TVアニメ『はたらく細胞』赤血球の幼いころのお話! 第6話先行カットが到着

2018.08.08 <PASH! PLUS>

 TVアニメ『はたらく細胞』より第6話“赤芽球と骨髄球”のあらすじと先行カットが公開された。

20180618_saibou_002

 いつか立派な赤血球になれるように──。

 それはまだ、赤血球が赤血球になる前、幼い赤芽球だったころの話。

 赤芽球はマクロファージ先生のもとで、一人前の赤血球になるため、一生懸命訓練中。だけど方向音痴の赤芽球は、訓練の途中で迷子になることもしばしば。

 ある日、細菌から逃げる避難訓練をしていた赤芽球は、そこでも迷子になってしまい……。

【スタッフ情報】
脚本=柿原優子
絵コンテ=鵜飼ゆうき
演出=上野壮大

hataraku_006

hataraku_001

hataraku_003

hataraku_002

hataraku_004

hataraku_005

hataraku_007

DATA
■TVアニメ『はたらく細胞』

公式サイト:http://hataraku-saibou.com/
公式Twitter:@hataraku_saibou

Introduction:
 これはあなたの物語。あなたの体内(からだ)の物語──。人の細胞の数、およそ37兆個(新説)。細胞たちは体という世界の中、今日も元気に、休むことなく働いている。酸素を運ぶ赤血球、 細菌と戦う白血球……。そこには、知られざる細胞たちのドラマがあった。 擬人化モノの新定番、コミック『はたらく細胞』が待望のテレビアニメ化! 誰もが共感できる、体内細胞擬人化ストーリー!

STAFF:
原作=清水 茜(講談社『月刊少年シリウス』連載)
監督=鈴木健一 シリーズ構成=柿原優子
脚本=柿原優子・鈴木健一
キャラクターデザイン=吉田隆彦
細菌キャラクターデザイン・プロップデザイン・アクション作画監督=三室健太
サブキャラクターデザイン=玉置敬子
総作画監督=吉田隆彦・玉置敬子
美術=アトリエPlatz
美術設定=曽野由大・橋口コウジ
色彩設計=水野愛子
撮影監督=大島由貴
3DCG監督=中島 豊
編集=廣瀬清志(editz)
音響監督=明田川仁
音響制作=マジックカプセル
音楽=末廣健一郎・MAYUKO
ロデュース=高橋祐馬
アニメーションプロデューサー=若松 剛
アニメーション制作=david production
製作=アニプレックス・講談社・david production

CAST
赤血球 =花澤香菜    
白血球(好中球)=前野智昭
キラーT細胞=小野大輔     
マクロファージ=井上喜久子   
血小板=長縄まりあ   
ヘルパーT細胞=櫻井孝宏
制御性T細胞=早見沙織  
樹状細胞=岡本信彦
好酸球=М・A・O
記憶細胞 =中村悠一
マスト細胞(肥満細胞)=川澄綾子 
先輩赤血球=遠藤 綾
肺炎球菌=吉野裕行

©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction