スマホゲーム『Readyyy!』のユニット“La-Veritta”より、音楽界に舞い降りた天使・上條雅楽役の榊原優希にインタビュー!

2018.09.21 <PASH! PLUS>

榊原さんが演じている雅楽、そして相方・清水弦心役の田中文哉さんへの思いとは?

 セガ制作・総指揮によるアイドル育成ゲームアプリ『Readyyy!(レディ)』。“トップアイドルという夢を目指して、ひたむきに努力する男子高校生達”が生き生きと描かれる本作には、フレッシュな声優陣が参加しています。。

readyyy_003

 続々と明らかになるゲーム情報はもちろん、キャスト全員がフレッシュということで、彼らがどういった人物なのか気になっている方も多いのでは?

 PASH!PLUSでは、『Readyyy!』に登場する18人のアイドルたちを演じるキャストを、インタビューとともに毎週ご紹介! 『Readyyy!』に対する意気込みだけでなく、ご自身の得意なことや苦手なこと、学生時代のエピソードにいたるまで、気になることを直撃しています♪

 第17回は“La-Veritta”の音楽界に舞い降りた天使・上條雅楽役を演じる榊原優希さんにインタビュー☆ Ready Go!

雅楽は、最初に見た時から「自分と似ているな」と思っていました

20180920_rd_001

――得意なことや苦手なこと、アピールしたいことなどを教えてください。

榊原:趣味は喫茶店で本を読むこと。図鑑や説明書など“何かが詳しく書いてある資料”を読むことが好きです。絵を描くことも好きで、小さなころから暇さえあればイラストを描いていました。自分の記憶にはないのですが、親の話によると漫画やプレイしたゲームに関する自作の漫画を描いていた頃もあったみたいです(笑)。

 苦手なことは運動です。昔から体を動かすことが苦手で、友達には「ラジオ体操が下手くそ」と言われるくらい運動のセンスがありません……(笑)。『Readyyy!』に関わるようになってダンスを覚えたのですが、レッスンの度に苦戦してダンスの清水弦心役の(田中)文哉さんに助けてもらっています。

 アピールしたいことは、自分の高めの声質です。雅楽のようなちょっぴり我儘な少年は個人的にも好きですし、声質的に演じやすいので、この声を活かして様々な青年や少年を演じていきたいと思っています。

――オーディションに合格した時の気持ちをお聞かせください。また、キャラクターの第一印象はいかがでしたか?

榊原:初めて受けたオーディションだったので、最終オーディションまで進むことができたことに喜びつつも、「最後まで気を抜かずに行くぞ!」と自分を追い込んでいたなかでのサプライズ発表だったので、ただただびっくりしました。同時に張りつめていたものが一気に開放されたことで、自分の中にあったものがこみ上げてきて思わず涙が溢れそうに……というか溢れてしまいました(笑)。それが過ぎ去った後には「ただただ嬉しい!」という気持ちでいっぱいでした。

 雅楽は、最初に見た時から「自分と似ているな」と思っていました。歌に関して真っ直ぐに向き合っている姿は、自分が声の仕事に向き合った時の感覚に通じるものがあり、「これで認められなければいけない」と自分ができる全てをかけようとする姿勢や考え方は、僕と同じだと思いました。だからこそ、きっと雅楽のことは等身大で演じることができるし、雅楽の不器用なところもひっくるめて表現したいと思いました。

――『Readyyy!』への出演が決まってからイベントやレッスンでお忙しいかと思いますが、普段の生活や気持ちの面で変化はありましたか?

榊原:今までは少し無理をしただけで熱が出てしまったり、ちょっとした風邪でも40度くらいの熱が出てしまったりと、驚くほど体力がなかったんですが、『Readyyy!』プロジェクトの活動のなかで体力がついたのか、昔よりもエネルギッシュな自分になれました。

 『Readyyy!』のお仕事が始まったころは、運動が苦手なことも相まって、皆が普通にできることができなかったり、ついていくことができなかったりとかなり苦戦していました。周りはメキメキと成長していくなか、自分はダンスの振り一つ満足にできなくて「なんで出来ないんだろう!」と悔しく思うことも多かったです。今はできることが増えてきたところ。一つ一つをしっかり伸ばしていきたいと思います!

――『Readyyy!』としての活動のなかでの目標や意気込みを教えてください。

榊原:僕は雅楽と同じく歌うことが好きです。雅楽は歌で自分を表現するところがあるので、今まで以上に歌うことが好きになりましたし、思いを込めるようになりました。そして、雅楽を演じる上で彼が持っているポリシーを大事にするためにも、台本の表面だけを追わないようにすることは常に心がけています。「なぜ彼はこう言ったんだろう」、「なぜこんな行動をしたんだろう」ということをしっかり考えて演じることで、見ていただいた方にセリフのなかに込めた雅楽の思いを感じとっていただければと思っています。

 雅楽は不器用な子なので、きっとセリフだけを見ると「ちょっと感じが悪い子なのかな?」と思われてしまうと思うんです。でも、心の中には歌への情熱、それに付随する弱さがある。そういった雅楽の思いを誰よりも察してあげられる存在でいたいし、声を担う者として表現できるような存在でいたいと思います。

――『Readyyy!』プロジェクトの登場人物は全員高校生ということで、榊原さんの学生時代のエピソードを教えてください!

榊原:大学の学祭での出し物で、バッチリ女装して餃子を売りました(笑)。友達に「声優になりたいならちゃんとやれ!」と言われたことで「やってやろうじゃないか!」という気持ちになり、女性の声を演じながら自分自身、ノリノリで売り子をやっていたんです。そうしたら本当に女性だと思っていただけたのか、酔っぱらったおじさまにもの凄く絡まれて、スカートめくられた思い出があります……。

 当時は複雑な気持ちだったんですが、今となってはきっと女性をしっかり演じられたんだろうと誇らしい気持ちです(笑)!

――最後にソロインタビューだからこそ言いたい“メンバーに伝えたいこと”は?

榊原:相方の文哉さんはめちゃくちゃ魅力のある方なんです。仕事では背中で語ってくれるような男性としての魅力がありつつも、プライベートでは「応援しているチームが勝ったんだよ!」と少年のように語ってくれる魅力がある。そのギャップが見ていて素敵だなと思うし、話していて安心感があります。

 ライブ前に緊張していても文哉さんの声を聴くと安心できるので、とても助けられています。そうした感謝の思いを伝えたいし、僕の行動で何か恩返しできればと思っています。文哉さんが相方で良かったと思うし、これからもずっと相方でいてほしいです。よろしくお願いします! 

――ありがとうございました!

 PASH本誌では、6月9日発売7月号より各ユニットの座談会インタビューを掲載中! 10月17日発売の11月号には“La-Veritta”チームのキャスト全員が登場しています。メンバーが一緒になって盛り上がったインタビューは、“La-Veritta”チームならではの仲の良さが伝わってきますので、ぜひチェックしてくださいね♪

インタビュー記念! 直筆サイン入りポラプレゼント!!

 インタビューの実施を記念して、榊原優希さんの直筆サイン入りポラを抽選で1名様にプレゼントします。応募方法は、PASH!公式Twitterアカウントをフォローして、対象のツイートをリツイートするだけ!

※当選者の方にDMにてご連絡差し上げます。当選のご連絡を差し上げるまで、フォローは外さないようにお願いいたします。

応募期間:2018年9月21日~28日23:59

20180920_rd_003

榊原優希さんプロフィール

誕生日:9月18日
所属事務所:81プロデュース
公式Twitter:@Yuki_S_918

上條雅楽(かみじょう うた)

音楽界に舞い降りた天使

 天使さながらの容姿と、類まれなる音楽の才能、美しい歌声を持つが、性格は自己中心的で常に他者を見下している。人の心の機微がわからない。音楽に対して強いこだわりを持ち、音と触れ合う時間を邪魔されることを嫌う。

readyyy_044

DATA
■『Readyyy!』
公式サイト:http://ready.sega.jp
公式Twitter:@Readyyy_info
ハッシュタグ:#レディ
Youtube オフィシャル:https://www.youtube.com/channel/UCsrs7CeyvKIHdt6ngVdlCng

CAST:
【SP!CA】
久瀬光希=住谷哲栄
錦戸佐門=長谷徳人
五十嵐比呂=小宮逸人
紺野 梓=遠藤 淳
胡桃沢タクミ=観世智顕
【摩天ロケット】
藤原蒼志=澤田龍一
伊勢谷 全=大町知広
真田淳之介=服部想之介
高千穂亜樹=梅田修一朗
【Just 4U】
明石達真=黒木陽人
柳川 彗=古田一晟
綾崎小麦=安田 駿
折笠凛久=美藤大樹
【RayGlanZ】
宗像十夜=近衛秀馬
碓井千紘=小野将夢
香坂安吾=三浦勝之
【La-Veritta】
上條雅楽=榊原優希
清水弦心=田中文哉

©SEGA

タグ