フィギュアをより楽しめる至高のディスプレイケースが誕生

2017.06.08 <PASH! PLUS>

LED照明、水面のゆらぎを表現するモジュールなどの演出を楽しもう

 FORCOLLEより、モジュール構造のディスプレイケース『ディスプレ』が登場。現在FORCOLLEオンラインショップにて販売されている。

disp_007

 『ディスプレ』は、100mm×100mmのベースモジュールを最小単位としたモジュール構造により、コレクションのサイズにあわせてホビー感覚で組み立てることができる、新しい発想のディスプレイケース。

 ベースモジュールは、電極ジャックから電源がとれる“プラグインモジュール”と、LEDの面発光で光る“サーフェスモジュール”の2種類がラインナップ。これらのベースモジュールは床面/天井面に関係なく自由な組合せで連結することができ、コントロールボックスからの制御により照明演出も手軽に楽しめる。

 ノンスケールの小型フィギュアや 1/12フィギュアにちょうどいいサイズなので、コントロールボックスを組み合わせることでベースモジュール単体でも十分楽しむことが可能だ。

 ベースモジュールを台座としてお手軽に楽しめる『スターターキット』(価格:8,700円~)と、8種類の規定サイズと2種類のアクリル形状(4枚構成/立方体)から選べる『標準セット』(価格:4,700円~)など、ユーザーニーズにあわせて豊富なラインナップが用意されている。

disp_001

disp_010

disp_009

サイズが自由に拡張できる!

 小型フィギュアやシリーズモノのコレクションなど、アイテムが増えてきてもサイズの違うディスプレイケースを新たに増やすことなく、ベースモジュールを追加することで、サイズを自由に拡張することができる。フィギュアや大型プラモデルなどの照明演出や、壮大なジオラマ演出も可能だ。

LED照明などの演出機能が追加できる!

 プラグインモジュールにスポットライト型LED照明などの演出モジュールを配置したり、サーフェスモジュールの面発光LEDにより十分な明るさで照らしたり、コントロールボックスからそれぞれのベースモジュールに対し、9パターンの照明演出が楽しめる。

組合せ自由!ラインナップも続々追加!

 モジュール構造によるディスプレイケース『ディスプレ』は、サイズだけでなく、天井面/床面をお好みのベースモジュールで構成できる。今後ラインナップに追加予定の、プラグインモジュールから小型LEDに直接電源がとれる『ワンタッチLEDコネクタ』やモーター駆動による『ゆらぎモジュール』、『ターンテーブルモジュール』などの演出モジュールを組み合わせることで、ディスプレイの楽しみ方もさらに広がる。

disp_011

disp_012

ベースモジュール

■プラグインモジュール

 四隅の電極ジャックから電源がとれるモジュール。専用のスポットライトを電極ジャックに差し込むだけでスポットライトを点灯できる。また、今後発売予定の模型用LEDなどが集約できる『ワンタッチLEDコネクタ』を使用すれば、模型に埋め込んだLEDに直接電源を供給できる。

disp_002

■サーフェスモジュール

 内部に9個のチップLEDが配置された面全体が発光するモジュール。単体でも十分な明るさで照らすことができ、コントロールボックスの設定により照明演出の幅も広がる。

disp_003

■ブランクモジュール

 プラグインモジュールから電子基板を無くしたモジュール。サイズ拡張用としてプラグインモジュールの代替用に使用できる。※電子基板が含まれないため、通電用としては使用できない。

disp_004

コントロールボックス

■コントロールボックスSE

 『ディスプレ』の“頭脳”ともいえる、照明演出を制御するコントロールボックス。ベースモジュールへの電源供給だけでなく、ジョイントパーツで接続されたベースモジュールを9パターンの照明演出ができる。ステージ照明のような演出もお手軽に表現可能だ。

 また、集音マイクを内蔵し、声や音、周囲に流れる音楽に反応する“音センサー”による照明演出もできる。各ベースモジュールの裏面にある“IDナンバー”を設定し、コントロールボックスの“IDナンバー”で照明演出パターンを指定。1つのコントロールボックスで、ベースモジュールを最大10系統・18個までコントロール可能とのこと。

disp_005

【コントロールボックスSE照明演出パターン】

(0)消灯
(1)点灯:照明が継続点灯する。
(2)点滅:照明が一定間隔で点灯と消灯を繰り返する。
(3)ゆらぎ:照明の明るさが連続的に変化し、ゆらぎの効果を演出する。
(4)調光(調整):照明の明るさが段階的に変化する。
(5)調光(固定):4の照明の明るさを固定できるます。好みの明るさの時に5に設定する。
(6)ID順点灯(ループ):ベースモジュールに設定したID(番号)順に点滅を繰り返する。
(7)ID順点灯(リバース):6のパターンに、逆ID(番号)順の点滅が加わり、光の往復を演出する。
(8)音センサー1:周囲の音や音楽に反応し、ステージ照明のような光の効果を演出する。
(9)音センサー2:8と同様。マイク感度に違いがある。

サイズが選べる“標準セット”と“スターターキット”

 フィギュアなどの一般的なサイズにぴったりなディスプレイケースとして、8パターンのサイズから選べる“標準セット”がラインナップ。もちろん“標準セット”からの拡張も可能だ。

 また、小型フィギュアなどの台座として、ベースモジュール1個とコントロールボックスがセットになった“スターターキット”もラインナップに加え、ベースモジュール単体を追加することで自由に拡張できる。

【標準セット一覧】

※標準セットにはコントロールボックスおよびACアダプタは含まれない。

disp_013

アクリルサイズも拡張『アクリルセミオーダー』近日公開

 今後、好みのサイズのアクリル板を購入できるセミオーダーシステムも導入予定とのこと。

今後発売予定のラインナップ

 現在開発中の演出モジュールやオプションパーツなどが、続々とラインナップに加わる予定だ。

■ゆらぎモジュール

 モジュール内部のレンズカットアクリル板をモーターで揺らし、チップLEDの光に“ゆらぎ”の効果を加えることで、水面のゆらぎを表現する。天井面にも配置できるため、プロジェクターのような使い方も可能だ。

disp_006

■ターンテーブルモジュール

 お気に入りのコレクションを発光するターンテーブルに乗せて、いろいろな角度から楽しむことができつ。もちろん回転方向や回転スピードも調整可能だ。天地反転もできるので、天井面に配置しアタッチメントを付ければ、ミラーボールやコレクションを吊り下げることも!

disp_014

■デコキット

 フレームパーツやフィルムシートに特殊な印刷を施し、ディスプレイケース自体を装飾できる“デコキット”もラインナップ予定。“装飾できるディスプレイケース”で、コレクションの世界観にあわせてディスプレイし、専用の撮影スタジオとしても楽しめる。

disp_015

紹介動画

■プロモーションビデオ

■コントロールボックスSE 照明演出パターン

©FORCOLLE for all collectors.

タグ