『どうぶつの森 ポケットキャンプ』はどんなゲーム? 気になる課金要素など発表されている情報まとめ

2017.11.21 <PASH! PLUS>

 11月22日より配信開始されることが発表になったiOS/Android用アプリ『どうぶつの森 ポケットキャンプ』。本作は、大人気『どうぶつの森』シリーズの最新作です。

 配信が間近に迫り、そわそわとしているファンは多いのでは? PASH!PLUSでは、公式から発表されている情報をまとめてみました。本作を楽しみにしている方、プレイしようか悩んでいる方は必見!

doumori_001

『どうぶつの森』シリーズ振り返り記事はこちら

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』はどんなゲーム?

 『どうぶつの森 ポケットキャンプ』では、プレイヤーは自然豊かな“キャンプ場”の管理人として活動します。

 これまでのシリーズと同じく、どうぶつたちとの交流や暮らし、家具を集めてのインテリア、釣りや虫集めの要素は継続されるよう。また、ゲーム内の時間の流れが現実と連動しており、朝、昼、夜と、時間の経過によって風景やどうぶつたちの様子が変化するみたいですよ。

doumori_001

『どうぶつの森 ポケットキャンプ』の気になる要素!

■“キャンプ場の管理人”としてキャンプ場を盛り上げよう

 上述したように、今作は“キャンプ場”が舞台になっており、ユーザーは“キャンプ場の管理人”としてキャンプ場を盛り上げる役割があるようです。

 あなたのキャンプ場の周囲には、キャンパーであるどうぶつたちがいます。どうぶつたちに話しかけたりお願いを聞いたり、どうぶつたちの好みの家具を設置したりすることで、“なかよし度”がアップ! なかよくなったどうぶつは、プレイヤーのキャンプ場に遊びにきてくれるようになります♪

 なかよし度は、どうぶつたちの頭上にハートマークで表示されるようで、なかよし度がアップすればキャンプ場に招待することができ、そうでないとどこかへ行ってしまうようです……! 気になるどうぶつには積極的に話しかけ、どうにかキャンプ場へ遊びにきてもらえるようにしたいですね!

doumori_008

■髪型や顔を自由に設定できる

 プレイヤーの顔や髪型は自由に決められます。自分そっくりのプレイヤーにするもよし、自分が好きな顔に設定するもよし、はたまたランダムで設定するのもよし!? 全世界で配信されるゲームのため、必ず自分にあったパーツが見つかるはずです!

■キャンピングカーでの移動&インテリアを楽しもう

 『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は、これまでの家の要素が“キャンピングカー”になります。家具を置いてインテリアを楽しめるほか、キャンピングカーの外装を変えることもできます。キャンピングカーのカスタマイズは何段階かに分かれているようで、ゲーム内通貨・ベルを使えば2段にすることも可能なよう。

 ちなみに家具は職人に依頼することで作ってもらえる他、お店で購入することができます。アップデートにより新しいものが順次追加されるそうで、クリスマスやお正月といった、季節ネタも!

 また、自分がいるキャンプ場以外の場所には、メニューから選ぶとキャンピングカーで移動してくれます。

doumori_009

doumori_010

doumori_005

doumori_006

■他のキャンプ場の管理人が遊びに来てくれる!

 自分のキャンプ場のさまざまなレジャースポットに、他のキャンプ場の管理人が遊びに来てくれることがあります。バザーでアイテムを買ったり、キャンプ場や車を見せてもらったりできるとのこと。フレンドになれることも可能! フレンドになればいつでもその人のキャンプ場に遊びに行くことができます♪

doumori_011

doumori_012

■キャンプといえば自然も楽しまないと!

 『どうぶつの森 ポケットキャンプ』では、鉱石掘りができる“ゴロゴロ鉱山”やリゾートらしい島“ポッカリ島”、日替わりでショップが出店する“こもれび広場”、いろいろな果物が実る“ワサワサの森”など、自然を感じられるスポットが数多く登場します。

 特に“ゴロゴロ鉱山”に注目。鉱石掘りを行うことでサファイアやぎんこうせきなど鉱石を採掘でき、ベルや家具を作るためのクラフト材料に交換してもらうことができます。鉱石堀りは、レジャースポットでフレンドになった他のキャンプ場の管理人に手伝いをお願いすることができるみたい!

■自分好みの“家具”や“オブジェ”を作れる

 今作から新たに追加された“クラフト”を行えば、好きな家具やオブジェを作ることができるようです。材料を集めて注文するだけでOK! 後に紹介する“リーフチケット”を使用すれば、より短い時間で家具やオブジェが手に入るようです。

 作った家具やオブジェは“おひろめ会”を開いて、周囲のキャンパーにお披露目することができます。自慢の家具やオブジェを自慢できるほか、完成を祝福してくれたキャンパーと仲良くなることができるようです。

 家具は自分のキャンプテントに飾れ、オブジェはキャンプ場に展示できます。キャンプ場をテーマに沿って彩ると、キャンパーが喜んで遊んでくれることもあるようです!

■気になる“課金”要素はあるの?

 『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は基本的に無料でプレイできますが、“課金”をすることで時間短縮を行うことも可能なようです。課金をすることによって、家具の完成を早めたり、一度に魚を集めることができる“とあみ”や大量の虫を捕まえられる“みつ”を入手できます。これらのアイテムは“リーフチケット”を使用することで入手が可能なようです。

 “リーフチケット”は、ゲーム内で“しずえチャレンジ”をクリアすることで入手できますが、課金によって効率よく手に入れることもできるそう。『どうぶつの森 ポケットキャンプ』の映像によると、リーフチケットは、20枚120円、40枚+5枚240円、80+20枚480円で設定されているようです。リーフチケットを何枚使用することで上記のアイテムを入手できるかは現在のところ不明ですが、一般的なアプリゲームに比べると圧倒的に安い……!

doumori_013

doumori_014

doumori_015

 『どうぶつの森』の魅力として、“好きなときに好きなように村での生活を楽しめる”ことがあるので、あまり急いでゲームを進める必要もありませんが、仮にリーフチケットを80+20枚=100枚買っても500円以内という安心の設定なので、適度に利用するのも手かもしれません。

 ちなみに、リーフチケットは『どうぶつの森』シリーズでお金周りの話で必ず登場する“たぬきち”から購入できるようです。お世話になります。

まとめ

 現段階で判明している『どうぶつの森 ポケットキャンプ』情報のまとめでした。今後も気になる情報が判明次第、追加していきます! 配信スタートまでもう少し!

doumori_005

DATA
■『どうぶつの森 ポケットキャンプ』
iOS版のダウンロードはこちら
Android版のダウンロードはこちら
公式サイト:https://ac-pocketcamp.com/ja-JP/site
公式Twitter:@pokemori_jp

ジャンル:コミュニケーション
メーカー:任天堂
価格:ダウンロード無料(一部有料のコンテンツあり)
配信日:2017年11月22日

※画像は公式Twitterや“どうぶつの森 Direct”をキャプチャしたもの。
©2017 Nintendo