『パレットパレード』キャラクター紹介第18回:ミュシャ【毎週連載】

2018.02.16 <PASH! PLUS>

今週は優美な実業家・ミュシャをフィーチャー!

 2018年夏、世界中の芸術家たちが一堂に会する育成ゲーム、『パレットパレード』が配信開始予定! 誰もが聞いたことのある偉人たちが、個性豊かなイケメン男子になっているということで、今からその全貌が気になる方も多いのではないでしょうか。

palette_ma

 これまで何作ものゲームアプリやソーシャルゲームの開発・運営を行ってきた”シリコンスタジオ”が、初めて女性向けジャンルに携わることでも期待を寄せられる本作。

 このたびPASH!PLUSでは、そんな『パレパレ』ワールドに密着! 本作に登場する28人の芸術家男子を、毎週ひとりずつじっくりご紹介していきます♪ ゲーム配信スタートまで、ぜひこの連載で推しメンを見つけてみてくださいね!

 『パレパレ』連載18回目、今回ご紹介する芸術家は、王子様オーラ溢れるミュシャくんです。

【連載まとめ】28人の芸術家一覧はこちら(過去連載記事のリンクあり)!

『4コマcomicパレットパレード』連載ページはこちら

palette

『パレットパレード』って?

 物語の舞台となるのは“パレット美術館”。とある街で仕事を探していたプレイヤーのあなたは、受付係を募集するこの美術館に足を踏み入れます。しかしこのパレット美術館、外観だけは立派なものの、館内にはお客さんの姿がまったくない、超ガラガラの施設だったのです!

 ひょんなことからこの美術館の“館長代理”を任されてしまったあなたは、状況を打開すべく芸術家たちとともに、芸術祭“パレットパレード”を構想することに……!?

・第1弾PV

たおやかな貴公子の素顔は超策略家!

「私を助けてくれるんですか? ふふ、ありがとうございます」

palette_001

名前:ミュシャ
本名:Alfons Maria Mucha
主義・派閥名:近代
CV:梶 裕貴
身長:175cm
誕生日:7月24日
好き:故郷、トルデルニーク
嫌い:雑なもの、スナック菓子
趣味:美術品の鑑賞、貯蓄

 白を基調としたスタイルは、小物でラベンダーカラーの差し色を効かせています。チャームポイントは右目の下の泣きぼくろ。美しい白金の髪はヘアアレンジも凝っていますね。手にした百合には、何か意味があるのでしょうか?

 身長は高めながらも、醸し出される中性的なオーラにドキッとさせられてしまいます。物腰は柔らかく、所作も優雅で、王子然とした好青年という印象です。そのイメージの通り、ミュシャくんは優美なものを好んでいるみたい。美術品鑑賞が趣味のひとつというのも納得ですよね。スナック菓子は好まないという部分も、期待を裏切りません!

 そんな華やかなミュシャくんですが、その肩書きは“実業家”。パレット美術館にいる多くの芸術家たちと異なり、彼はすでにいくつかの成功を成し遂げているようです。厳しい商業世界を生き抜いていることもあって、意外にも堅実家で貯蓄は趣味。加えて普段の振る舞いやふんわりした雰囲気までも、すべては計算に基づくものだというのです。ミュシャくん自身はこうした一面を隠しているつもりはないそうですが、見た目とのギャップもあって驚かれることも多いのだとか。

 そうした策略家な本質を持つからか、ミュシャくんは常に微笑みを崩しません。マイナスな感情を表に出すなんて、もってのほか! その独自のオーラには、かえって相手が圧倒されてしまうこともあるといいます。常に余裕を感じさせられますね。味方ならば心強く、敵となると怖いタイプかもしれません。

■和の王子様系・歌川広重くんとの仲は…?

 歌川広重くんとは、同じ王子様オーラを持つことからも、少し似ている部分があるのかも。お互い「気が合いそう」、「仲良くさせてもらっている」とコメントしています。好みはそれぞれ異なるようなのですが、本当のところはどうなんでしょうか?

palette_003

■ゴーギャンくんと意気投合!?

 人生にお疲れ気味のゴーギャンくんは、ミュシャくんから癒しを得ているみたい。しかもミュシャくんの前では服を脱ぐこともあるそうですが、それって一体どんな関係!? ともあれ、意外に気の合うふたりみたいですよ!

palette_002

実際のミュシャってどんな人?

祖国を愛した遅咲きの超人気デザイナー

 2017年、日本で大規模なミュシャ展が開かれ、連日大盛況を博したことは記憶に新しいと思います。

 ミュシャは1860年に現在のチェコで生まれた、アール・ヌーヴォーを代表する芸術家。経済的に苦しい日々を送りながら、パトロンを得てパリで絵画を学ぶにいたりました。

 そんな彼に大きな転機が訪れたのは、34歳で舞い込んだあるポスターの制作依頼です。女優サラ・ベルナールが主演の舞台『ジスモンダ』、このポスターが大変な話題を呼び、彼の人気と知名度を一気に押し上げることとなりました。

 もうひとつの代表作は『スラヴ叙事詩』。これは全20から成る連作で、なかには6m×8mもの巨大な一枚もあります。人道主義者であり、強い愛国心を持つ彼は、自身が知り得たチェコとスラヴ民族の歴史から、人々をひとつにするという壮大なテーマや使命を持った作品を描き出したのでした。なお冒頭で触れたミュシャ展では、これらすべてが公開されたことでも知られます。

 華やかで洗練された作品の数々はデザイナーとしての評価も高く、紙幣や国章のデザインを手がけたことも。またその表現には、日本の浮世絵に影響を受けているという指摘もあります。日本では、与謝野晶子の『乱れ髪』で表紙を描いた藤島武二が、彼の作品の模倣を行っていました。

 晩年、チェコスロヴァキア共和国がナチスドイツにより解体されると、ミュシャ自身も逮捕、厳しい尋問を受けました。彼が帰らぬ人となったのは、釈放から4カ月後のことでした。

palette_004

▲ミュシャくんの描いた絵

 穏やかな笑顔と気品ある出で立ちでありながら、その外見からは予想外な計算高いギャップが魅力的なミュシャくん。『パレパレ』ではひとりでも多くの注目を集めなければなりませんから、彼の商業思考な一面はきっと大きな戦力になるはずです。まずは協力してもらえるように、信頼関係を築いていきたいですね!

【ライターの気になるひと言】
 「美や優雅さにこだわる」ヴァトーくん&「『美』至上主義者」ヴァン・ダイクくんと、それぞれの美的センスによる品評会を開いてほしいです!! 各自の“美”に対する個性が出て、面白くなりそうな気がします!

★次回の芸術家男子は、“今を楽しむ享楽主義者”ヴァトーくんです! どうぞお楽しみに♪

DATA
■『パレットパレード』
公式サイト:http://paletteparade.siliconstudio.co.jp
公式Twitter:@Palette_Parade
ジャンル:育成ゲーム
メーカー:シリコンスタジオ
価格:無料(アプリ内課金あり)
対応予定OS:スマートフォン(iOS, Android)/PC※機種により利用できない場合がある。
配信開始予定:2018年夏

CAST:
ゴッホ=内田雄馬
クールベ=逢坂良太
ダ・ヴィンチ=井口祐一
ルノワール=柿原徹也
レンブラント=花江夏樹
ミケランジェロ=KENN
葛飾北斎=前野智昭
ゴーギャン=斉藤壮馬
モネ=羽多野 渉
シスレー=ランズベリー・アーサー
バジール=増田俊樹
ラファエロ=浪川大輔
ミレー=赤羽根健治
ルーベンス=深町寿成
ドラクロワ=中島ヨシキ
エル・グレコ=梅原裕一郎
ムンク=山下大輝
ミュシャ=梶 裕貴
ヴァトー=岡本信彦
ジョット=武内駿輔
アングル=豊永利行
ヤン=代永 翼
フーベルト=阿部 敦
ベラスケス=小野友樹
ヴァン・ダイク=鈴木裕斗
マネ=新垣樽助
黒田清輝=平川大輔
歌川広重=白井悠介
館長=津田健次郎

©Silicon Studio Corp., all rights reserved.