細谷佳正&堀江 瞬の声で愛知県瀬戸市を案内♪ アプリ『とりっぷセトまち』紹介ムービー公開

2019.03.14 <PASH! PLUS>

 スマートフォン向けアプリ『とりっぷセトまち~君と歩く瀬戸もの語り~』(以下、せとある)が今春にリリースされる。

hosohori_010

 本アプリは、陶磁器の産地として1000年以上の歴史を誇る陶都瀬戸(愛知県瀬戸市)を舞台に、イケメン男子と散策しながらトークを楽しめるアプリ。地図に頼らず、2人のボイスが散策ルートを案内してくれる。散策中に訪れた場所を背景に3人で記念撮影したり、あなたの気持ちを2人に伝える選択肢が発生。イヤフォンを使用すれば、キャラクターをより近くに感じ、目と耳でデート気分を楽しめる。アイテム報酬やマルチエンディングなどゲーム要素も満載だ。

 キャラクターデザインは風李たゆさんが手がけ、細谷佳正さん、堀江 瞬さんがキャラクターボイスを担当。

hosohori_002 hosohori_001

瀬戸市とは

 名古屋市内から名鉄瀬戸線で約36分の距離にあり、小高い山々に囲まれた温暖なまち。せともの(瀬戸物)という言葉がやきものの代名詞として広く知られ、千年以上のやきものの歴史をもち、“陶都”とも呼ばれている。

hosohori_006 hosohori_007 

 本作では、尾張瀬戸駅から徒歩で散策できるルートを考案し、窯垣の小径や瀬戸蔵、深川神社、久米邸、招き猫ミュージアムなどを巡る。窯跡や工房へ続く細い坂道。迷路のように入り組んだまちなみは、ウォーキングコースとしても楽しめる。

hosohori_008 hosohori_009

アプリの特徴

 瀬戸市に行く前に、案内人の2人との待ち合わせ時間を設定することができる。設定時間と到着時間の違いによって案内人の反応が変化する。

hosohori_003

 目的地までキャラクターが道のりを声で案内してくれる。名所の説明だけではなく、瀬戸の豆知識や2人の会話が発生。実際に、ガイドさんと一緒に歩いているような感覚で楽しむことができる。

 また、会話の中で、キャラクターがあなたに問いかけるシーンがある。プレイヤーの回答によってエンディングが変化する。

hosohori_004

 まちを歩くと、2人との会話に関連したアイテムをゲットすることができまる。各アイテムにはポイントがついており、ポイントを集めるとキャラクターのボイスや情報などをゲットできる。

 用語集では、瀬戸の名所や会話に登場したアイテムを思い出として振り返ることができる。

 また、AR(拡張現実)機能もあり、キャラクターと一緒に撮影をすることが可能。表情の変更もでき、より2人とまちを歩いている気分になれる。

hosohori_005

※ゲーム画面は開発中のもの。

キャラクター紹介

hosohori_011

hosohori_012

DATA
■『とりっぷセトまち~君と歩く瀬戸もの語り~』

公式サイト:http://speedinc-jp.com/works/setoaru.html
公式Twitter:@Setoaru_info
配信予定:今春リリース予定
対応OS:iOS / Android同時リリース予定
価格:無料
企画・開発:株式会社スピード

STAFF:
音楽:山岡 晃
キャラクターデザイン=風李たゆ

CAST:
細谷佳正
堀江 瞬

©瀬戸市歴史文化基本構想を活用した観光拠点形成のための協議会