『斉木楠雄のΨ難』梶 裕貴さんインタビュー。アフレコ現場は地獄の運動会!?

2018.05.26 <PASH! 2018年6月号より>

 発売中のPASH!6月号では、TVアニメ『斉木楠雄のΨ難』の明智透馬を梶 裕貴さんのインタビューとともに紹介しています。

明智透真(CV:梶 裕貴)

20180523_sae_001

 なぜか転入生だらけのPK学園に、物語のマンネリを打破するため5人目がやってくる! その名も明智透真。明智は非常によく喋る性格で、漫画だったら吹き出しにセリフが収まらないレベル。しかも理詰めで話すから始末に負えない。尋常ではない喋りっぷりに、斉木も思考が読みにくいと呆れるほどなのだ。さらに、斉木とは過去に因縁が!? 明智の止まらない自己紹介は必聴!

梶 裕貴さんインタビュー

20180523_sae_002

――梶さんは明智をどのような人物だと捉えていますか? また、以前オフィシャルサイトのコメントで、「彼の魅力を出し切れるか不安」と語っていましたが、実際に演じ始めていかがですか?

 とにかく彼は面倒くさい人。いろいろと声のイメージや演技プランなど考えて収録に臨みましたが…、いざ始まってみると難しいことを考えている余裕なんて一切なく、崖から転げ落ちるように一気に喋りきった印象です。まさに嵐のようでした(笑)。でもその勢いこそが、明智らしさに繋がっているのかなとも感じています。

――演じるうえで意識されていることはありますか?

  圧倒的なスピードとセリフ量のため、現場で意識できることなど限られていたので、結果あまり意識していません(笑)。演じてみた感想としては「PCのブラインドタッチと卓球のスピード感、正確性、タイミングの難しさを掛け合わせたような感覚」に近かったです。ただその難しさに、どこかカタルシスも感じました(笑)。

――梶さんが個人的に気になるキャラクターは?

 燃堂 力。愛すべきバカ。

――アフレコ現場の印象をお聞かせください。

 地獄の運動会。

――いよいよ明智の登場となります。彼の見どころを含め、読者に一言お願いします

 とにかく喋ります。原作に忠実です。頑張りました。頑張りすぎて口パクが余りました。セリフを足されました。原作には「読み飛ばしOK」とありますが、アニメのセリフは絶対に聴いてください。頑張ったので。頑張ったので。よろしくお願いします。頑張ったので。

(※PASH!2018年6月号より抜粋)

TVアニメ『斉木楠雄のΨ難』のことを
もっと詳しく知りたい方、
全文を読みたい方、
ぜひこちらをチェック!(Amazon)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

PASH! 2018年 06月号

ON AIR :
テレビ東京/毎週火曜日深夜1:35 ~
テレビ北海道/毎週火曜日深夜1:35 ~
テレビ愛知/毎週火曜日深夜3:05 ~
テレビ大阪/毎週火曜日深夜1:35 ~
テレビせとうち/毎週火曜日深夜1:40 ~
TVQ九州放送/毎週火曜日深夜3:05 ~
RKB熊本放送/毎週日曜日深夜1:50 ~
アニマックス/毎週月曜日夜7:00 ~.
HP :
www.saikikusuo.com/ 
Twitter :
@saikikusuo_PR
©麻生周一/集英社・PK学園2
STAFF :
原作=麻生周一(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)
監督=桜井弘明
キャラクターデザイン=音地正行
音楽=斉木ックラバー
アニメーション制作=EGG FIRM×J.C.STAFF
CAST :
斉木楠雄=神谷浩史
燃堂 力=小野大輔
海藤 瞬=島﨑信長
灰呂杵志=日野 聡
鳥束零太=花江夏樹
明智透真=梶 裕貴 ほか