『弱虫ペダル Re:GENERATION』山下大輝さんと岸尾だいすけさん登壇の応援上映会レポート

2017.10.15 <PASH! PLUS>

総北チームを代表する2人のはずが、ライバル校のキャプテン・泉田の声マネでの掛け声

 日本でアニメが始まってから100年を記念した“アニメフィルムフェスティバル東京2017”が10月13日~15日に東京・新宿で開催。

 このイベントには、『弱虫ペダル』も参加し、過去に上映された『弱虫ペダルRe:RIDE』、『弱虫ペダルRe:ROAD』、『弱虫ペダルRe:GENERATION』の3つの劇場作品を声出し可能な応援上映として楽しめる、一夜限りのスペシャルイベントが行われた。

yowapeda_05

 上映前には、小野田坂道役の山下大輝さん、手嶋純太役の岸尾だいすけさんが登壇する舞台挨拶が開催。総北高校のジャージやTシャツを身に着けた2人が登壇すると、会場は大きな歓声に包まれた。

yowapeda_02

 今回は応援上映イベントということで、まずは観客の声出しを兼ねて、コール&レスポンスを行うことに。総北チームを代表する2人のはずが、なぜかライバル校となる箱根学園のキャプテン・泉田の声マネでの掛け声となり、「出ろ!銅橋!」という山下さんの迫力ある叫びに、会場の観客が「ブハァー!!」と笑い混じりの声で応えた。

yowapeda_04 yowapeda_03

 その後もハイテンションな2人のトークがさく裂し、上映劇場で販売されている『弱虫ペダル Re:GENERATION』のパンフレットに載っているポーズを山下さんがステージで再現することになったり、キャスト陣で仲良くギョーザを食べ比べに行った話をしたりなど、映画本編の話にはなかなか辿り着かず、和気あいあいとした仲の良さが伝わるトークで、会場が笑いに包まれる賑やかなイベントとなった。

 また、イベント最後には、集まったファンの皆さんに、山下さんが代表で感謝のメッセージを贈った。

「本日は、たくさんの皆様に集まって頂き、ありがとうございました。『弱虫ペダル』3期の濃厚で熱い展開が楽しめる作品で、新規カットも個人的にとてもうれしいシーンになっています。それも含めて、温かくて素敵な作品を楽しんでください。本日はありがとうございました!」

yowapeda_01

【作品情報】『弱虫ペダル Re:GENERATION(リ ジェネレーション)』
<スタッフ>
・原作:渡辺航(週刊少年チャンピオン)
・監督:鍋島 修
・シリーズ構成:砂山蔵澄
・キャラクターデザイン:番 由紀子
・音楽:沢田 完
・音響監督:高寺たけし
・編集:坂本久美子
・主題歌:『ツヨサヨワサ』佐伯ユウスケ(TOHO animation RECORDS)
・アニメーション制作:トムス・エンタテインメント
<キャスト(声)>
・山下大輝
・鳥海浩輔
・福島潤
・岸尾だいすけ
・松岡禎丞
・下野紘
・宮田幸季
・羽多野渉
・中村悠一
・代永翼
・阿部敦
・野島健児
・宮野真守
・小野大輔
・内田雄馬
・遊佐浩二
・福山潤
・安元洋貴
・森久保祥太郎
・伊藤健太郎
<上映スクリーン>
http://www.toho.co.jp/theater/ve/yowapeda2017/
<配給>
・東宝映像事業部
・<公式ホームページ>
http://yowapeda.com/regeneration/

©渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル03製作委員会