2019年上半期ゲームソフトランキング発表! 首位に輝いたのはどの作品?

2019.07.05 <PASH! PLUS>

 オンライン書店“楽天ブックス”より、2019年1月1日から5月31日の売上データをもとに“2019年上半期 ゲームソフトランキング”(※1)が発表された。

 トップ10のうち『キングダムハーツ』シリーズや、『マリオ』シリーズ、『大乱闘スマッシュブラザーズ』、『ポケットモンスター』、『BIOHAZARD』など7作品がランクインした。

gamerk_001

 『キングダムハーツⅢ』は、2005年に発売された『キングダムハーツⅡ』から14年ぶりのナンバリングタイトルとして、ファンを中心に発売前から注目度が高く、堂々の1位に輝いた。また、同じシリーズの作品として、8位には『キングダム ハーツ – HD 1.5+2.5 リミックス -』がランクイン。『キングダムハーツ』シリーズの1作目から主要な6作品を1つのディスクに収録した作品のため、『キングダムハーツⅢ』に備えて購入された方も多いようだ。

 続いて、世代を超えて人気を集めるマリオシリーズから『New スーパーマリオブラザーズ U デラックス』が2位にランクイン。2012年に発売されたWii U版からNintendo Switch版に生まれ変わるにあたり、新キャラクターを追加するなどの新要素に加え、ルイージが主人公の『New スーパールイージ U』も収録した豪華版として人気を博した。

 3位を飾ったのは1999年に1作目が発売されて以降、20年にわたり愛される対戦アクションゲームの最新作『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』。過去のシリーズに登場した全ファイターに加え、新たな人気キャラクターが参戦している。

 また、ゲームからアニメ化され一世を風靡した『ポケットモンスター』の最新作『Nintendo Switch ポケットモンスター Let’s Go!ピカチュウ/イーブイ』は5位にランクイン。6位には1996年に初代が発売されたBIOHAZARDの最新作『BIOHAZARD RE:2』。進化したビジュアル映像で、リメイク元となった『BIOHAZARD 2』を楽しんだ世代の方も、初めて挑戦する方も楽しめるホラーゲームとなっている。

 トップ10作品はいずれもリアル感に溢れており、“楽天ブックス”の商品レビューでは「CGなのか、実写なのか分からないくらいの映像の美しさ」(『キングダムハーツⅢ』)、「さすがは現代の技術ですね。怖い!!」(『BIOHAZARD RE:2』)など、ゲームの技術革新に対してのコメントが目立った。

(※1)計算方法: 2019年1月1日から2019年5月31日までに販売されたゲームソフトの販売データをもとに独自集計。

楽天ブックス2019年上半期ランキング 詳細はコチラ!

■楽天ブックス
公式サイト:https://books.rakuten.co.jp/

タグ