3/30発売『神統記(テオゴニア)』特典情報公開&2巻発売決定!

2018.03.17 <PASH! PLUS>

4種のSS特典をご用意、そして2巻も発売決定です!!

3/30発売のPASH!ブックス新シリーズ「神統記(テオゴニア)」の特典情報を公開。

そして…早くも2巻の発売が決定! 発売予定などの発表をお楽しみに!!

 

『神統記(テオゴニア)』

著:谷舞 司 イラスト:河野紘一郎(クラフタースタジオ)
teogonia_h1_obi

 

協力書店・アニメイト・セブンネット・電子版で購入すると、それぞれここでしか読めない特典ショートストーリーつき!

人族の国の成り立ちを綴る一篇のほか、本作に登場する亜人種たちの、本編では語られていない、日常の姿やそれぞれの内情…。どれも本作をより深く楽しむことができる物語です。

協力書店特典: 「人族の国の物語」
広大な土地を支配する人族。過酷な世界を生き抜き、一大王国の礎となった初代の王の物語が、ここに綴られる。

アニメイト特典:「小人族の物語」
ポレックを長とする小人(コロル)族ハチャル村の民。か弱き彼らが辿った、「谷の神様」に目見えるまでの流浪の日々の記録。

セブンネット特典(※紙書籍のみ): 「森の民は黄金の大地を夢見る」
森の中に住まう灰猿(マカク)族。他種族との戦いに駆り出されていくオスたちを見送る、あるメスの視点から見た灰猿族たちの内情とは…。

電子書籍版特典: 「赤鼻の工房長」
豚人(オーグ)族の兵士たちの武器を鍛造する『鬼の金床』の工房長。近頃の世情を嘆きつつも、彼は種族の大戦士のため、今日もその腕を振るうのだった。

 

協力書店さんはコチラ! (アイウエオ順)

旭屋書店 なんばCITY店
大垣書店 イオンモールKYOTO店
大垣書店 イオンモール京都桂川店
大垣書店 京都ヨドバシ店
オリオン書房 ノルテ店
喜久屋書店 仙台店
喜久屋書店 橿原店
喜久屋書店 北神戸店
喜久屋書店 草津店
喜久屋書店 倉敷店
喜久屋書店 小倉店
喜久屋書店 漫画館阿倍野店
喜久屋書店 漫画館京都店
紀伊國屋書店 流山おおたかの森店
紀伊國屋書店 梅田本店
紀伊國屋書店 福岡本店
紀伊國屋書店 佐賀店
啓文社 岡山本店
啓文社 ポートプラザ店
三省堂書店 池袋本店
三省堂書店 海老名店 
三省堂書店 カルチャーステーション千葉店
JQストア京都店
じっぷじっぷ種池店
ジュンク堂書店 大阪本店
ジュンク堂書店 大宮店
ジュンク堂書店 ロフト名古屋店
ジュンク堂書店 天満橋店
ジュンク堂書店 三宮店
ジュンク堂書店 姫路店
ジュンク堂書店 福岡店
ジュンク堂書店 那覇店
書泉グランデ
書泉ブックタワー
住吉書店 元住吉店
精文館書店 本店コミック館
積文館書店 本城店
中央書店 コミコミスタジオ広島店
TSUTAYA WAYガーデンパーク和歌山
SHIBUYA TSUTAYA
蔦屋書店 フォレオ菖蒲店
TSUTAYA 丸亀郡家店
ときわ書房 本店
戸田書店 静岡本店
虎谷誠々堂ロザヴィア店
明屋書店 今治本店
フタバ図書 アルティ福山本店
フタバ図書 TERA広島府中店
book express エキュート上野店
ブックスアメリカン北上店
ブックスキヨスク尼崎店
ブックスページワン IY赤羽店
ブックファースト 新宿店
ブックファースト コミックランド梅田店
Bookプラザ 文華堂
ブックポートネギシ本店
談 文教堂 赤羽店
文教堂書店 溝ノ口本店
文苑堂書店 福田本店
星野書店 近鉄パッセ店
MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店
MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
水嶋書房 くずは駅店
宮脇書店 越谷店
宮脇書店 新平島店
宮脇書店 南本店
未来屋書店 久御山店
明文堂書店 金沢野々市店
有隣堂 横浜駅西口店 コミック王国
有隣堂 ヨドバシAKIBA店
有隣堂 藤沢店
有隣堂 厚木店
良文堂書店 松戸店
わんだーらんどなんば店

※商品の入荷日は店舗ごとに異なりますのでご了承ください。

 

 

 

DATA
神統記(テオゴニア)

著:谷舞 司 イラスト:河野紘一郎(クラフタースタジオ)

3月30日(金)発売(電子書籍版も同時発売予定)
☆コミックPASH!でコミカライズ同時スタート!
価格(紙の本):本体1300円+税/四六版
発行元:主婦と生活社

 

 

STORY
その日も、果てもなく殺し合いが続いていた。
灰猿人(マカク)、豚人(オーグ)、蜥蜴人(ラガート)…亜人種らの度重なる侵攻に苦しむ辺境の地。
戦いのさなか、命の危機に瀕した少年カイの脳裏に突如甦えった前世の記憶。
「おにぎりが食いてえなぁ…」  
この世の『仕様』に気付きを得たカイは、神の加護のもと、抗い、這いずり、戦乱を生きる力を磨くーー。

広漠たる世界と深き謎、そしてひとりの少年の成長を綴る一大叙事詩。

 

(C)Tsukasa Tanimai