『進撃の巨人』最後にして最大の原画展が六本木ヒルズにて開催決定。物語の核心に迫る衝撃の体験があなたを襲う

2018.12.03 <PASH! PLUS>

 『別冊少年マガジン』で連載中の人気漫画『進撃の巨人』。2014年に上野の森美術館にて、初めてとなる原画展“進撃の巨人展 WALL TOKYO”が開催され、25万人を超える動員を記録した。そして2019年夏、“進撃の巨人展 final”として、5年ぶりとなる原画展を開催する。

20181203_shingeki_001

 原作の世界を体感できるコンテンツや新しいキャラクター音声ガイド、前回を超える数の原画展示など、物語の核心に迫る衝撃の体験が、六本木を襲う。展示内容の詳細については、公式SNSにて随時発表される。

 開催期間は、2019年7月5日(金)~2019年9月8日(日)まで。会場は、森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)にて。

公式WEBサイト:http://www.kyojinten.jp/
Twitter:@kyojinten
Facebook:https://www.facebook.com/kyojinten/
Instagram:https://www.instagram.com/kyojinten/

©諫山創/講談社