『金田一少年の事件簿』犯人総選挙1位は“地獄の傀儡師”!外伝にてマンガ化決定

2018.06.07 <PASH! PLUS>

 2月16日より開催された“『金田一少年の事件簿』犯人総選挙”において1位になった“地獄の傀儡師”が、スピンオフ漫画『金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿』にてマンガ化されることが決定した。

2018066_kindaiti_001

 本作は、ミステリーマンガの金字塔『金田一少年の事件簿』に登場し物語を彩った個性豊かな犯人たちが、その舞台裏でどんな苦闘を繰り広げていたかを犯人視点のスピンオフという斬新な切り口で描いた作品。少年マガジンの公式アプリ“マガポケ”にて連載中だ。

 総合電子書籍ストア“BOOK☆WALKER”主催の“『金田一少年の事件簿』犯人総選挙”では、1期の長編シリーズ(File1~26)に登場した犯人26人のうち、外伝でエピソード化されていない18人を立候補者として人気投票を実施。

 その結果、“魔術列車殺人事件”の犯人として登場し、その後も主人公“金田一 一”のライバルとして人気を誇る“地獄の傀儡師”が1位となり、今回外伝の主人公としてマンガ化される。大胆不敵な犯罪者・地獄の傀儡師が、事件の裏でどんな死闘を繰り広げていたか。ぜひその目で確かめてほしい。

『金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿』著者・船津紳平さんコメント

 「総選挙で一位に選ばれたので、腹を括って魔術列車を描いて欲しい」と担当に言われた時、「正気か!?」と思いました。しかし何事も挑戦、やるからには頑張るしかないと、そこから毎日、高遠のことを考えていました(笑)。

 こんな機会をもらえなければ、たぶん魔術列車は描かなかったと思うので、BOOK☆WALKERさんには本当に感謝です。

“『金田一少年の事件簿』犯人総選挙”結果発表ページはコチラ

タグ