので全員好きです。皆様愛でてください。

――最後に、見どころを含め読者の方へメッセージをお願いします。

鈴木:『Wʼz《ウィズ》』は幅広い年齢層のキャラクター達が共演する辛口な表現がありつつもどこか温かく、視ていただいた方がそれぞれに何かを感じる事ができる綺麗な作品になっていると思います。どうか最後までご視聴いただき、キャラクター達のドラマをご覧いただけると幸いで御座います。

金澤:大阪製の大阪舞台アニメを再び制作できるという事で、スタッフ一同気合と愛情を込めました。激しいバトルと優しい人情ドラマを最後まで楽しんでください。

wz_008

イントロダクション

 荒城ユキヤ、たぶん14歳。

 普段はひとりでDJやってます。

 親の影響で、小さい頃からハウスミュージックを聴いてたから……

 プレイ動画もちょこちょこアップしたりして。

 誰かに何かを伝えたい。認められたい、必要とされたい。

 けど、傷つくのは怖い。どこか噛み合わない日常……

 ある日、視聴数を稼ぎたくてやったことが、取り返しのつかないことになってしまった。

 「あの世界」からの生放送。

 それをきっかけにボクは狙われ、人の願いと、想いの渦に巻き込まれていく。

 自分ひとりではどうにもできない状況……

 でも、誰かと一緒なら―――。

登場キャラクター

■ユキヤ(CV.福原かつみ)

3月13日生まれ/うお座/170cm
 人付き合いが苦手で内向的な性格。趣味は音楽で、DJが好き。

wz_001

wz_002

■ミドリ(CV.増田俊樹)

9月7日生まれ/おとめ座/183cm
 若くして奥池グループの取締役になる。ある目的のために暗躍する。

wz_003

■セバ(CV.武内駿輔)

2月11日生まれ/みずがめ座/188cm
 名前は偽名。元は裏社会のヒットマン。

wz_004

■ガイ(CV.江口拓也)

11月28日生まれ/いて座/169cm
 登山と星に関しては人一倍詳しい。元気で人懐っこい性格だが、猪突猛進なので、迷惑がられることも。

wz_005

■マサタカ(CV.山上佳之介)

12月28日生まれ/やぎ座/166cm
 目標のためには手段を選ばない。理知的でおとなしく、狡猾な作戦を立てるのが得意。

wz_006

■フミユキ(CV.浪川大輔)

7月14日生まれ/かに座/183cm
 ユキヤが憧れるプロDJで、クラブを経営している。言葉が独特過ぎて何を言っているのか分からない。

wz_007

■レイジロウ(CV.福山 潤)

10月27日生まれ/さそり座/176cm
 ユキヤの父親。ミュージックエンジニアとして働いている。言葉は乱暴だが人情に厚い。

wz_008

■ハルカ(CV.藤田 茜)

4月1日生まれ/おひつじ座/155cm
 明るくて常にポジティブ。口癖は「前向きに」。

wz_009

■センリ(CV.水瀬いのり)

9月12日生まれ/おとめ座/155cm
 天真爛漫で甘えん坊。

wz_010

■ハナ(CV.種崎敦美)

5月10日生まれ/おうし座/154cm
 無口でクールな少女。

wz_011

■タマリ(CV.高橋未奈美)

7月21日生まれ/かに座/165cm
 のんびりした口調の天然スタイリスト。古着屋を経営している。

wz_012

■ユキネ(CV.日笠陽子)

11月8日生まれ/さそり座/169cm
 ユキヤの母で、ユキヤを溺愛している。実家とは離別状態。

wz_013

DATA
■TVアニメ『W’z《ウィズ》』
公式サイト:http://www.wz-anime.net/
公式ツイッター:@wz_anime(ハッシュタグ:#ウィズ)

放送情報: MBS/2019年1月5日より毎週土曜 26:38~
TOKYO MX/2019年1月5日より毎週土曜 25:30~
TVQ/2019年1月5日より毎週土曜 26:30~
BS11/2019年1月6日より毎週日曜 25:00~

配信情報:
MBS動画イズム
TVer
dアニメストア
ビデオパス
アニメ放題
U-NEXT
Hulu
TSUTAYA TV
ひかりTV

他にて2019年1月6日(日)正午より順次配信開始

STAFF:
原案=GoHands
原作=GoHands×Frontier Works
シナリオ構成=GoHands
監督=鈴木信吾・金澤洪充
シリーズ構成=金澤洪充
シナリオ=八薙玉造
キャラクターデザイン=内田孝行
総作画監督=内田孝行・古田 誠
プロップデザイン=岸田隆宏
メカデザイナー=大久保 宏
メインアニメーター=大久保 宏・立花昌之
美術監督=内藤 健
撮影監督=増本 由紀夫
音響監督=田中 亮
音響=グロービジョン
音響スタジオ=スタジオトロン
音楽=GOON TRAX
音楽プロデューサー=寿福知之
アニメーションプロデューサー=菊地貴紀
制作=GoHands

CAST:
ユキヤ=福原かつみ
ミドリ=増田俊樹
セバ=武内駿輔
ガイ=江口拓也
マサタカ=山上佳之介
フミユキ=浪川大輔
レイジロウ=福山 潤
ハルカ=藤田 茜
センリ=水瀬いのり
ハナ=種﨑敦美
タマリ=高橋未奈美
ユキネ=日笠陽子

©GoHands,Frontier Works/W’z-Project

タグ