アニメ『ペルソナ5』スペシャルイベントをレポート

2017.08.01 <PASH! PLUS>

待望のTVアニメシリーズ化も発表!

 『PERSONA5 the Animation -THE DAY BREAKERS-』のスペシャルイベント『純喫茶ルブラン 屋根裏作戦会議』が2017年7月30日(日)、日本工学院蒲田キャンパス内・片柳アリーナにて開催されました。

p5

 イベントには、福山 潤さん(主人公役)、宮野真守さん(坂本竜司役)、大谷育江さん(モルガナ役)、杉田智和さん(喜多川祐介役)、佐藤利奈さん(新島 真役)、悠木碧さん(佐倉双葉役)、戸松 遥さん(奥村 春役)、保志総一朗さん(明智吾郎役)らが登壇。

 『PERSONA5』シリーズにおいて、これだけのキャスト陣がステージに登壇したのは今回が初! 朗読劇を主軸にキャスト陣の深層心理に迫る心理テスト、ライブなど様々な催しが行われました。また、イベント内ではファン待望の“TVアニメシリーズ化”が発表されるなど、始終大盛り上がりを見せました。

イベントは朗読劇に沿って進行! ゲームコーナーも大盛り上がり♪

 イベントはモルガナの「作戦会議を始める!」という号令からスタート。舞台は純喫茶ルブランの屋根裏部屋。心の怪盗団のメンバーは、来る高巻杏の誕生日を祝うべく“杏のお誕生日おめでとうサプライズパーティー”を企画するという朗読劇を主軸にイベントは進行していきます。

 キャスト陣がステージ上に登場すると、全員がセミフォーマルな装いのなか、杉田さんがキツネのお面を装着していることに気づいたファンたちがざわざわ。キャスト陣も杉田さんの姿を見ては、くすりと笑みを浮かべていたのが印象的です。

 この日はモデルの仕事で杏が不在。その間にパーティーの準備に励むメンバーたち。しかし、肝心の誕生日プレゼントの用意をモルガナが忘れてしまいます。そこで、奥村の提案により、水着をプレゼントすることにした心の怪盗団。

 ここで、喫茶ルブランに明智が来店。ソワソワと店を後にしたメンバーの姿に、事件の匂いを感じると、明智はメンバーを注意深く見守ることに……。

 メメントスにある渋谷駅前に移動した心の怪盗団。ここで、リーダーでありながら全く喋らない主人公に、メンバーから「喋れよ!」とツッコミが飛び交います。メンバーからの後押しもあり、ようやく口を開いた主人公。

 ステージを見守るファンに「準備はいいか?」と呼びかけると、「イッツア・ショータイム」の掛け声に合わせて、ステージ上に『ペルソナ5』の主題歌を担当するLynさんが登場! 主題歌『Last Suprise』をパワフルに歌唱し、会場を『ペルソナ5』の世界へと塗り替えていきます。

p5_008

 ここで、キャスト陣が改めて登場。福山さんは白のマスクを装着しクールに決めると、宮野さんは投げキッスを飛ばしてみせ、佐藤さん・悠木さん・戸松さんら女子ズはキュートなポーズで会場を魅了します。

■水着を盗んだのは誰だ!?

 再び朗読パートへ。メメントスで水着を手に入れたメンバーは、ルブランに戻りパーティーの準備に取り掛かります。しかし、突如として停電。再び電気が灯った頃には、カウンターの上に置かれていた水着が行方不明に!

 なんと、メメントスの奥底で見つけた水着は、言葉では語れないほど“きわどいもの”で、全員が「自分のものにしたい」と思わされる魔力を宿したアイテムだったのです。店内でメンバーの動向を監視していた明智の推理によると、メンバーはいつでも水着を盗むことができ、全員が等しく“容疑者”だといいます。

 この流れで、犯人像のプロファイリングをするために“きわどい水着から探れ! 深層心理テスト”のコーナーへ。このコーナーでは、キャスト陣に際どい水着を連想してもらった後、4つの選択肢から一番想像したものに近いもの選んでもらいます。この選択肢によって、キャスト陣の深層心理が明らかに!

 行われた心理テストは脳科学者の監修を受けた本格的なもの。“青のビキニを着た普通の女性”、“シースルーを巻いたビキニのギャル”、“グラマラスなビキニの女性”、“ビキニを着た後ろ姿の女性”という4つの選択肢が表示されると、予想外の姿に動揺するキャスト陣。

 実はこの「思っていたのと違う!」という動揺も心理テストの結果に反映されており、テストの結果、宮野さん&大谷さん&杉田さんは“決断力が弱く、流されやすいタイプ”、佐藤さん&悠木さん&保志さんは“寂しさから話題の中心に居たいと思うタイプ”、福山さん&戸松さんは“感受性が敏感でビビリなタイプ”であることが判明。キャスト陣はそれぞれの結果に「分かるかも~!」、「確かに、そんなところある」と納得の表情を浮かべていました。

 キャスト陣の深層心理が明らかになったところで再び朗読パートへ。それぞれに水着を狙う理由があると推理する明智。ここで、ようやく重い口を開いた主人公は、全員が容疑者ならば、明智もその1人であると指摘。そして「真犯人なら指をさされたら目をそらせないはず」という新島の提案により、“あっちむいてほい”で真犯人を探し出すことに!

p5_005

■ゲームの結果でエンディングが変わる? まさかの真犯人の姿が明らかに!

 “犯人は誰だ! The GAME LOOK THIS WAY(あっちむいてほい)!”にキャスト陣が挑戦。このゲームの勝敗により朗読パートのエンディングが変わることが明らかになると、がぜんやる気を出すキャスト陣。気になる初戦の対戦カードは以下の通り。

・福山さんvs悠木さん
・佐藤さんvs保志さん
・大谷さんvs杉田さん
・戸松さんvs宮野さん

 福山さんvs悠木さんの戦いは、悠木さんが勝利! 勝った人から一抜けできることもあり、ガッツポーズで勝利を喜ぶ悠木さんと、倒れ込み心の底から落ち込む福山さんの姿の対比が会場に笑いを誘います。

 続く佐藤さんvs保志さんは、保志さんが敗北、第3戦目の大谷さんvs杉田さんでは杉田さんが、戸松さんvs宮野さんでは2人が謎のダンスや顔であっちむいてほいをする1コマがありながらも、戸松さんが負けてしまいます。

 次は、負けると一気に容疑者ルートへの道が開けてしまう第2ラウンド。福山さんと保志さんの戦いでは保志さんが敗北。杉田さんvs戸松さんの戦いでは、ストレートで杉田さんが敗北します。

 最後の対戦は杉田さんvs保志さん。まさかの濃すぎる対戦カードに、キャストもファンも2人の対戦を好奇心半分、不安半分といった眼差しで見守ります。泣いても笑っても、ここで容疑者が確定。保志さんの「犯人は……?」という掛け声であっちむいてほいが始まると、犯人役を逃れたい2人による、これまで類を見ない迫真のあっちむいてほいがスタート。

 あいこ・あいこ・あいこが連続する迫真の戦いが繰り広げられるも、最後の最後で保志さんが敗北。負けを悟った瞬間、保志さんは膝から崩れ落ちてしまいました。驚くことに、ここまでの対戦で保志さんは一度もジャンケンに勝つことができませんでした……!

 1人ステージに残った保志さん。スポットライトで照らし出されると、「そうだ、僕だよ!」と真犯人であることを告白。絶叫しながらも、際どい水着を盗んだことを明かします。高笑いしつつも”裁いてほしい”と訴えると、ステージが暗転。Lynさんが再びステージに登場し、『Wake Up, Get Up, Get Out There』、『Life Will Change』の2曲を披露しました。

 再びの朗読パート。事件の原因となった際どい水着はその後破棄され、新たなプレゼントを手に入れたメンバー。そんなタイミングに杏からの宅配便がルブランに到着します。主人公がその箱を開けると、なかには1枚のDVDが入っていました。その映像が上映されることになると、どこかそわそわしだすキャスト陣。

 というのも、このDVDによって『ペルソナ5』が2018年にTVアニメシリーズ化することが発表されたのです! 会場からは歓喜の声に交じって、涙をすする声も聞こえました。念願のTVアニメシリーズ化にキャスト陣は、収録が楽しみだと伝えつつも、放送を楽しみにしてほしいとのメッセージを届けました。

 終演後には、心の怪盗団から“TVアニメシリーズ化”を告げる予告状が配布されるサプライズも。最後まで笑いと驚きに満ちたイベントとなりました。

p5_001

DATA
■PS4&PS3用ソフト『ペルソナ5』
公式サイト:http://persona5.jp/
公式Twitter:@p_kouhou

■『PERSONA5 the Animation』
特設ぺージ:http://www.aniplex.co.jp/p5a/

ON AIR:
2018年放送開始予定

STAFF:
制作=A-1 Pictures

CAST:
主人公=福山 潤
高巻 杏=水樹奈々
坂本竜司=宮野真守
モルガナ=大谷育江
喜多川祐介=杉田智和
新島 真=佐藤利奈
佐倉双葉=悠木 碧
奥村 春=戸松 遥
明智吾郎=保志総一朗

©ATLUS ©SEGA/PERSONA5 the Animation Project

タグ