『おそ松さん』2期放送記念イベントで6つ子+トト子のキャスト陣が集合!

2017.10.06 <PASH! PLUS>

遠藤 綾の天然トークさく裂に会場が沸く!

 TVアニメ『おそ松さん』第2期放送記念スペシャルイベント“6つ子が帰ってきたよ!全員集合!!トト子も最高♪”が、本日10月6日に開催された。

oso_001

 イベントには、櫻井孝宏さん(おそ松役)、中村悠一さん(カラ松役)、神谷浩史さん(チョロ松役)、福山 潤さん(一松役)、小野大輔さん(十四松役)、入野自由さん(トド松役)、遠藤 綾さん(トト子役)が登壇。

 ついに第2期の放送が始まった『おそ松さん』の6つ子+トト子のキャスト陣が集合ということで、ファンが大集結。全国101館の劇場ではライブビューイングも実施され、本会場と合わせて約3万人もの観客がイベントに沸いた。

 1つ目のコーナーは、“トト子も最高♪名(迷)シーン ベストヒットプレイバック”。キャスト・スタッフ陣によるセレクトで、第1期のトト子の名シーンを振り返るというコーナーだ。

 「鯖コラ鮭コラァ!!」、「プロなめんなゴラァ~!」、「ビーマイベイベー?」など、怖すぎる怒鳴りから可愛すぎるボケまでさまざまに繰り出したトト子。櫻井さんと小野さんは20話“スクール松”、中村さんは24話“トト子大あわて”、神谷さんは11話“クリスマスの奇跡”、福山さんは20話“イヤミの学校”、入野さんは18話“逆襲のイヤミ”からチョイス。遠藤さんは“逆襲のイヤミ”でトト子がレース参戦者たちを攻撃するシーンを挙げていた。

 藤田陽一監督とシリーズ構成・脚本の松原 秀さんは、24話“トト子大あわて”よりそれぞれお気に入りのシーンをピックアップ。松原さんは、石油王を婚活でお目当ての石油王が見つからなくても全くめげないトト子が“かわいい”から、このシーンを選んだそうだ。

 最終的に全員の意見を聞いた遠藤さんがベスト1を決めることに。選ばれたのは、松原さんが“かわいい”と言った、24話“トト子大あわて”で「私、石油王が良いんだけどなー」と言い放つ一連のシーンだ。

 遠藤さんから見た6つ子キャストの芝居について語る一幕も。芝居についての話題のはずが脱線し、アフレコ現場の和やかな雰囲気や裏話などをさく裂。なかなか芝居に触れない遠藤さんの、あまりの天然トークっぷりにキャスト陣も崩れ落ちるなど、笑いが絶えないトークとなった。

 会場に来られなかったキャスト陣からのビデオメッセージと第2話の上映が行われると、最後のコーナー“今夜決定!全松が望む見たいエピソード大集合2017Autumn!”へ。視聴者からあらかじめ募集した“この先、こんな『おそ松さん』を観てみたい!”というエピソードが発表された。

 “じょし松さんJK時代回”、“F6バンド回”というキャラ派生系や、“トド松さん回”、“聖澤庄之助オンリー回”といった、特定キャラフィーチャー系など、思い思いのエピソード案が挙がる。中には“聖澤庄之助 THE MOVIE”、“石油王 THE MOVIE”、“全員の喋る語尾が松になる回”、“生放送回”といった変わり種も。この中から2期で放送されるものもあるかも……? 今後の放送を楽しみにしたい。

 コラボやイベントなど、膨大な最新情報コーナーの後は、キャスト陣+6つ子たち(着ぐるみ)で記念撮影。キャスト陣がそれぞれ演じる松の手を引くなど、かわいらしい様子にファンは微笑むばかり。最後は櫻井さんからファンに向けて、メッセージが贈られ、イベントは幕を下ろした。

 これから毎週TVで見られる、6つ子たちのドタバタの日常から目が離せない!

oso_001

DATA
■TVアニメ『おそ松さん』第2期
公式サイト:http://osomatsusan.com/
公式Twitter:@osomatsu_PR

STAFF:
原作=『おそ松くん』 赤塚不二夫/「週刊少年サンデー」(1962年~1969年)他で連載
監督=藤田陽一
シリーズ構成・脚本=松原秀
キャラクターデザイン=浅野直之
アニメーション制作=studioぴえろ

CAST:
おそ松=櫻井孝宏
カラ松=中村悠一
チョロ松=神谷浩史
一松=福山 潤
十四松=小野大輔
トド松=入野自由
トト子=遠藤 綾
イヤミ=鈴村健一
チビ太=國立 幸
デカパン=上田燿司
ダヨーン=飛田展男
ハタ坊=斎藤桃子
ほか

©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会