goods

『北斗の拳』世紀末覇者“ラオウ”がフィギュア化。原作では見る事の出来ない玉座の背面装飾も表現

2018.09.11 <PASH! PLUS>

 『北斗の拳』フィギュアシリーズ第3弾“ラオウ 玉座ver.”が、9月17日(月・祝)21:00より予約開始となる。

20180911_hokuto_001

 日本マンガ史にその名を刻む名作『北斗の拳』。その中でもひときわ強い存在感を放つ拳王ことラオウが、構想から約3年、SpiceSeed北斗の拳シリーズ第3弾として遂に完成した。

 記憶に残る様々なラオウの名場面。フィギュア化するにあたり、波瀾万丈な生涯と底知れない魅力を持つラオウの世界観を演出するため、SpiceSeedにしか出来ない表現で、大迫力な全高約41㎝の荘厳で力強いフィギュアに。究極の造形と彩色で、玉座に座る威厳溢れるラオウや原作では見る事の出来ない玉座の背面装飾など、立体ならではの魅力を楽しめる。

 “拳王”、“覇王”などの呼び名で人々から恐れられていたラオウ。原型製作は、これまでに数多くの北斗の拳フィギュアを手掛けてきた、原型師・松浦健さんが担当。原作に対する理解と想いの深さに加え、経験、技術は国内トップクラス。原作を忠実に再現するために、顔、表情の造形には徹底的にこだわり製作。ラオウの特徴的なコスチュームである細かな装飾が施されたカブトや鎧、マントは細部に至るまで精巧に造り込み、質感やディテールにこだわり詳細に再現。圧倒的な存在感を放つ最高のラオウフィギュアが完成した。

仕様:塗装済み完成品
素材:レジンキャスト
サイズ:全高約41cm
価格:99,800円+税抜

詳細はコチラ

20180911_hokuto_003

20180911_hokuto_002

20180911_hokuto_004

※画像はイメージ。
※掲載の写真は実際の商品とは多少異なる場合がある。

タグ