山下大輝&斉藤壮馬登壇の『FlyME project』第2弾シングル発売記念イベントをレポート!

2018.01.26 <PASH! PLUS>

 声優×ヴィジュアル系バンドがコラボする『FlyME project』。同プロジェクトでは、キャッチーな楽曲&ヴィジュアルのDRINK ME(ドリンクミー)、ダークなサウンドとヴィジュアルのMEDICODE(メディコード)の2バンドが、同レーベルから同時デビューし、時にすれ違い、時に音を重ね合わせる様が描かれています。

flyme_007 flyme_009

 1月14日(日)には、2017年12月6日にリリースされた“FlyME project第2弾シングル”の発売記念イベントが、秋原場・とらのあなにて開催。DRINK MEのヴォーカル・嵐太朗役の山下大輝さん、MEDICODEのヴォーカル・翳(くもり)役の斉藤壮馬さんが登壇しました。

朗読&バラエティコーナーで大盛り上がり。パセラとのコラボも発表!

 イベントがスタートすると山下さん&斉藤さんがステージに登場! 当初マイクが上手くつながらないハプニングが起こるも、「ここのエリアから先は聴こえないのかもね」、「後ろのみんな聞こえますか?」と臨機応変に対応する山下さん&斉藤さん。ハプニングさえも楽しい雰囲気に変えてしまうトーク力は流石の一言です。

 イベントは朗読コーナーから幕開け。とらのあなで購入すると特典としてもらえるDRINK ME、MEDICODEが出演するオリジナルドラマCD。この日はオリジナルドラマCDの続編となるストーリーを、山下さんと斉藤さんが朗読してくれました。

 朗読では、バイキングに来た嵐太朗と翳の様子が語られましたが、たくさん食べる嵐太郎に対し、小食気味な翳は少々苦しそうな様子。そんな対照的な2人の様子が描かれながらも、嵐太郎は有名な大食いチャレンジに挑戦したいと闘志を燃やすと、巷では“チャレンジャー荒らし”で有名な人物を連れていくことを思いつきます。

 生き生きと次の大食いチャレンジを夢見る嵐太郎でしたが、翳はすでに限界にたどり着いていたようで、食べ物の匂いを想像しただけでがっくりと気を失ってしまいます。朗読は嵐太郎の「翳―!」という叫びとともに締めくくられ、会場は衝撃のラストに思わず笑みを零していました。

flyme_006

■斉藤さんが“ヴィジュアル系っぽい”ポーズ&回答を連発!?

 ここからはトークコーナーへ。椅子が用意されるも「後ろの人見えないよね?」と立ちながら語ることを選んだお2人。ずっと立ちっぱなしは大変ということで、星野さんからの質問を受けるときのみ座ることになりましたが、斉藤さんは座る度にヴィジュアル系っぽいポーズをとるというサービス精神を発揮。顔を手のひらで覆い隠し、深く椅子に腰かける様がなんとも絵になっており、そんな斉藤さんの姿がツボだったのか山下さんも楽しげな表情を浮かべていました。

 そんな一幕がありながらも、トークコーナーでは「第2弾シングルを初めて聴いた時の感想」を尋ねられると、山下さんは第1弾シングル『わくドキ☆ワンダーランド』とのギャップがあると語りながらも、「翳を目指して成長した嵐太郎を意識しました」と歌い方を意図的に変えていたことを明かします。それを受けた齋藤さんは、カップリングの『EAT』を含め「(歌い方に)“くもみ”があった」と翳らしさを意識していることの片鱗を感じていたことを告げました。

 MEDICODEの『GABY』について、「MEDICODEらしさは変わらずにパワーがある曲になっている」と語ったのは斉藤さん。それだけに収録時間が5時間を超えるなどとても苦労されたそうですが、カップリングの『ROSA』では翳がすんなりと降りて来てくれたそうですんなり2時間程で収録を終えたそうです。

 『楽曲のタイトルを考えよう』のコーナーでは、山下さんはDRINK MEの、斉藤さんはMEDICODEの“次の新曲にあるかもしれないタイトル”を考えていくことに。山下さんはヴィジュアル系らしく英語のタイトルを考えたいとイメージを膨らませるも「綴りが分からない……」と困り顔。暫く考えて“Ham barg”というタイトルを発表するも「これあってるかな?」と不安な表情を浮かべつつ、“ハムバグ”や“ハグ”というタイトル候補を上げました。

 熟考に熟考を重ね何度も書き直していた齋藤さん。「三枚で見せていきますから!」と山下さんの手を借りながら発表したタイトルは“イオン”、“†”、“サプライ”。なんでもこれまでと路線を変えて爽やか路線を目指すらしく、これで某スポーツ飲料メーカーのタイアップを狙うと熱弁していました。

flyme_005

 最後はファン参加型の質問コーナーが設けられ「好きなものは先に食べる派?後に食べる派?」、「恋人の携帯を見ることに賛成派?反対派?」という質問にファンと一緒に答えて盛り上がりました。

 イベントの最後には秋葉原パセラリゾートとのコラボが発表。特設ページでは両バンドならではのフード&ドリンクメニューも公開されているのでぜひともチェックしてみてくださいね。

flyme_010

FlyME project×Paselaコラボカフェ

 2月1日まで、秋葉原パセラ昭和通り館にてコラボカフェが開催中! メンバーやバンドをモチーフとしたメニューが楽しめ、1品につき1枚コースターがもらえる。さらにFlyME projectコラボルームも!

 予約ページはこちら

flyme_008

flyme_001

flyme_002

flyme_003

FlyME projectとは

 声優×ヴィジュアル系バンドがコラボしたプロジェクト。キャッチーな楽曲&ヴィジュアルのDRINK ME(ドリンクミー)、ダークなサウンドとヴィジュアルのMEDICODE(メディコード)の2バンドが、同レーベルから同時デビューし、時にすれ違い、時に音を重ね合わせる様が描かれている。

【About FlyME】

 異なった見た目、楽曲のV系バンドが同じ音楽レーベルへほぼ同時期に所属。事務所側からはお互いを競わせるため、CDの同時リリースを決める。

 以前から同じバンドメンバーとして活動しており仲の良いものもいるが、一部メンバーはあるバンドの解散以来、まともに会話さえできなくなってしまった。

 些細な事ですれ違ってしまった感情、ねじ曲がってしまった関係、過ぎてゆく時間と共に闇へ葬られようとする過去、そして真実。

 抱えるものは違えど、いつか分かり合えるはず。そう信じて、それぞれの音は、今、重なり合う。

公式サイト:http://flymepro.com/
公式Twitter:@FlyMEproject
グッズ通販サイト:http://x-po.jp/

©EXIT TUNES/Xarts

タグ